神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

では小林昌樹「戦時期ガラパゴス化の果てに見えた日本図書館界の課題」に補足してみようーーもう一つあった皇道図書館ーー

金沢文圃閣から『戦時下日本主義の図書館ーー『日本図書館学』・皇道図書館』が刊行された。本書は、京都帝国大学附属図書館で同僚だった三田全信と小川寿一が創刊した『日本図書館学』『池坊華道文庫報』と並木軍平が創立した皇道図書館の目録を復刻したものである。別冊の解題、小林昌樹「戦時期ガラパゴス化の果てに見えた日本図書館界の課題ーーアメリカ流を奉ずる我々に日本主義図書館学が教えてくれること」を読んだので、若干気付いたことを補足してみよう。
・三田全信(さんだ・ぜんしん) 昭和6年京都帝国大学文学部選科卒とあるが、加えれば昭和4年史学科選科入学(『京都帝国大学一覧:昭和五年』)
・小川寿一(おがわ・じゅいち) 昭和15年京都帝国大学司書を兼務とあるが、当初から「司書」であったかは疑問。昭和15年10月1日現在の『文部省職員録』中、同図書館の司書に名はない。ただし、小林氏も書いているように『京都大学附属図書館六十年史』によれば在職期間は昭和15年3月から18年3月までなので、当初は三田同様バイト扱いだったか。16年10月現在の前掲書では嘱託。なお、新村猛(在職期間15年10月から23年3月)も嘱託。17年10月現在で小川は司書となっている。また、学歴の記載がないが、昭和4年11月現在の『龍谷大学一覧』中、文学部第2期生に名がある小川か。そうだとすると、6年頃卒業になる。
・高橋三郎 『日本図書館学』4・5号(日本図書館学研究所、昭和17年6月)に「和装本の保存管理私見」を書いた高橋について未詳としているが、半分冗談だが昭和16年1月から17年1月まで内務省警保局検閲課長だった高橋を候補に挙げておこう。
皇道図書館 並木が昭和18年8月群馬県に「仮文庫」を開館した皇道図書館だが、その前にもう一つの「皇道図書館」があった。私が平成20年8月に書いた「もう一つの皇道主義図書館 - 神保町系オタオタ日記」では匿名にしたが、昭和14年10月栃木県足尾町に開館した大亜細亜建設社足尾支部図書館である。出典は『大亜細亜』7巻11号(大亜細亜建設社、昭和14年11月)の「足尾支部図書館開設と野田秀雄君壮行会」。昭和8年4月に大亜細亜建設社を創設した国家主義者笠木良明が出身地の足尾支部に寄贈した本を中心に開設された。大亜細亜建設社は、『全国国家主義団体一覧』によれば、「急進日本主義陣営ノ大陸政策遂行ヲ目的トスル団体」である。足尾支部図書館の目録が発見されれば、「日本精神、大亜細亜思想其他精神修養に資するもの」を集めたという蔵書の傾向がわかるのだが、入手は不可能か。この図書館と並木の皇道図書館とは直接の関係はないと思われるが、皇道図書館の設立に協力した今泉定助は賛助員の1人だし、並木と同じく日本大学皇道学院出身の児玉誉士夫が役員だった。なお、大亜細亜建設社の賛助員には興味深い名前が多数見られるので別途報告しよう。
ちなみに、解題中に

神道専門図書館として、神道研究からの研究も必要だろう。しかし、これも、御統眞澄『神道と図書館』(しんめい舎、2017. https://neoshintoism.hatenablog.com/)といった研究同人誌が手をつけ始めている段階で手薄としか言いようがない。

とある。
以上、小林氏の解題に補足してみた。最後にもう一つ。「拝啓 壽岳文章様ーー菊地暁「拝啓 新村出様」を読んでーー - 神保町系オタオタ日記」で言及したが、新村出記念財団重山文庫には図書館関係者からの書簡が多数ある。新村出は、三田や小川の在職期間とは重ならないが明治44年10月から昭和11年10月まで京都帝国大学附属図書館の館長であった。また、『新村出全集』別巻の年譜によれば、昭和16年7月皇国華道協会(池坊の会)顧問となっている。この重山文庫が所蔵する書簡がネット上の「新村出宛書簡発信者一覧」で見られるが、小川や『日本図書館学』の執筆者である中神利人の名がある。小林氏が本解題を増補する機会がある時は、念のため重山文庫蔵の書簡を見ておいた方がよいだろう。

