明治41年京都御苑内の京都府立図書館で法学を勉強する若者がいた

京都府立図書館は明治31年6月京都御苑内の博覧会協会東館を借り受け、開設された。その後、明治42年4月に現在地の岡崎に移転して開館したので、今年で岡崎開館110周年ということになる。そのため、2月24日(日)まで同図書館で記念展示「京都府立図書館 岡崎110年」を開催中。展示物には武田五一設計と思われる家具、第4代館長湯浅吉郎や福澤諭吉の色紙などがあるが、特に目を引いたのは「半開架式書棚」であった。閲覧希望者が網目の外側から指で本の背表紙を押して、職員に希望する本を伝える方式の書棚である。実物は初めて見た。図書館関係者に限らず本好きの人は是非行かれたい。
さて、ここに明治41年6月から42年1月までの日記が書かれた和本がある。所有者名は書かれていないが、記載内容から京都税務監督局に属として勤めていた若者で、氏名や住所も特定できた。『中学世界』を愛読するこの青年は、文官試験を受験する予定だったようで、仕事が終わると京都府立図書館と思われる図書館で法学の勉強をしていた。以下、引用に当たり、旧字を新字に改めた。

(明治四十一年)
七月廿四日 金曜日 晴天
七時起床し出勤し三時退庁して直に図書館に至り民事訴訟法を学ぶ 時に石田憲三来り会し三高に入学出来しとの事(略)
八月四日 火曜日 晴天
(略)
午後一時退庁し田辺尚久と疎水に水泳し巡査に出遇ひて加茂[ママ]川に泳ぐ□□□怒られた
三時半図書館に法律学を勉ぶ六時半佐々木達矢と共に帰家し(略)
八月十九日 晴天 水曜日
(略)退庁の後図書館に至り中学研究を読み三時十五分図書館を出で(略)
八月廿八日 金曜日 晴天
(略)一時十分退庁し図書館に京都府会計法規類纂を読み(略)
十一月七日 土曜日 晴天
(略)二時半退庁し三時法政に至れば休みなり四時より府図書館に至り民法特別篇講義(志田博士)を読み(略)

京都税務監督局は上京区川端丸太町下ルにあり、青年は御苑の西側の同区油小路通下者町下ルに住んでいたので、御苑内の府立図書館は職場からの帰り道にあり、便利だっただろう。41年8月19日の条に出てくる本は山本良吉『中学研究』(同文館明治41年6月)と思われるが、現在も府立図書館が所蔵している。また、同月28日の条に出てくる『京都府会計法規類纂』は府立京都学・歴彩館が所蔵している。なお、11月7日の条の「法政」は京都法政大学(現在の立命館大学)のことで、青年は41年9月に専門部法律科に入学していた。
友人の石田憲三は、いわゆる「一中三高京大」のエリートコースを歩んだ人物で、『内外福井県人士録』1巻(福井黎明雑誌社、大正11年8月)によれば、明治22年生、40年府立第一中学校卒、44年第三高等学校大学予科卒、大正4年京都帝国大学法科大学卒で弁護士になっている。青年もおそらく一中卒だが、『職員録』(印刷局)を見る限り明治45年の段階でも京都税務監督局の属にとどまっていて、その後の経歴は不明である。日記の記載は、明治42年1月で終わっているが、続きの日記が存在すれば、同年4月に開館した今でも目を見張るような外観である武田五一設計の新館についてどのような感想を残していただろうか。

映写機や映画の製作輸入会社アクメ商会のPR紙『アクメニュウス』

おもちゃ映画ミュージアムで2月10日まで「国産アニメ誕生102年 パイオニアの一人、北山清太郎関連の資料ミニ展示」が開催された。しかし、いつでも行けるとうかうかしてたら終わってしまった。さて、津堅信之『日本初のアニメーション作家北山清太郎』(臨川書店、平成19年7月)に北山が大正10年設立した北山映画製作所の作画スタッフの経歴が紹介されている。そのうちアクメ商会に係わる人物は、

・橋口壽 生没年未詳。(略)北山の「線映画の作り方」では、「橋口は惜くもアクメ商会で他界したが」と記述されている。田中純一郎の「日本教育映画発達史」によると、アクメ商会は一九一九(大正八)年設立の合資会社で、アメリカのアクメ携帯用映写機や国内外の教育映画の製作輸入を行っていた会社だという*1。(略)
・石川隆弘
生没年未詳。(略)北山映画を離れてから、アクメ商会に移籍したようで、アクメ商会製作の短編アニメーション『孫悟空』(一九二八)の撮影スタッフとして記録が残っている。

アクメ商会の詳しいことは知らないが、そういえば何年か前にみやこめっせの古本市でシルヴァン書房出品のアクメ商会発行『アクメニュウス』を拾ったなあと思い出した。ちょうど、吉永師匠との古本バトルで家探しする必要があったので、掘り出すことができたので紹介しておこう。
入手したのは、11号、昭和2年8月15日発行で、毎月1回発行とある。第1頁は巻頭言としての「お役所映写班の出張映写料金徴収問題」のほか、暑中見舞いとして社員一覧が記されている。

