神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

『日本人形史』の山田徳兵衛から中山香橘宛年賀状(昭和12年)ーー百鈴会の川崎巨泉と中山香橘ーー

f:id:jyunku:20210308194649j:plain
 ツイン21古本フェアが無くなった。数年前、弁天町ORC200の古本まつりも無くなっている。後者で平成28年寸葉さんから入手した中山香橘宛山田徳兵衛昭和12年年賀状をアップしておこう。山田徳兵衛(吉徳第10代当主)については、Wikipediaに立項されているので、それを見られたい。『日本人形史』(講談社学術文庫)の著者である。
 2人とも川崎巨泉と交流があったようで、『和のおもちゃ絵・川崎巨泉:明治の浮世絵師とナニワ趣味人の世界』(社会評論社、平成22年5月)に出てくる。昭和54年9月に第1回巨泉忌*1が開催されているが、「川崎巨泉翁供養会」の役員等は、

会長 小谷方明*2
副会長 朏健之助
〃   岸茂丸
事務局 奥村寛純
賛助会員 徳間書店 広瀬辰五郎 村田書店
顧問 大安寺 吉田敬
名誉会員 太田小宝 徳力富五郎 中山香橘 山田徳兵衛

 香橘と巨泉の関係については、同書の年譜によると、2人とも百鈴会の同人であった。

昭和10年
1月3日 百鈴会展観、松平家蔵版の「集古十種」所載の土鈴を縮模して頒布。同人・梅谷紫翠、太田小宝、村松百兎庵、河本紫香、中山香橘、巨泉、於四天王寺公園内小宝。(『浪花おもちゃ風土記』)

 百鈴会は、巨泉が主宰していたようだ。家蔵の浅田耕一郎(満洲国牡丹江)宛第3回百鈴会(昭和12年1月)の案内葉書は、発信者が「川崎人魚洞内百鈴会」である。
参考:「昭和14年京都のみやび会に結集した10人のコレクター群像 - 神保町系オタオタ日記
f:id:jyunku:20210308194732j:plain

幼子を亡くし、心霊の世界へ向かう阿部次郎ーーオリバー・ロッジやメーテルリンクの心霊書を読む大正教養主義の阿部次郎ーー

f:id:jyunku:20210306201914j:plain
 一柳廣孝『〈こっくりさん〉と〈千里眼〉:日本近代と心霊学』(講談社、平成6年8月)は、身内の病、死などを通じて心霊学に関心を抱いた人物として、浅野和三郎豊島与志雄土井晩翠を挙げている。これに、大正8年11月15日長男で数え5歳の晃を結核性腹膜で亡くした阿部次郎を加えることができる。阿部の年譜*1によれば、同月「オリバー・ロッヂ”Survival of Man“・Randallの書・Hyslop:Life after Death などpsychical research に関するものを読む」、同年12月「マーテルリンク“Light Beyond”を読む」とある。
 日記で確認すると、ロッジの本を読み出したのは、晃の亡くなった6日後の21日、丸善でサイキカル・リサーチの本3冊を買ったのは26日でその日にRandallの本を読み出している。28日にRandallの本を中途で止め、Hyslopの本に移り、12月6日に読了。同月10日から再びロッジの本を読み出し、26日に読了し、「大体得心」。27日丸善メーテルリンクの本を買い、28日から読みかけるが、前日三田文学会で生徒から聞いた大本教の預言に刺激され、内村鑑三の『基督再臨問題講演集』を読み出し、読了。31日にメーテルリンクの本には失望して、止めている。
 更に、日記とは別の「晃看病及び死亡の記」の12月28日の条には、「僕は今ロツヂやヒスロツプの意味の霊魂不滅を信ずると云つてもいゝと思ふ。此信仰は前からおぼろ気にあつたが彼等の書を読んでから大変それが強められたのみならず、彼世と現世との関係について今迄思ひかけなかつた事をも考えへるやうになつた。それは単に死後のみならず生前に於いても死者と我等との間に交渉があるといふことである」と書いている。大正教養主義の旗手が、すっかり、心霊主義者になっていたようだ。ところで、小田光雄近代出版史探索』(論創社、令和元年10月)の「新光社「心霊問題叢書」と『レイモンド』」によると、ロッジには『レイモンド』という著作もあり、第1次世界大戦で戦死した息子レイモンドとの死後の通信と交霊の記録で、大正11年野尻抱影訳で「心霊問題叢書」(新光社)第1篇の『他界にある愛児よりの消息』として刊行されている。阿部に頼めば、喜んで訳してくれただろう。