数寄者高橋義雄の日記『萬象録』を使って稲岡勝『明治出版史上の金港堂』に補足

f:id:jyunku:20191114203605j:plain
文久元年生まれで、慶應義塾卒業後時事新報を経て、三井銀行で活躍し、茶の湯を趣味とした高橋義雄(箒庵)という財界人・文化人がいた。その日記が『萬象録』(思文閣出版)として刊行されている。この日記は、政治家・実業家・趣味人・宗教家が多く出てくるが、その他にも多彩な人物の名前が見られ、使い道が多そうである。今回は、昨日ゲスナー賞の授賞式があった稲岡勝『明治出版史上の金港堂』(皓星社)への補足に使ってみよう。ただし、稲岡先生は同書170頁で金港堂主原亮三郎の別荘に関して、高橋の随筆集『箒のあと』を引用しているので、日記の記述を知っていて、引用するまでもないと判断されたかもしれない。
稲岡著によれば、幸田露伴の弟子で金港堂の雑誌『少年界』『少女界』の主筆を務めた編集者神谷徳太郎(鶴伴)は、経営不振の金港堂に代わり大洋社を設立し、両誌の発行を続けた。しかし、稲岡著によると雑誌は売れ行き不振で、終焉に至る様子が露伴の日記からうかがえるという*1

明治四十五年一月十二日 神谷徳太郎来る。雑誌新年の冊、捌け残りしよしにて、意気消沈、気の毒なることなり。
大正二年五月二十二日 千住石灰商会高田義太郎来る。神谷徳太郎友人なり。神谷の為に手形裏書をなしたる其額計七百円余、期来り神谷在ざる為に困難を感ずるよし(略)神谷少年界少女界二雑誌を経営し、資薄く力微にして、窮余こゝに至れるか。(略)
同二十三日 夜高田また来る。神谷居所からく知り得たれど、猶会ふを得ざりし由也。

明治45年から大正2年にかけて、神谷と2つの雑誌が危機的な状況であったことがわかる。この時期の神谷が高橋の日記『萬象録』に出てくるのだ。

(大正元年)
九月二十一日 (略)
夕食後神谷鶴伴氏来宅、氏は久しく金港堂の編集部に雇はれ雑誌編纂に従事せし由なるが、金港堂にて雑誌発行を罷めたるに因り氏は其後を引受けて現に之に従事し居る由、然れども雑誌界の競争甚しく微力にては到底維持すること能はず、今度文藝上他の職務を得んとする希望の由、因て試に片桐石州の伝記材料を蒐集せしめて、茶道歴史編纂に適するや否やを試験する事と為せり。
十二月二十七日 (略)
神谷鶴伴其編纂に係る片桐石州の伝記出来したりとて持参せり。近来出版界は非常なる打撃を蒙りて何れも出版書籍の数を減じ、殊に三省堂破綻以来益々其悲境を加へ、浮薄淫卑なる小説のみ持て囃されて勇健なる大著述を見る能はざるは、現今我が出版界の通弊なりとて歎息し居れり。
(略)
(大正二年)
二月十八日 (略)
岡百世氏を三井同族会に訪ひ、氏の紹介に係る神谷鶴伴氏の片桐石州伝謝礼に就き相談せんとせしに、百世氏不在なれば社員に伝言し置けり。
(略)
十二月八日 (略)
山本条太郎氏夫人来宅、忠雄不快の事を聞き見舞に来りたるなり、夫人は金港堂原亮三郎氏の娘にて、子なく養子は忠雄と同年配なり。
(略)

高橋の日記により、神谷が雑誌経営に苦労する中、高橋から伝記作成の仕事を貰ったことがわかる。ただし、神谷は行方をくらましたのか、謝礼を受けた事が確認できない。大正3年以降の日記をまだ読んでいないので、神谷のその後が判明すれば、別途報告したい。なお、大正2年12月8日の条をおまけに加えたが、山本条太郎夫人は原の三女操子である。
参考:「稲岡勝『明治出版史上の金港堂』(皓星社)にならい出版史料を発見 - 神保町系オタオタ日記」「金港堂発行の雑誌『和国新誌』とはーー稲岡勝『明治出版史上の金港堂』のゲスナー賞受賞を祝してーー - 神保町系オタオタ日記」「戦前期における裏表紙に刷られた出版社ロゴマークの美学 - 神保町系オタオタ日記

万象録―高橋箒庵日記 (巻1)