東京本社 西五辻朱仲
(イロハ順)
井村俊彦
林隆一
羽田金作
奥田重徳
渡邊秀三郎
加治専治
片岡國雄
中田幸介
山田全吉
込山靖策
林美一
阪本十四
佐藤竹尾
佐藤清美
宮澤友成
鈴木吉太郎
~~~
笠原義造
小林亮一郎
佐々木杢郎
~~~
大阪支社
大高啓三郎
石川憲彰
和田常次郎
中野清一郎
上田茂一郎
兒玉正夫
有馬純幸
坂口幾三郞
木村稔
~~~
福田史朗
井上無三四
~~~

西五辻と大高の文字のポイントが大きく、笠原、小林、佐々木、福田、井上の五人が太字である。残念ながら、橋口や石川の名は見当たらない。記事としては、警視庁検閲係長橘高廣の「映画漫談(上)」、映画『宇宙の驚異』を紹介した徳川夢聲「虚無を超へて」といった豪華な執筆陣の他、片岡國雄(アクメ商会撮影部)「カメラワークの実際(三)」が『宇宙の驚異』中のトリックの解説をしている。全10頁のうち半分が記事、半分が発売映画*2の紹介となっている。編集兼発行人は渡邊秀三郎、アクメ商会の所在地は東京市京橋区五郎兵衛町、大阪支社は大阪市西区新町通4丁目にあった。また、第10頁にはアクメ映写器部・パワー映写機部・シンプレツクス映写機部東洋総代理店とある。何号まで出たのか不明だが、揃いで通覧できたら色々発見ができそうである。

*1:田中『日本教育映画発達史』(蝸牛社、昭和54年9月)には、その他「主宰者西五辻朱仲」とある。

*2:『二人の處女』、『太陽は休まず笑ふ』、『強者』、『つはもの』、『雪崩』、『尊き生命』、『藤原藤房卿』、『藤太郎と母』

反町茂雄の従弟反町十郎が敗戦直後東京美術学校に出現

東京美術学校長上野直昭の日記『上野直昭日記』(ぎょうせい、平成9年3月)に反町茂雄の従弟反町十郎の名前を発見。

(昭和二十年)
九月十二日 (略)反町茂作来る。弟が社長たる英工社に図案設計品を求む。(略)
九月二十一日 (略)村田と相談の上反町氏へ小島宗一郎推薦。
九月二十九日 (略)村田、小島宗一郎を伴れくる。反町十郎へ紹介して、訪問せしむ。
(二十一年)
十月二十八日 (略)途中小島に会ふて同伴。英工社のいきさつを述べ辞職するといふ話(略)

同書の「上野直昭日記人名録」には、小島宗一郎について「本名宗一、昭和4年美校図案科卒」とある。反町十郎は、『古文書コレクションの源流探検ーー反町十郎、反町茂雄、木島櫻谷、そして・・・』(慶應義塾図書館、平成29年10月)によれば、明治36年生、昭和2年慶應義塾大学経済学部卒、実業家として活躍する一方、重要文化財「越後文書宝翰集」の旧蔵者としても知られるように古文書の蒐集家でもあった。昭和57年没。また、反町茂作や反町茂雄実弟であるが、叔父新作の養子となったため、家系図では反町茂雄らは従兄に当たるという。
反町茂雄『一古書肆の思い出』4巻(平凡社ライブラリー、平成10年11月)にやや詳しく経歴が書かれている。

反町十郎さん。古文書や古写経の、ごく良い物だけを買う人。(略)元来は時計製造会社のオーナー的社長でしたが、戦時中は軍に半ば徴用されて、主に小銃の信管を製作させられ、終戦時には一万人もの工員を使用していました。敗戦決定後に、軍は全国の軍需工場に、既納の軍需品代として、過分な程の多くを支払い、(略)その余沢を受けたのでしょうか、相当多くの善本を購入し、即金で支払ってくれましたから、大分に助かりました。その後、会社は潰れましたが、手堅い人でしたから、ガソリン販売会社の社長や保険会社の大株主として不足のない生活をし、時々に名品を買いつづけました。

軍から過分な程の金を貰ったのがいつかわからないが、昭和20年9月の段階では、実兄の茂作を通して東京美術学校に図案設計品を頼む必要があったということになる。
なお、『塾員名簿』(慶應義塾昭和17年12月)によれば、昭和17年の時点では、鶴巻時計店専務取締役、東神火災保険会社取締役である。日記に出てくる英工社というのは不明。

一古書肆の思い出 (4) (平凡社ライブラリー (271))

一古書肆の思い出 (4) (平凡社ライブラリー (271))

東京美術学校の小場恒吉に依頼した日比谷図書館の蔵書印

『上野直昭日記ーー東京芸術大学百年史東京美術学校篇第3巻別巻ーー』(ぎょうせい、平成9年3月)に都立日比谷図書館(現・千代田区立日比谷図書文化館)の蔵書印が出てきた。