*1:『阿部次郎全集』17巻(岩波書店、昭和41年2月)

大正12年朝鮮から渡ってきた念写少年ーーマチマチ書店で買った津田青楓『画家の生活日記』(弘文堂書房)からーー

f:id:jyunku:20210303200338j:plain
 マチマチ書店が京都マルイに出店*1する前、四条烏丸近くだったかで古本市をやったことがあった。津田青楓『画家の生活日記』(弘文堂書房、大正13年6月)は、その時買ったものである。長らく積ん読だったが、読んだら「念写少年」が出てきた(*_*)

妻の留守中日記(大正十二年)
五月五日
 朝、朝鮮より十一時東京駅着。(略)
五月十五日
 (略)
 夜田中を呼びにやつて同行して、朝鮮の鈴木氏の宿を訪ふ。未だ到着せずとの事。
 (略)
五月二十日
 (略)
 鈴木氏来訪。田中来る。中食を共にす。念写青年のことにて相談あり。
 (略)
五月二十九日
 (略)
 昼、朝鮮にてたのまれたる念写少年を東京駅に迎ひに行く。来たらず。家に帰れば電報来てあり明日になつたとのこと。
 (略)
五月三十日
(略)
 念写少年を田中に駅へ迎ひに出しておきたるに駅にて会はず、後になつて来たり、門司にて一緒になつた人の家へ今夜は行つて泊るとて出て行つたる由。
 (略)
六月四日
 (略)
念写少年の親戚より手紙来たる。
六月十一日
 (略)
朝鮮三上の父より電報。
(略)
六月十九日
 (略)
午後三上少年及同人叔父来訪。

 『背く画家津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和』(芸艸堂、令和2年2月)の年譜によると、大正12年4月青楓は弟子の田中冬心とともに、朝鮮、満洲を旅行し、京城高等商業学校校長の鈴木孫彦宅に滞在している。日記に出てくる「田中」や「鈴木氏」は、この二人だろう。念写少年三上の詳細は不明。「念写」で一旗揚げようと朝鮮から出てきた少年を親戚の叔父が連れ戻しに来たというところだろうか。ただ、「朝鮮にてたのまれたる」や鈴木校長からの「相談」もあるので、家出ではなさそうだ。青楓は何度も「念写少年」(1回「念写青年」を使用)と書いているので、もしかしたら朝鮮で少年による念写を実見したのかもしれない。千里眼事件から相当の年数が経っているが、念写の人気がまだあったのだろうか。
 なお、大正12年の日記には、「萬鐵五郎の第一回円鳥会展と星製薬 - 神保町系オタオタ日記」で言及した星製薬で開催された第1回円鳥会展も出てくる。

六月六日
 (略)
 上野竹の台の中央美術展覧会を見に行く。序に星製薬会社にある円鳥会も見る。(略)