万象録―高橋箒庵日記 (巻1)

*1:稲岡著は露伴の日記に「神谷と『少年界』『少女界』についても、紹介した以上の言及はない」としているが、露伴の日記大正3年10月5日の条に「至誠堂主人及び神谷鶴伴来る」とある。

たまには失敗だす!光風館書店の上原才一郎から牧野武夫宛暑中見舞い

f:id:jyunku:20191111165913j:plain
だいぶ前にシルヴァン書房から千葉県北条町の牧野武夫宛の暑中見舞いの葉書を400円で買った。昭和7年7月30日付け消印で、差出人は光風館書店の上原才一郎である。この牧野は、中央公論社の社員を経て牧野書店を興す牧野だろうと思って購入。しかし、『出版文化人物事典』(日外アソシエーツ)によれば、牧野は明治29年奈良県生、昭和4年改造社から中央公論社に移り、7年から営業部長となっている。千葉県北条町(現・館山市)から東京の丸ビル内にあった中央公論社に通うのは無理がある。光風館書店は教科書を出版していたので、葉書の牧野は文面通り学校の「先生」だったのかもしれない。まあ、葉書の宛先が牧野書店主で『雲か山か 出版うらばなし』(中公文庫)の著者でもある牧野だったとしても、それがどうしたと言われそうなほどの内容しかない暑中見舞いではある。せめてもの救いは福澤諭吉肖像画等を描いた川村清雄の絵が印刷されていることで、少しは買った甲斐があるか。
f:id:jyunku:20191111165954j:plain

奇人記者小川定明が日露戦争を報じた明治38年の『大阪新報』を発見

f:id:jyunku:20191109175222j:plain
三密堂書店の100円均一台から掘り出したトンデモない本の幾つかは、
明治期の京都における染織図案史の修正を迫る『京都図案会誌』を発見 - 神保町系オタオタ日記
最初期の仏教唱歌集、西村義嶺編『仏教唱歌』(井上教山、明治23年9月) - 神保町系オタオタ日記
三密堂書店の100円均一台で易者神山五黄の正体を掴むーー宮武外骨の仲人神山五黄とはーー - 神保町系オタオタ日記
などで紹介してきた。1年に1回位「どひゃあー」と叫びたくなる一品を拾うことができる均一台である。今年はどうだろうかと思ってたら、とうとうキター\(^o^)/
明治38年6月18日付け『大阪新報』(大阪新報社)である。同紙の日露戦争期の分は国会図書館明治新聞雑誌文庫にもほとんどない。しかも、本号には奇人として知られた小川定明日露戦争の第1軍戦争特派員として報道した「露西亜征伐」(5月1日発)及び無署名であるが「実地通俗 日露合戦記」(後編第183)を掲載している。南方熊楠宮武外骨と並ぶ三大奇人の一人と呼ばれた小川だが、他2人と比べてすっかり忘れられた存在となっている。伝記も佐藤清彦『奇人小川定明の生涯』(朝日文庫、平成5年1月)だけだろう。
佐藤著によると、小川は大阪朝日新聞で活躍した後、

定明ほど名の売れた新聞記者であれば、“買い手”は、いくらでもいる。大朝退社後、定明は大阪新報に入社し、例によって出退勤自由の遊軍記者を勤めていた。そこへ、日露戦争である(明治三十七年二月十日宣戦布告)。
(略)定明は、その経験を買われ、大阪新報ただ一人の特派員として、いち早く第一軍に従軍した。定明が、どんな戦記を書いたかは、大阪新報が残っていないので、いま知ることはできない。(略)

たった1号ではあるが、ここに小川の戦記の一端がようやく出現したことになる。本号には奇人、新聞記者、日露戦争と9年前に亡くなられた黒岩比佐子さんが好きそうなテーマが揃っている。生きておられたら、驚いてくれただろうか。今月17日は黒岩さんの命日だ。

奇人・小川定明の生涯 (朝日文庫)

奇人・小川定明の生涯 (朝日文庫)

