CIE図書館が生んだ芥川賞候補作家久坂葉子

嵐山のロンドンブックスでだいぶ前に買った『久坂葉子の手紙』(六興出版、昭和54年9月)を読んでると、CIE図書館が出てきた。昭和25年1月26日付け川崎澄子(久坂の本名)から友好安子宛の書簡で、

(略)
今、一人の女性をかいてます。
C、I、Eで、昨日、一時間十枚のスピードで三十枚かきました。
百枚前後になるでしよう。
(略)
題を「晶子礼讚」としてますが、改題しようと思つてます。(略)

「C、I、E」はCIE図書館のことだろうと思ったら、26年5月12日付け斎田昭吉宛葉書に「CIE図書館にて/久坂葉子」と書かれているので、推測は間違いなかった。CIE図書館は、敗戦後GHQのCIE(民間情報教育局)が設置した図書館である。当時久坂は神戸市生田区山本通に住んでいたので、同区三宮一丁目三宮ビルにあった神戸CIE図書館だろう。『日本教育年鑑』1950年版(明治書院、昭和25年4月)によれば、23年6月開館、302坪、収容人員192人。無料で開架図書を自由に閲覧できたが、久坂は本を読むよりも執筆活動に使っていたようだ。「青空文庫」で読める「久坂葉子の誕生と死亡」にも、昭和25年頃として

その頃、私は喫茶店につとめていた。一週間に、二度か三度 、手伝いに行っていた。一日働いたら三百円であった。休みの日は、朝から、インキ壺と原稿用紙をもって、CIEの図書館へ通った。ストーブがあって暖いのである。一時間に十枚位のスピードで、やたらむたらに書きまくった。

とある。久坂の芥川賞候補となった「ドミノのお告げ」(『作品』5号、25年6月)は「落ちてゆく世界」(25年1月11日脱稿。『VIKING』17号、25年5月)を改作したもの*1なので、CIE図書館で書かれたものと見てよいだろう。芥川賞候補作家久坂葉子は、CIE図書館で誕生したのだ。

*1:久坂葉子全集』3巻(鼎書房、平成15年12月)「久坂葉子著作目録」、佐藤和夫「解説」参照

学内の権力闘争に破れ教職追放となった京都学派の西谷啓治と鈴木成高

竹田篤司『物語「京都学派」ーー知識人たちの友情と葛藤ーー』(中公文庫)の31「「教職不適格」の烙印」は、昭和21年10月18日付け下村寅太郎高山岩男書簡の引用で始まる。

(略)遂に西谷[啓治]、鈴木[成高]両君迄災が及び、最近の適格審査会で決定致したやうです。(略)(第一回目の審査会では鈴木君のみはパスしたのですが、これを不服の一派の策動で再審査を行ひ、西谷鈴木両方を落としてしまつたのです)。西谷・鈴木両君が不適格の判定を受くべき十分な理由のないことは勿論で、既に御想像のことと思ひますが、夫々一派の醜い私心の横行の結果で、本当に遺憾この上もないことです。Y教授なら格別、○○教授あたり迄西谷君追出しを策することは今迄気づかなかつた処で、この委員会で人間の善悪が実に露骨に分つて来ました。私も今迄全く見損つてゐた人物のゐることをよく自覚した次第です。

[ ]内は竹田氏による補加である。敗戦後大学については大学に設置された適格審査委員会で追放の可否を判断された。審査委員は第三者ではなく、同僚の教員により構成され、竹田氏によると、京大では西谷の属する「哲学」は山内得立、鈴木が属する「西洋史」は原随園が審査委員長だったという。学内の教員による審査なので、「前からあいつが気に入らんかった」とか「戦時中あいつはいい思いをしたが、わしは・・・」とかで、書簡にあるような「一派の策動」とか「醜い一派の私心の横行」はいかにもありそうなことではある。ただ高山がどの程度事情に通じていたか不明で、実際は「私心」ではなく例えばGHQの意向を受けてという可能性もあるだろう。
ところで、何度かブログで利用した書砦・梁山泊から入手した鹿野治助の日記で上記書簡と同時期の箇所を見ると公職追放や教職追放に関する緊迫した状況が書かれていた。