*1:現在は、二条駅近くに自分の店を開店

昭和6年蘆田止水宅で開催された土俗玩具入札会ーー『和多久志』を11号まで発行した蘆田止水ーー

f:id:jyunku:20210302181529j:plain
 今日から開催予定だった「水の都の古本展」は中止になった。絵葉書を出品するモズブックスは初日の激混みが予想され、別に「絵葉書の小部屋」が用意されていた。おっさんが殺到する「絵葉書の小部屋」で絵葉書をシャカシャカしたかったが、残念である。代わりに、以前モズブックスから入手した蘆田止水から中西竹山宛の葉書を紹介しよう。切手が貼られていないので年不明だが、6月21日(日)正午から止水宅で、「土俗玩具入札会」を開催するという案内である。14日と印刷されているが、手書きで21日に訂正されている。主催は止水で、後援として人魚洞が併記してある。
 人魚洞は、川崎巨泉(本名末吉)の別号である。巨泉が残した全国各地の郷土玩具を描いた自筆写生画帳は、大阪府中之島図書館により「人魚洞文庫データベース:おおさかeコレクション - 大阪府立図書館」として公開されている。中之島図書館にこの入札会の開催日について相談に行けば、喜んで調べてくれるだろう。しかし、取りあえず自分で調べてみた。
 比較的状態がよいので、昭和前期として6月21日が日曜日なるのは、昭和6年、11年、17年である。表面の表題には「郵便はかき」とあり、昭和8年2月に「郵便はがき」に変更されるのでそれ以前ということになる。古い葉書を使った可能性もあるが、昭和6年と推定しておこう。森田俊雄『和のおもちゃ絵・川崎巨泉:明治の浮世絵師とナニワ趣味人の世界』(社会評論社、平成22年5月)の年譜を見たが、入札会についての記載は無かった。ただ、大正14年6月14日に巨泉は蒐集趣味人魚の第1回展観を大阪の書林倶楽部で開催している。この日は日曜日なので、もしも止水の入札会が大正14年開催ということなら、巨泉の展覧会と重なるので日程を変更した可能性もある。
 止水について、森田著から要約しておこう。本名安一(やすかず)で、大正から昭和前期の大阪を代表する趣味家の一人。身辺雑記風の個人誌『和多久志』を大正9年11月創刊。創刊号には、淡島寒月三田平凡寺が寄稿。我楽多宗の四酔山温学寺を称した。入手した葉書には、「四酔山温学寺」の印が押されている。天下茶屋の止水別邸は、「日本、支那、印度、その他各国に渉る土俗玩具等の蒐集を以て堂内に充つ」という。巨泉の義理の弟に当たる。また、止水の実姉の夫である永田好三郎(有翠)も大阪の趣味家である。
f:id:jyunku:20210302181556j:plain
 『和多久志』は、中之島図書館が創刊号から11号(昭和3年8月)まで所蔵。林哲夫氏が10号(昭和2年1月*1)を所蔵し、『書影でたどる関西の出版100:明治・大正・昭和の珍本稀書』(創元社、平成22年10月)で紹介していて、寒月追悼号と分かる。私は、11号を所蔵しているので、目次を挙げておこう。
f:id:jyunku:20210302181701j:plain 
 特に終刊についての記載はないが、11号までしか現存は確認できない。「生ひ立ちの記(幼児の巻)」によれば、止水は明治21年4月27日大阪市生まれ。私の好きな日記も載っているので、「日記抄」から引用しておく。

(昭和二年)
  三月四日市(金曜)
 夜七時半より京都鞍馬口で元井三門里先生と出逢ひ新村出博士を訪問した。更紗に関する種々な疑問や議論など出て有益であつた。新村先生の更紗語源に就ての高説を拝聴して十時に辞した。

 本書には、宇崎純一の回顧展が大阪市立中央図書館で開催されるという平成22年4月18日朝日新聞の切り抜きが挟まっていた。そう言えば、表紙絵は純一(すみかず)である。
追記:橋爪金吉『私と年賀状』(同信社、昭和56年11月)によると、戦前の大阪に「木版又は之に準ずる」版画賀状の作品交換会である「賀邦クラブ」があり、その主宰者止水について調べたが、消息も遺族も不明だったという。