古書鎌田から芝川ビルの意匠設計をした本間乙彦の饅頭本『忍び草』

f:id:jyunku:20191108190050j:plain
天神さんの古本まつりに古書鎌田やモズブックスが目録参加のみで出店しなくなったのは、非常に残念である。さて、一昨年に同まつりで古書鎌田が全品300円、500円、800円のどれかというセールをやってくれた件については、「京都時代の金尾文淵堂と製本所真英社 - 神保町系オタオタ日記」で紹介した。今回取りあげる『忍び草』は、その時拾ったものである。題名を見て「饅頭本」(追悼本)だろうと思ったら、大阪の芝川ビルの意匠設計などで知られる本間乙彦の饅頭本であった。状態も悪いし、奥付もないが、800円ならバンザーイ\(^o^)/である。国会図書館サーチやCiNiiではヒットしない。800円は安すぎ!調べてみたら、奥付は元々無くて、発行は昭和12年10月である。
36頁で内容は、

写真
故本間乙彦略歴
絶筆 天王山農場・大西邸居間(昭和12年7月)
国宝 河内高鷲村・吉村邸座敷(昭和12年7月)
国宝 河内高鷲村・吉村邸庭(昭和12年7月)
『美しき民家を求めて』の文より(別に添付した遺作スケツチの解説)
 平湯・村山旅館(飛騨) 故人作
 十津川湯泉地(大和) 故人作
『美しき民家を求めて』を読みて 理学博士西村真琴
弔詞 冬夏会近畿支部長松本禹象
本間乙彦君の追憶 関根要太郎
眼の印象 蔵田周忠
本間君と私 大谷木広
みね草を通して 原田石四郎
酒友本間君を憶ふ 鶴丸梅太郎
本間乙彦君と住宅改良会 渋谷五郎
月刊『住宅』と本間君 西村辰次郎
本間乙彦氏の思出 中野順次郞 

本間はWikipediaにも立項されてはいるが、本書の略歴の方が詳しいので引用しておこう。

明治25年2月24日 兵庫県龍野町本間貞観5男として生
大正3年3月 東京高等工業学校建築科卒
大正4年より7年まで 大阪にて建築及装飾設計事務所を自営
大正7年より9年まで 東京日本電気装飾株式会社設計主任として従事
大正9年より12年まで 大阪にてくろふね図案店を経営
大正13年より昭和4年まで 大阪市立都島工業学校建築科教諭として勤務
昭和4年より 大阪にて建築設計事務所を経営し今日に至るが、その間の主な仕事は、松竹アドビル、生駒山ベルグハウス、六甲山上阪神休憩所、阪神パーク増築工事等で住宅は数十軒ある、尚意匠計画に参与したものに曽根崎ビル、丸万食料品店、芝川ビル、小川ビルなど
昭和6年7月より 住宅改良会発行にかかる月刊『住宅』誌の編輯に従事したが其後設計部を担当
昭和10年4月より 大谷女子専門学校講師として勤務
昭和12年8月14日 永眠

関根の「本間乙彦君の追憶」に本間は東京高等工業学校時代「稲田の姓」を名乗っていたとあるが経緯は不明。また、年譜に記載はないが、関東大震災前に本間は関根の紹介で木田保造の木田組の設計部に勤め、銀座の松屋呉服店の原案の設計を練ったり、須田町の福岡銀行の支店の設計も行ったという。
f:id:jyunku:20191108190138j:plain

昭和13年渡仏する宮本三郎画伯を見送る三角寛

f:id:jyunku:20191106182220j:plain
三角寛のサンカ小説と挿絵を描いた宮本三郎については、「ようやく解けた謎の宮本三郎『サンカ画集』 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したところである。私は世田谷にある宮本三郎記念美術館は何回か行ったことがあるが、「宮本三郎三角寛のサンカ小説展」のようなものは、まだ開催されていないと思う。もしもそのような展覧会が開催されることになったら、最近シルヴァン書房から宮本の三角宛の葉書を入手したので貸してあげよう。昭和13年10月25日付け(同月26日付け大崎局消印)で、宮本三郎文枝夫妻から豊島区雑司ヶ谷の三角宛である。文面は印刷で、出発の際に見送りされたことへの礼状。『没後35年宮本三郎展ーー留学・従軍・戦後期を中心にーー』(神戸市立小磯記念美術館、平成21年10月)の年譜によれば、宮本は昭和13年10月に「挿絵の仕事が過労となり、心配した妻・文枝が仕事から離れる目的で計画したヨーロッパ旅行に夫婦で出発。神戸より箱根丸で渡仏する」とある。あらかじめ印刷しておいて、投函は誰かに依頼したかもしれない。宛名書きも依頼したのだろう。
同年譜から、昭和13年までの宮本と三角の関係を見てみよう。