(昭和二十一年)
八月二十七日 (略)
高山君は今朝新聞紙にて追放に該当発令の由
(略)
九月七日 (略)
高山、西谷両氏訪問
(同月)二十六日 佐藤幸治君より来信 西谷君も追放該当者なりといふ。惜しきことなり 小田君を学校に訪ね 会のことを知らす。
(同月)二十九日 午后二時高山君の□
例の四人の外に小田、朝(?)倉二氏顔を加へて会談
(略)
(十月)二十八日 (略)
西谷氏を訪ぬ 失職(?)追放該当の由尚文学部妙(?)な党派のことを聴(?)く 国民学校(?)より大学に至る乞[ママ]皆かくの如し
あきれたるもの也
(昭和二十二年)
二月十六日 (略)
西谷君と百万遍行く。午後片岡君を寺に訪ね 西谷君の審査□□相談す。(略)
二月十七日 午後、高山君訪問。後西谷君を訪ぬ。例のこと色々きく。 翌日 農専に小田氏を訪ねて相談す。
(五月)二十三日 (略)吉田氏より西谷鈴木両氏追放判定書を見せて貰ふ。

誤読も多いと思われるが、御容赦を。鹿野が西谷の教職追放に関して情報収集をしたり、関係者に相談していることが確認できる。特に昭和21年10月28日の条は高山の書簡の内容を裏付けるような記述になっている。
結局、西谷らの教職追放の真相はわからないが、『京都大学文学部の百年』(京都大学大学院文学研究科、平成18年6月)によれば、西谷・鈴木はその著書・講演等の内容を根拠に思想的理由から不適格と判定され、辞職を余儀なくされたという。共に昭和22年7月30日付けで退任している*1
実現するには様々な問題がありそうだが、京都大学大学文書館で高山らの公職追放や西谷らの教職追放について企画展をして欲しいものである。なお、タイトルの「権力闘争」は必ずしも適切な表現ではないが、他に思い付かなかったので御理解いただきたい。

物語「京都学派」 - 知識人たちの友情と葛藤 (中公文庫)

物語「京都学派」 - 知識人たちの友情と葛藤 (中公文庫)

*1:西谷は昭和27年2月に復職。

福岡県立図書館の女性出納手にして俳人の竹下しづの女

最近刊行された柳与志夫・田村俊作編『公共図書館の冒険ーー未来につながるヒストリーーー』(みすず書房、平成30年4月)第5章は河合将彦氏の「図書館で働く人々ーーイメージ・現実・未来ーー」である。ここに出納手という図書館員の職種が出てくる。

出納手」は、聞きなれない言葉だろう。戦前は閉架式の図書館が多く、利用者の請求を受けて、主に少年の出納手が資料を出納した。

夜学に通いながら図書館に勤める少年が多かったらしい出納手だが、身分としては傭人扱いで職員名簿には名前が載らない場合が多かっただろう。例外的に後世に名前が残った出納手として、「ある帝国図書館員の死」で紹介した事故死したため名前が伝わった例がある。
さて、坂本宮尾『竹下しづの女ーー理性と母性の俳人1887-1951ーー』(藤原書店、平成30年7月)を見てたら、俳人竹下しづの女は昭和9年から14年まで福岡県立図書館の児童室係の出納手だったという。しづの女は明治20年福岡県京都郡稗田村生、39年福岡県女子師範学校卒業、福岡県立小倉師範学校の訓導などを務めた。女性でかつ高学歴とあって戦前の出納手のイメージとはかけ離れたものがある。更に福岡県立図書館月報に「児童図書館の諸問題」という論考を発表している。ただの出納手ではなかったわけだ。残念ながら『図書館人物事典』(日外アソシエーツ、平成29年9月)には登場しない。
出納手時代の句が極めて面白い。

