神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

尚学堂書店で『領解文説教:譬喩因縁』(顕道書院、明治34年)を社章買いーー洋書のプリンターズ・マークに倣った社章の例ーー

f:id:jyunku:20200530155752j:plain
とうとうやってしまいました。社章買いを。義渓述・大久保一枝編『領解文説教:譬喩因縁』(顕道書院、明治34年9月)。尚学堂書店でコロナ騒動前に見つけていたものの持っていたような気もしたので見送ったら、緊急事態宣言が出て買いに行けなくなっていた。宣言が解除されたので、早速買ってきました。本の内容にまったく興味はないので、まさしく裏表紙の社章目当ての買い物である。1,000円。顕道書院は京都の出版社なので均一台で見つける事もできると思うが、いつ新型コロナでコロリと逝くか分からない爺さんなので、買っちゃいました。
裏表紙の社章は、鳳凰(?)を出版地、出版社名等が書かれたスクロール(巻物)が囲むもの。国会デジコレによると、同社の弘中唯見『もとめよや』(明治24年12月)に細部は異なるが類例が既に使われている。この動物をスクロールが囲む明治期の社章の例は、他にも博文館や浜本明昇堂の例がある。どの出版社が嚆矢かという問題も研究すべきだが、昨年12月NPO法人向日庵の公開研究会を聴きに行ったら驚いたことがある。長野裕子「寿岳文章と向日庵本」のレジュメにあったイギリスのエラニー・プレスのプリンターズ・マーク(社章)。
f:id:jyunku:20200530160006j:plain
女性をスクロールが囲んでいる。出典であるコリン・フランクリン著・大竹正次訳『英国の私家版』(アトリエ・ミウラ、昭和58年10月)によると、この図版はエラニー・プレスのプリンターズ・マークで、ルシアン・ピサロによりデザインされ、エスター夫人により木版に彫刻され、明治27年から大正3年までの刊本の扉や奥付けに見られるという。スクロール中の「E.ET.L」は「Ester et Lucien」という意味。日本の例の方が古いので、このエラニー・プレスのプリンターズ・マークに倣ったということはないわけだが、イギリスの出版社には他にもこういうデザインがあって、エラニー・プレスはそれに準じたものなのだろう。この辺りは「オックスフォードで古書修行」をしてきた中島先生に訊いてみたいところである。
f:id:jyunku:20200530164047j:plain

五色園の森夢幻が京都に計画していた万国史蹟宗教公園

f:id:jyunku:20200529194800j:plain
だいぶ前に三密堂書店の100円均一から拾った『万国史蹟宗教公園創建趣旨』。八幡町(現八幡市)の「二百万坪を事業出発の地区として二府四県の連峰に拡張し本邦の中心に万国史蹟宗教公園真修五色園」を創設するとの趣旨書である。 地元との調整は済んでいて、昭和25年8月には八幡町議会で協力する旨の承認決議をし、同年11月の地鎮法要式には京都府知事蜷川虎三京都市長高山義三の祝辞も寄せられている。公園には、世界の宗教界の偉人を彫刻にしたり、永代法名塔のほか、水族館、昆虫館、動物園、図書館、遊園地、観光ホテル等も予定されていた。昭和9年に森管主が現在の愛知県日進市に建設し、現在もある五色園(20万坪)よりも相当規模が大きいものを予定していたようだ。どこまで計画は進んだのだろうか。
f:id:jyunku:20200529194853j:plain

中学生だった寿岳文章の心をとらえた東枝書店ーー東枝書店の『図書総目録』(大正2年)から見るーー

f:id:jyunku:20200528195917j:plain
中島俊郎先生に御恵与いただいた『向日庵』3号(特定非営利活動法人向日庵、令和2年1月)の佐藤光「寿岳文章ウィリアム・ブレイク研究」に東枝書店が出てきた。寿岳「ブレイク研究への序説」『ブレイクとホヰットマン』1巻1号,昭和6年が初出で、

私の追憶は、私の中学時代へ遡る。播磨の山奥から京都へ出てきた少年の心をいち早く捕へたものは、書店の存在であつた。私の足は殊に屡々烏丸仏光寺を東に入つた所にある東枝と云ふ書店へ赴いた。当時その店は最も敏速に新刊の書物を取り揃へてゐたかと思ふ。大正三年の夏のある日、私の眼はその本屋で薄茶色の紙表紙に包まれた雑誌‘未来’の第二輯に釘づけされた。(略)