昭和7年11月 三角寛『昭和妖婦傳』(新潮社)の装幀を担当
昭和11年4月 挿絵を担当した三角寛の小説「歓楽女王の懺悔」の連載が『日の出』で始まる(4~5月号)

今回三角宛の葉書が1枚見つかったが、最近三角の旧蔵品が処分されて出回っているのだろうか。

『真山青果とは何者か?』(星槎グループ)を読んでみた。

f:id:jyunku:20191104210525j:plain
星槎グループ監修、飯倉洋一・日置貴之・真山蘭里編『真山青果とは何者か?』(星槎グループ、令和元年7月)を読んでみた。青果の旧蔵書・資料・原稿用紙類を星槎グループが所蔵していることが判明し、それらを利用した展覧会及びシンポジウムが平成28年に開催された。本書は、その内容に座談会・コラム・主要作品小事典等を加え、書籍化したものである。私は、青果については国木田独歩の通夜における騒動の関係で調べたことがある。岩野泡鳴の日記に通夜の翌日にも騒動があったことを示す記述があることを「独歩の通夜の翌日も一騒ぎ - 神保町系オタオタ日記」に書いている。これは、従来独歩や青果の研究者には知られていなかったと思われる。
本書が明らかにしたように、青果には劇作家のほか、小説家、江戸文学研究者など多くの顔がある。交友関係も広く、本書249頁には昭和19年の住所録の写真とともに、記載された人名の一部が例示されている。相馬御風の名が出ているが、『相馬御風宛書簡集Ⅱ』(糸魚川市教育委員会、平成18年3月)に青果の年賀状が3通(大正5年、昭和6年、12年)収録されている。しかし、「あとがき」に青果を含む21人について遺族が不明とされている。本書によれば、新制作座を主宰していた娘の美保は書簡集の発行された年に亡くなっているが、比較的容易に美保又はその遺族の消息が分かったのではないかという気がする。
f:id:jyunku:20190805114014j:plain
また、住所録に三田村鳶魚の名はあるが、鳶魚の筆記役をした柴田宵曲は省略された可能性もあるが、例示されていない。実は、宵曲の日記に青果が出てくるので紹介しておこう。『日本古書通信』48巻9号,昭和58年9月及び49巻2号,昭和59年2月の「柴田宵曲翁日録抄」だが、

(昭和十五年)
二月十日
(略)午後第六天に真山青果氏を訪ふ。病牀ながら元気よし。用事すみてのち綿谷氏の仕事場に来りて話す。(略)
(昭和十六年)
十月八日 三時頃真山氏の許に到る。永代蔵講義。木村富子、大村嘉代子その他数名。夜七時頃までに僅に一章を了へしのみ。
十二月二十三日 (略)帰来辛じて真山氏筆記書き上ぐ。

とある。
昭和15年2月10日の条中「第六天」とは、青果の住所である東京市小石川区第六天町のこと。この頃具合が悪かったようだが、元々心臓の持病があるものの、亡くなるのは昭和23年3月である。また、昭和16年の記述に関しては、『柴田宵曲文集』8巻(小澤書店、平成6年1月)の「柴田宵曲略年譜」に「真山青果氏の西鶴講義(十~十二月)等を筆記」とある。
青果と鳶魚に関しては、本書253頁にコラムがあり、参考になる。鳶魚の日記に青果が初登場するのは大正13年4月12日で、以後江戸談義に花を咲かせたり、保養中の青果を見舞いに訪れたり、鳶魚主催の西鶴輪講に青果が参加していたことが紹介されている。ところが、『鳶魚江戸学:座談集』(中央公論社、平成10年12月)の「鳶魚と歌舞伎(一)」に不思議な発言がある。

朝倉(治彦) 岡本綺堂には一目おいていたという話です。
鳥越(文蔵) 真山青果はあまり好きでなかったらしいですね。
郡司(正勝) 真山青果は合わないはずだよ。あっちは同じ侍でも田舎者だもの。
鳥越 鳶魚さんは八王子ですから、江戸ッ子かどうかわかりませんよ・・・。

「座談会参加者略歴」によれば、鳥越は早稲田大学教授・演劇博物館長、郡司は早稲田大学名誉教授。真山家は代々仙台藩に仕える武士であった。鳶魚の日記を読む限りでは、鳥越の発言は俄には信じがたいが、要精査である。
以上、『真山青果とは何者か?』を読んで気付いたことをまとめてみた。

真山青果とは何者か?

真山青果とは何者か?