*1:奥付は、改元前の大正16年1月

研究会「戦後のオカルト流行と『日本神学』」への補足

f:id:jyunku:20210228194330j:plain
 Zoomで「戦後のオカルト流行と『日本神学』」を拝聴。関係者の皆様お疲れ様でした。戦後にはあまり興味がないが、戦前の話も多く面白かった。気がついた事を補足しておこう。拙ブログの引用ばかりで、新規のネタはほとんどありません。
・獄中の健康法
 「西式強健術で健康維持に努めた獄中の蔵原惟人 - 神保町系オタオタ日記」や「橘孝三郎の獄中読書本のリストーー近角常観と超国家主義者橘孝三郎ーー - 神保町系オタオタ日記」参照
・今成覚禅
 「今成覚禅と九鬼文献 - 神保町系オタオタ日記」参照。藤井岐彦と思われる人物も出てくる。
・藤井岐彦
 拙ブログを「藤井」で検索すると、中里義美の神乃日本社の評議員だった世界平和研究会会長藤井清治という人物を発見。「神乃日本社に結集したトンデモない人達 - 神保町系オタオタ日記」参照。『全人類之指導原理大日本教:大日本国の真態・日本人と其本領』(藤井清治、昭和12年7月)や『神国日本の全貌:帝国憲法の謹解と八紘一宇の還元:国体明徴の断案』(世界平和研究会、昭和14年2月)などの著者。弁護士なので、経歴は合わないかも。
 『日本神学』は、『神霊文化』時代の名前で覚えている。学生時代、OPACもない頃なので、『神道論文総目録』で変わった論文を探して、『神霊文化』に到達したような気がする。
f:id:jyunku:20210301071703j:plain

藤澤太郎先生が主宰する桜美林文学会『言葉の繭』3号に街の草の加納成治氏

f:id:jyunku:20210227203444j:plain
 久しぶりに善行堂へ。大量の買い取り本で店内が満員御礼。私も回答した『文献継承』37号を置いてもらいました。文芸誌『言葉の繭』3号(桜美林文学会+桜美林大学現代・世界文学研究会、令和3年1月)をいただく。目次を挙げておく。
f:id:jyunku:20210227204402j:plain
 二大特集は、「文学のある場所」と「本屋さんと図書館のはなし」。尼崎の古書店街の草」の加納成治氏が「〈聖樹薬局〉の周辺」を執筆。林喜芳『神戸文芸雑兵物語』に出てくる『聖樹』の発行所である吉澤独陽の聖樹薬局を芦屋で見つけた話。
 臼田正矢「馬込文士村と臼田甚五郎」も凄い。国文学者・民俗学者臼田甚五郎(國學院大學名誉教授)が馬込文士村の文士とされることについて、息子で桜美林大学名誉教授の正矢氏が考察したもの。恩師折口信夫は勿論、第2詩集『暁と夕の詩』を贈ってくれた立原道造など読み応えがあった。
 それと目次を見せてもらって、「アッ!」と叫んでしまったのは、「浪江虔・浪江八重子の農村図書館」。私が「南多摩農村図書館旧蔵の植村長三郎『書誌学辞典』 - 神保町系オタオタ日記」で紹介した浪江の農村図書館である。主な執筆者は桜美林大学の教員及びリベラルアーツ学群の学生で、外部の人にも寄稿をお願いしているようだ。バックナンバーについては、「『言葉の繭』内容紹介」参照。2号の特集「どんど書房と『えすとりあ』」とか気になりますね。善行堂の常連の人は、善行さんに頼めば取り寄せてもらえるかもです。
 ところで、桜美林文学会を主宰される藤澤太郎先生は、今回の『文献継承』の回答者でもある。戦前の山形県詩史を構想中とのことで、こちらも面白そうだ。