真言宗立京都中学(洛南高校の前身)に編入学した寿岳の心をつかまえたのは、「夢見る京都の昭和図書館と東枝書店の東枝吉兵衛 - 神保町系オタオタ日記」や「東海堂書店のPR誌『図書雑誌月報』の昭和5年新年号『新刊雑誌名著書籍目録』 - 神保町系オタオタ日記」で紹介した東枝書店だったのだ。手元にこの頃の東枝書店の『図書総目録』(大正2年1月)がある。昨年の下鴨納涼古本まつりで玉城文庫から3冊500円で買った1冊。「新刊月報 一月号 臨時増刊」とあるので、この頃は東海堂書店の『図書雑誌月報』を使わずに、自ら月報を出していたことになる。
f:id:jyunku:20200528195953j:plain
東枝書店は地方の読者に特待券を発行し、特待者は毎月送られる『新刊月報』から注文すると、定価の1割引きと送料で書籍・雑誌が買えたようだ。地方にはまだまだ書店が少なく、都会の新刊書店に目録から注文する人が多かったのだろう。そう言えば、西川誠光堂から伊良子清白に日夏耿之介『明治大正詩史』が届いた - 神保町系オタオタ日記」で三重県鳥羽の伊良子清白が京都の新刊書店西川誠光堂から本を取り寄せていたが、これも目録注文だったのかもしれない。
f:id:jyunku:20200528200057j:plainf:id:jyunku:20200528200127j:plain
目次を挙げておく。神学(神道のこと)から雑誌まで。分類は、割とWikipediaに挙がっている「山口県立図書館分類表第2次区分表」に近いので、当時の図書分類に準じているのかもしれない。
「書目編纂の苦心と其の特色」に「一々出版元に尋ね品切物、不評判物、等全部引去り最も完全無欠の図書目録となせり」とあり、「最も敏速に新刊の書物を取り揃へて」寿岳の心を掴んだ東枝の気構えがうかがえる。後の英文学者・書誌学者寿岳文章を生み出す契機の1つであった東枝書店。『京都書肆変遷史』(京都府書店商業組合、平成6年11月)によれば、大正8年事業拡張に伴い、事業別に(株)東枝書店、(資)東枝新聞店、(株)東枝洋紙店と法人化し、最盛期を迎えたという。
f:id:jyunku:20200528200205j:plain

『雑誌「趣味」の研究』を斜め読みーー稲垣達郎が『趣味』を拾った古雑誌専門店柴善と家根谷書店ーー

f:id:jyunku:20200525195335j:plain
尾形国治・小仲信孝編著『雑誌「趣味」の研究』(昭和59年4月)は、股旅堂から3000円位で購入。目次の写真も挙げておく。
f:id:jyunku:20200525195410j:plain
国会図書館にもないが、「あとがき」に「早稲田大学図書館、日本近代文学館国立国会図書館東京都立大学附属図書館、昭和女子大学近代文庫、以上、各図書館の所蔵本を閲覧させて頂きました」とあるのに、納本していないとは失礼な話である。尾形国治「解説」によると、第1次『趣味』は明治39年6月創刊で、43年7月までに50冊刊行。第2次『趣味』は明治45年6月から大正3年1月までの9冊が確認されている。発行所は、彩雲閣→易風社→趣味社と変遷。編集者の出入りについては、

すなわち創刊当初の易風社同人のグループ(水谷不倒、西本翠蔭、東儀鉄笛、土肥春曙、中井浩水、水口薇陽)から、水谷不倒へ、そして西本波太(翠蔭)へと変り、さらに第二次では西本弥助から西本波太(翠蔭)へと変る。

とある。
総目次は、本書刊行当時は貴重だったと思われるが、その後不二出版から復刻版が刊行され、更に現在では「ざっさくプラス」(6月10日まで無償公開中)でも検索できるようになっている。ただし、総目次には「文芸界消息」の内容が転載されているので、復刻版の各号を見なくてもまとめて読めるので便利である。例えば、東雅夫編著『文豪たちの怪談ライブ』(ちくま文庫、令和元年8月)の137頁に明治41年4月~5月の『趣味』「文芸界消息」欄に文士連による「怪談研究会」結成の動きが報じられたとあるが、その内容が分かる。