日々の足袋の穢しるし書庫を守る
紋のなき夏羽織被て書庫を守る
書庫瞑く春盡日の書魔あそぶ
既に陳る昭和の書あり曝すなり

白足袋で羽織を着て書庫から出納したり、曝書する姿が目に浮かぶようだ。坂本氏によると、「書魔」は、「薄暗い書庫のなかになにかが潜んでいるように感じたしづの女の造語」だという。書庫に潜む書魔、なにか小説のネタに使えそうだ。
そして、憲兵隊による検閲も詠まれていた。

かじかみて禁閲の書を吾が守れり
憲兵を案内す書庫のい*1てし扉に

竹下しづの女 〔理性と母性の俳人 1887-1951〕

竹下しづの女 〔理性と母性の俳人 1887-1951〕

公共図書館の冒険

公共図書館の冒険

図書館人物事典

図書館人物事典

*1:にすいに「互」

兵庫古書会館で武田豊四郎発の絵葉書を拾う

久しぶりに東京古書会館と西部古書会館に行ってきた。やっぱり東京の古書会館の古書展は質量共に凄いと実感。あくまで私個人の感想だが、南部、西部、東京、京都、大阪、名古屋、兵庫の順番で古書会館の古書展と相性がよい。残念ながら最下位になってしまった兵庫古書会館だが、勿論蒐集範囲や予算などから人それぞれで一番好きだという人もいるだろう。さて、そんな兵庫古書会館で先日一枚の絵葉書を見つけて驚いた。「大正期早稲田大学の三大オカルト教師」や「やっぱり、あやすーぃ早稲田大学教授武田豊四郎」などで言及した早稲田大学教授武田豊四郎発の絵葉書である。オールドブックス ダ・ヴィンチの出品。
「東京早稲田大学講師室」の武田豊四郎から愛媛県周桑郡楠河村の武田秀子宛で、明治41年10月4日の消印。文面は、米国ワシントン大学のベースボール選手が早稲田と競技したが早稲田が負けたことや勉強して早く女学校へ行きなさいと書いている。武田は愛媛県の出身なので、娘か親戚の子供宛なのだろう。武田のことを調べている研究者がいるのかいないのかわからないが少しは参考になるかなあ。

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』が誕生したその時

長らく積ん読であったヘルムット・ガーンズハイム著、人見憲司・金澤淳子訳『写真家ルイス・キャロル』(青弓社、1998年2月)を読了。一つ面白い記述があった。1862年7月4日ルイス・キャロルはロリーナ、アリス、エディスの三人のリデル家の少女を連れオックスフォードからゴッドストウまで遠足に出かけ、彼女らに「アリスの地下の国の冒険」と題したおとぎ話をしてあげ、これが後に『不思議の国のアリス』として刊行されることになる。その『不思議の国のアリス』の原型が誕生することとなった日の天気だが、ルイス・キャロルは「黄金の午後」と表現し、アリスも後に「焼けるように太陽が照りつけていた」と書いている。ところが、同日のオックスフォードの公式な天気情報では「激しい雨模様」であったという。ボートに乗って遠足に行ってるので晴れていたことは間違いないはずだが、公式の天気情報と食い違っているのは不思議である。本書の著者も「残念なことに、ルイス・キャロルの日記が正しい*1のか当日の天気の記録が正確なのかを確かめる手立てはないようである。この点は、今もって謎である」としている。
謎を解く手立てとしては、その当時のオックスフォードの教員や学生の日記を当たってみればよさそうだが、そのような調査はされていないのだろうか。もっとも、本書の原書は1949年の刊行なので、それ以後天気の謎は解かれているかもしれない。今のところ、『不思議の国のアリス』が誕生したその時、ルイス・キャロルやアリス・リデルらは異次元の世界にいたと解釈するのが最も合理的(?)だろう。

写真家ルイス・キャロル (写真叢書)

写真家ルイス・キャロル (写真叢書)