京都で神九図之会を主宰した年賀状コレクター井上女神(井上未喜知)ーー寸葉会の矢原章さんの師匠ーー

f:id:jyunku:20210225205157j:plain
 戦前「全国乗車券、記乗、駅入場券、内外郵政券、官白、煙草空箱、ねづ[ママ]みに関するもの、其他何んでも紙屑一切」を蒐めていたコレクター井上未喜知(丹頂園女神)については、「「蒐める人」を4500人も蒐めちゃった『昭和前期蒐書家リスト 趣味人・在野研究者・学者4500人』が凄すぎる件 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したところである。寸葉会の矢原章さんの師匠と聞いている井上女神と同一人物だろうと推測しておいた。その女神が、橋爪金吉*1『私と年賀状』(同信社、昭和56年11月)*2に出てきた。

 京都にある神九図之会を紹介しておこう。(略)会長の井上女神氏は賀状の収集家であり、特に官葉に詳しい。近畿地方のマスコミは年賀状シーズン(師走と正月)になると、井上さんに登場願って、賀状の興趣を大衆にPRしている(略)
 神九図之会は、文字どおり”紙屑を宝とする”収集家の寄合いなのである。(略)毎月一回の例会は、京阪神の神社仏閣を選んで開かれるが、その盆廻しは面白い(略)自らの不必要な収集品や同志会員に協力のために、収集したものを盆に盛って列座の会員に廻すと、会員は希望の品に収集実費を払って手許に引き取るという趣向である。(略)

 女神の連絡先(中京区西ノ京)は戦前の未喜知の住所(上京区千本北大路)と異なる。しかし、蒐集分野が官白(記念押印した官製葉書)を含む紙屑一切だった井上未喜知と「特に官葉に詳し」く、神九図之会を主宰した井上女神は同一人物だろう。先日久しぶりに寸葉会に参加したので、矢原さんによほど確認しようかと思ったが、遠慮してしまった。
 『蒐寶録:神九図之会二十五周年記念』(神九図之会、平成7年8月)を見つけたので、これも紹介しておこう。女神は大正元年生まれ、蒐集品は「年賀状、暑中見舞」で、他の趣味は「鼠の玩具、紙類」とある。やはり、「ねづ[ママ]みに関するもの」を蒐集していた未喜知と同一人物のようだ
 同書には、中谷作次(新聞文化資料館)や森安正(絵葉書)のような著名な人も出てくる。その他、注目すべき会員を挙げておこう。
・飯田菅次郎(棹水) 明治40年生。蒐集品は「郵趣と年賀状、神九図、本、文房具ほか」。里内文庫の里内勝治郎*3の甥。
・早川進一 昭和19年生。蒐集品は「トピカル切手(本・楽器)、初飛行カバー・郵趣文献」。図書館勤務。本の切手の師匠は、元国会図書館の北川和彦
・久野井聖観 明治42年生。蒐集品は「好色物一切、文献、川柳、小話、民話、木版画、小絵馬」。戦前から三宅吉之助、山本不二男、田中亀文洞、贅六庵、森田乙三洞、九十九豊勝、川崎巨泉らと交流。
 神九図之会は昭和45年8月創立。女神は、25年記念誌の「はしがき」を「堀川病院にて」書いている。30周年を迎えずに、亡くなったのではなかろうか。そして、矢原さんが寸葉会を始めたのは、神九図之会の志を継ぐものではなかったか。矢原さんも、お元気ではあるが昭和15年生まれと御高齢である。神九図之会のその後や寸葉会の経緯について、取材していただきたいものである。なお、女神には『ねんがじょう曼荼羅』(室町書房、昭和61年1月)があるが、未見。

*1:「著書略歴」によると、明治43年三重県津市生。昭和7年官立神戸高等商業学校(現神戸大学)卒。江崎グリコ取締役食品部長・東洋ベアリング販売副社長・洋ベア興発代表取締役・同顧問を歴任

*2:口絵写真に「昭和2年復刊が予定されていた田中緑紅の『郷土趣味』(郷土趣味社) - 神保町系オタオタ日記」で言及した田中緑紅昭和2年の年賀状(井上女神提供)掲載。九十九豊勝宛。ただし、大正2年としてしまっている。

*3:「さぼうる」で夢の古本合戦(その4) - 神保町系オタオタ日記」参照