明治41年4月号 文士連によりて妖怪迷信等の研究会発起せられつゝあり。
同年5月号 怪談研究会は愈成立し、毎月一回会合して、内外の怪談について研究すべし。

その他、明治43年5月号の「文芸界消息」には、「露国人エリセーエフ氏は毎月第三土曜に同志を会し露西亜文学談を試みつゝあり。先月廿三日には昇小宮小林氏等数人会合せり」との記載がある。「昇」は昇曙夢、「小宮」は小宮豊隆、「小林」は小林愛雄だろう。
稲垣達郎「雑談「趣味」との出会い」も面白い。稲垣が『趣味』を最初に手にしたのは「早稲田号」(明治40年7月)で、帝大正門前の古雑誌専門店「柴善」で山積みの雑誌の中から出てきたという。大正末期で、山口剛先生や尾崎一雄ら1年先輩の影響もあって、江戸時代文芸との付き合いがやや深まっていた頃だったとあるが、稲垣は昭和2年早稲田大学文学科国文学専攻卒である。「グーグルブックス」によれば、多くの人が雑誌を拾っていたようだ。
また、稲垣は拡大号「文豪国木田独歩」(明治41年8月)が一高裏の古雑誌専門店の「家根谷(ルビ:やねたに)書店」の雑然とした下積の中にあったとも書いている。ひどくごたごたしていた店で、「紙屑屋」と蔑称していたらしい。この「家根谷書店」も「グーグルブックス」で検索すると、柳田泉が『明治の書物・明治の人』(桃源社、昭和38年)に家根谷書店で拾った雑誌に付けられた値段を示す符牒を解読したことを書いているようだ。こういう古雑誌専門の古書店が今もあったら、宝の山だろうなあ。
f:id:jyunku:20200525195440j:plain
ついでに、文庫櫂で入手した『趣味』翻訳号(明治42年7月)の目次も挙げておく。バカでかい「晴歩雨読楼書屋」の蔵書印が押されている。表紙は、中村不折。誰ぞの好きな本箱の広告も載っていたので、これをおまけに。
追記:大正14年3月現在の『全国書籍商組合員名簿』(全国書籍商組合連合会、大正14年5月)に本郷区森川町1の柴善書店(柴屋善蔵)が載っている。
f:id:jyunku:20200525201526j:plain

摺師西村熊吉の談話が載った『今と昔』第1号(西村熊吉版刊行会)

f:id:jyunku:20200521182608j:plain
知恩寺の古本まつりで摺師西村熊吉の次男亀次郎の遺稿集『亀山遺稿』(旧日本会、大正10年7月)を拾った話は、「竹岡書店の均一台で摺師西村熊吉の次男亀次郎の遺稿集を発見 - 神保町系オタオタ日記」でしたところである。実は、『今と昔』第1号(西村熊吉版刊行会、昭和8年6月)という12頁の冊子が手元にある。大分前から持っていて、どこで買ったのかも不明だが、私の好きな小冊子で、創刊号、目次はないが1頁目に「お江戸日本橋」とあるので買ったのだろう。これに、西村熊吉談・本澤博筆記「西村熊吉思ひ出話」が載っていて、驚いた。
所蔵するのは、滋賀県立大学図書情報センターだけのようで、この冊子は『西村熊吉版』第1輯の附録であった。本体は、帙入りで、廣重、中澤弘光、小絲源太郎の版画5枚が入ったもののようだ。冊子の「六号通信」にも「第一回作品を御届け致す」と記載されていたり、「第一回作品製作表」が載っていた。
f:id:jyunku:20200521182629j:plain
熊吉の談話を要約すると、
文久元年芝浜松町4丁目生まれ
明治維新のあった9歳の時、摺を教わり始めた。師匠は、兄の西村榮太郎。その頃は、店としては、芝日陰町の絵草紙屋仙一と日本橋中橋東仲通りの草子本屋の大和屋だった。
・初代廣重の版木が残っていて、習い始めの頃は、明けても暮れても摺らされた。
明治10年に1軒摺場を持たされた。
春陽堂の先代に仕事が認められて出入りを願ったのが、明治26年から。
絵師には随分可愛がられたそうで、

清方さんは、うんとお若い頃から知つてゐるんだし、師匠の年方さん、その師匠の芳年さん、まあ深水さんのものもやつてゐるから、清方さんの系統は、深水さんまで四代、私が摺らして頂いてゐるわけだ。