*1:ルイス・キャロルの日記には「ダックワースと私は、三人のリデルと一緒に、上流のゴッドストウまで遠足に出かけた。ゴッドストウでは、土手沿いで午後のお茶を楽しみ、クライスト・チャーチに着いたのは夜の八時十五分だった。」とあるが、天気についての記述はない。

明治41年数え17歳の岸本水府が旅先から父親に送った絵葉書

今年2月水の都の古本展でモズブックスの3冊500円コーナーは某氏の旧蔵書を中心に放出されたようで、異常な熱気に包まれる事態となった。そんなモズブックスの絵葉書コーナーには川柳家の岸本水府宛葉書が大量に出ていた。数枚であれば全部買ってもいいのだが、多すぎるとかえって買う気が失せるもので、水府宛は止めておいて、岸本龍郎(水府の本名)が父親龍太に出した絵葉書だけ購入。
明治41月10月□日の消印で、裏面には「粟津文庫」「よしなか寺」の印が押されている。文面は、10日午後5時八景を見終わり石山の松月館に着いたことなどが書かれている。「粟津文庫」というのは、大津市義仲寺の粟津文庫のことで、義仲寺には木曽義仲松尾芭蕉の墓があり、粟津文庫には蕉門の遺品が納められているらしい。水府は明治25年生で、この時は数え17歳。岸本吟一編『川柳全集』4巻岸本水府(構造社出版、昭和56年3月)の「略歴と年譜」によれば、明治39年大阪の成器商業学校(現・大阪学芸高等学校)へ入学、この葉書を出した41年には、川柳、俳句、短歌を始めていた。なるほど、水府にふさわしい絵葉書である。ちなみに、『番傘』47巻4号(番傘川柳社、昭和33年4月)の「水府自伝8」によれば、明治41年秋の遠足は近江へ行ったとあるので、義仲寺にはこの遠足で行ったのだろう。
水府の遺品が今回も含め何度か古書市場に出たようで2月の寸葉会では宮尾しげをの水府宛暑中見舞を購入。気になるのは、水府が明治41年から付けていたという日記の行方である。一部は『番傘』に掲載されたが、全貌を知りたいものである。

恩地孝四郎と版画の家の山口久吉

だいぶ前の寸葉会で拾った加藤和三郎宛山口久吉の絵葉書。昭和3年の年賀状で、山口の住所は神戸市中山手通4丁目18ノ2版画の家である。土地勘がないが、兵庫県庁の近く、相楽園の北東側か。山口の版画の家は、恩地孝四郎に詳しい人は御存知だろう。『恩地孝四郎展』(東京国立近代美術館和歌山県立近代美術館、平成28年)の年譜(三木哲夫編)によると、

1923(大正12)年2月 神戸の山口久吉が設立した「日本創作版画院」の賛助員となる。同院は「版画の家』の前身。
1924(大正13)年2月 山口久吉の主宰する『HANGA』1(1日発行、神戸・版画の家)に《母と子》(図版のみ)を発表。その後も、3輯(9月15日発行)に文「HANGAに寄す」、5輯(1925年2月20日発行)に《静物》、13輯(1928年3月31日発行)に《浴室午前》と自作解説「「浴室午前」につき」を発表した。

『HANGA』は端本でも古書価が高く、16輯揃いだと幾らになるのか想像もつかないが、どういう人が持ってるのだろうか。
年賀状の宛名の加藤和三郎という人物は、他に入手した年賀状によると趣味人と年賀状の交換をしていたようだ。大阪市天王寺区に住んでいた。所蔵している年賀状の発信者は、山崎翠紅(京都市)と三味三*1京都市)。
ちなみに、昨日の大阪切手まつりでは、山口の今尾和雄宛年賀状を購入。昭和7年の年賀状で、山口の住所は神戸市須磨区山下町に変わっているが、「版画の家」との記載はない。なお、宛先の今尾は書物蔵氏の御教示によると、石川県立美術館ホームページの「今尾和雄」にある染織家・画家のようだ。

*1:「エロテイツクの研究/よろず刷りもの蒐め処」とある。