と述べている。
編輯兼発行人は本澤博。井上和雄解説・浮世絵藝術社編『浮世絵概観』(大鳳閣書房)の広告が載っていて、西村熊吉版刊行会の発行所である東京市下谷区池端仲町5番地と同じ所在地なので、本澤は大鳳閣書房の店主でもあろう。と思ったが、『浮世絵概観』を見たら、大鳳閣書房の代表は上野繁三郎であったので、本澤は同社の編集者なのだろう。
「六号通信」には、「第二回作品は、六月二十日に出来上ります」とあるので、第2輯は同月5日発行の第1輯に引き続き刊行されているはずである。また、「西村翁の思ひ出話も続けて参ります」とあるが、『今と昔』第2号を持っている研究者やコレクターはいるだろうか。


ちょうど、熊吉とコンビを組んだ彫刻師凡骨の本『木版彫刻師伊上凡骨』(徳島県文化振興財団・徳島県立文学書道館、平成23年3月)の著者である盛厚三氏から、氏が発行している『北方人』34号と別冊『小松伸六年譜(補遺版)』が届きました。ありがとうございます。

京都スターブックスで見つけた大正12年の『中外写真審報』に15歳の川島芳子

f:id:jyunku:20200520151434j:plain
今年のみやこめっせにおける春の古書大即売会(京都古書研究会)は、中止になった。開催されるのを楽しみに、廻る店の順番を脳内シミュレーションしていたのに、残念である。そこで、昨年同即売会で京都スターブックスから買った『中外写真審報』(中外写真審報社)を紹介しておこう。1巻4号~7号,大正12年5月~8月の4冊で3千円。やや高いかなあと思いつつ、特製バインダー付きだしと思い切って買ったが、所蔵する図書館もなく、「日本の古本屋」では魚山堂書店が創刊号~3号を22,400円で出しているので、安い買い物だったようだ。「グーグルブックス」で検索すると、酒井修一監修・アサヒグラフ編集『広告にみる国産カメラの歴史:昭和10-40年』(朝日新聞社、平成6年12月)に「オールグラビア版の月刊『中外写真審報』も、審報社から」という記載があるようだ。確かに、全頁が口絵や写真である。ただし、入手した分には、自社の「当社家庭写真撮影部設置」の広告があるだけで、カメラに限らず他の広告は一切ない。広告を一切取らなかった時期があるようだ。最初の2冊の編集・発行人は坂井幸吉、その後は青木作太郎、木村信行と続く。
f:id:jyunku:20200520153204j:plain
1巻5号の目次を挙げておく。
f:id:jyunku:20200520152153j:plain
「粛親王の一年祭」は、大正12年4月17日に開催された粛親王の一周忌に撮影された写真。後列右から2人目が川島芳子、その左が養父の川島浪速。既知の写真ではあろうが、満15歳の芳子を見られて嬉しい。軍服を着た男装の麗人として知られるが、この頃は普通の女の子ですね。その後、何か!あって断髪することになる。
f:id:jyunku:20200520152022j:plain
同号の目次には省略されているが、「大阪天彩画塾彫塑祭」も載っている。松原三五郎が大阪市阿倍野区松崎町に創設した画塾で、大正14年まであったようだ。芸術家たちの仮装行列
f:id:jyunku:20200520152303j:plain
1巻4号には、「シヤバの「水浴者」」。知らない画家だが、Wikipediaにポール・シヤバとして立項されていて、女性のヌードを得意としたフランスの画家らしく、この絵は『夕暮れ時』のタイトルでカラー写真も見られる。印象は全然違うが、是非見られたい。
明治期のグラフ誌については、私も「明治期のグラフ誌の発行部数 - 神保町系オタオタ日記」で言及したことがある。大正期のグラフ誌については研究があるだろうか。研究者も「画報」や「グラフ」で検索しているだけでは、まず「審報」には到達できないね。豆に古本市に通わねばいけない。

東海堂書店のPR誌『図書雑誌月報』の昭和5年新年号『新刊雑誌名著書籍目録』

f:id:jyunku:20200519172951j:plain
平成28年7月に入手しているので、たにまち月いち古書即売会で入手したか。東海堂書店のPR誌『図書雑誌月報』25巻1号,昭和5年1月が出てきた。巻数から逆算すると、明治39年創刊ということになる。表紙には「新刊雑誌名著書籍目録」とある。表紙に「夢見る京都の昭和図書館と東枝書店の東枝吉兵衛 - 神保町系オタオタ日記」等で調べた取次の東枝書店が印刷されているので、東枝書店が書店や個人の顧客に配って注文を取ったのだろう。
f:id:jyunku:20200519153714j:plain
目次を挙げておく。巻頭に生田長江の「書物の選択其他について」を掲載。生田は、

私は、法文科大学のやうな愚劣な物は廃止して、各種の図書館に読書案内者、研究指導者幾人宛かを置いたらいいと、大分前から考へてゐるのだが、それより先きに、先づ大きな本屋さんがお客の相談相手になれる批評家の数人位を置いて見たら面白いと思ふ。

と卓見を述べている。『生田長江』(鳥取県立図書館、平成22年3月)の年譜によれば、この時満47歳、大正5年から刊行した『ニイチェ全集』(新潮社)を昭和4年に完了している。
東海堂書店のような元取次が出したPR誌としては、東京堂書店の『東京堂月報』が著名で復刻版も出ているが、ネットで読める『文献継承』8号の戸家誠「戦前出版流通史探求」によると、本誌や北隆館の『北隆館月報』、大東館の『書籍雑誌月報』は「1度も現物に出逢ったことがない」という。もっとも、戸家さんのことだから、その後入手されていることだろう。国会図書館には、6巻3号,明治44年5月と号外『雑誌一覧表』,大正13年1月があるようだ。「日本の古本屋」には、金沢文圃閣が27巻1号,昭和7年1月(巻頭随筆は龍膽寺雄)と古書転蓬が23巻1号,昭和3年1月を出品している。売り切れになっているが、私が入手したのと同じ物(『新刊雑誌名著書籍目録』)をくら書房が出品していたようだ。ただし、不思議なことに、発行は大東館となっている。
東海堂以外の取次が同内容の『図書雑誌月報』を出していたことは、昭和8年~12年の30冊ほどを持っていたらしい大屋幸世先生が『日本近代文学小径ー
小資料あれこれーーー』(日本古書通信社、平成22年2月)の「書籍等取次業のPR誌「図書・雑誌月報」」で言及している。

(略)別の「図書・雑誌月報」*1が出現したのだ。二十部ほどあったのだが、繰って見ると、発行所、名称に違いがある。ただ一面の構図や名称(「図書・雑誌月報」)はほぼ同一であって、同一の記事を複数の取次会社が用いたと考えられる。出て来たものの多くは、京都市左京区丸太町通東山線東一丁目の<文祥堂藤野書店>発行のものであり、名称も昭和八年当時は「図書/雑誌文祥堂月報」となっている。しかし九年以後は東海堂のものと全く同じである。(略)

大屋先生が持っていた『図書・雑誌月報』は、今誰が持っているのだろうか。
f:id:jyunku:20200519153742j:plain
本誌も所詮は目録なので、2頁以降は見てもしょうがないと思っていたが、今めくってみると幾つか発見がある。「昭和五年度日記及年鑑」には66種類の日記*2が挙がり、うち33種類が博文館発行とわかる。経年変化がわかったら、面白そうだ。
f:id:jyunku:20200519153800j:plain
「昭和五年一月改正雑誌総目録」は3頁に渡るが、1頁だけ写真を挙げておく。『カフエーエンドレストラン』や『モダン・ウーマン』という雑誌を見てみたい。この時点では分類はないが、大屋先生は「幼年絵雑誌」が38誌もあることに驚いている。
f:id:jyunku:20200519153901j:plain
実業之日本社名著目録」は、他社と違って版数表示をしている。最も多いのは、九条武子『無憂華』の235版である。次いで、新渡戸稲造『修養』の140版である。
大屋先生によると、巻頭随筆には川端康成の全集佚文、佐野繁次郎、特に龍膽寺雄の文が目立つともあるので、今後とも注目すべきPR誌である。
f:id:jyunku:20200519155821j:plain

*1:大屋先生は一貫して「図書・雑誌月報」と書いているので、当初『図書雑誌月報』とあったものが、後に「・」を入れたのかもしれない。

*2:ただし、通常日記には含めない家計簿等を含む。