(昭和二十一年)
六月十八日 (略)日比谷図書館伊沢万治来る。蔵書印の件也。小場をさがせどもあらず。金曜に再来を約して去る。(略)
(昭和二十二年)
五月一日 (略)小場再来。日比谷図書館の蔵書印を示す。
(昭和二十五年)
十月十六日 (略)小場来つて上野氏蔵の印をくれる。かねて頼んであつたものを作つてくれたので美しくできてゐる。うれし。あれこれに押して見る。

上野は東京美術学校の校長や後身の東京芸術大学の学長、小場は小場恒吉で両校教員。昭和25年10月16日の条中「小場」には、編者により「小場恒吉は篆刻家として知られていた」と注がある。
日比谷図書館は昭和20年の空襲で全焼し、敗戦後の24年仮館舎で閲覧を再開。『上野直昭日記』により、21年6月には新しい蔵書印の作成を進めていたことがわかる。なお、「蔵書印データベース」で日比谷図書館関係の印は4件ヒットする。

小村雪岱が初めて挿絵を描いた『をとめ』創刊号(千章館、大正5年1月)をゲット

今日も今日とて古本市へということで、2月8日京都古書会館の古本まつり初日に行ってきた。するとキクオ書店出品、1500円で『をとめ』(千章館、大正5年1月)を発見。絵葉書欠で全体的に状態は悪い。目次を見ると、江見水蔭「壮絶快絶/女子冒険 龍女虎女」が載っていたので購入。ちょうど東京から江見とかも好きそうな某氏が来てたのでお見せした。帰って調べてみると、むしろ小村雪岱のコレクターに重要な雑誌のようだ。表紙絵が雪岱で、長田幹彦「春の波」の挿絵も雪岱らしい。後者は、真田幸治『小村雪岱挿絵集』(幻戯書房、平成30年10月)によると確認できる限り雪岱初の挿絵だという。また、同号には千章館による新年の挨拶が載っている。

謹んで新年の御祝辞申上候
千章館
館主 堀尾成章
主筆 小林富三
社員(いろは順) 
   原田煕
   本多直次郎
   堀尾貞
   岡蕃
   大津つね子
   棚原宇謝
   安並泰助
   新井君之助
   道部順

この安並泰助が雪岱の本名であることは真田氏が「小村雪岱の知られざる雑誌表紙絵(10)をとめ(千章館)」『日本古書通信』平成30年6月号で指摘している。また、次号予告も面白い。長田「春の波」・江見「龍女虎女」・田村俊子「茂子の行末」・小林花眠「小鳩のやうに」・柳川春葉「綿帽子」・大津つね子「すがた」の続篇、泉鏡花後藤末雄小山内薫・佐々木信綱の小説、内藤千代子「女学生側面史」、森律子「生活日誌」、表紙は雪岱、口絵は清方、絵葉書は輝方、蕉園の合作、巻頭実写小説は「火中の白蓮」の予定。創刊号は明治新聞雑誌文庫香川大学図書館神原文庫*1が所蔵、『小村雪岱展:昭和のグラフィックデザイン』(ニューオータニ美術館、平成24年10月)には創刊号から1巻3号までの表紙絵(個人蔵)が掲載されている。となると、確認されている2号、3号より発行されていない可能性が高いが、4号を見つけてみたいものである。
追記:菊陽町図書館のホームページの「明治~昭和少女雑誌のご紹介」で『をとめ』の推定刊行数を4としている。

小村雪岱挿絵集

小村雪岱挿絵集

明治24年神保町に移転した高岡書店(現・コミック高岡)が3月末に閉店

神保町のコミック高岡が3月末に閉店とのこと。「まんたんウェブ」によれば、今はコミック専門店だが、高岡書店として明治20年代後半に開店し、100年以上の歴史を有するという。『出版文化人名辞典』4巻として復刻された後藤金寿編『全国書籍商総覧』(新聞之新聞社、昭和10年)を見ると、高岡本店の高岡安太郎として立項されていた。要約すると、

高岡本店 高岡安太郎[住所]神田区神保町1丁目5
元治元年11月 大垣市
明治10年 東京に出て書籍商を営む親戚の許で数年の修行
明治18年 麹町区三番町に高岡書店を創業。当初は古本商だったが英語に関する出版を始め予想外の成功を収める。
明治24年 現在地に移転。新刊書籍雑誌を販売するほか、理科及び数学等の参考書の出版を開始。
明治34年 この頃より出版に全力を傾倒し飛躍的発展をとげる。
明治35年 推薦されて東京書籍商組合評議員に就任し、その職にあること三十有五年に及ぶ。

明治18年という創業年には異説もあって、同辞典3巻で復刻された『現代出版業大鑑』(現代出版業大鑑刊行会、昭和10年)では明治13年とある。店名は『全国書籍商名簿』(東京書籍商組合事務所、明治40年)に「高岡書店」とあるので、「高岡本店」ではなく「高岡書店」が正しいようだ。国会図書館サーチで高岡書店を検索すると、明治22年に英語の読本を、明治33年以降化学・数学・物理学などの本を発行している。
まとめると、高岡書店は明治10年代に創業、明治24年に神保町に移転し、新刊書の販売や参考書の出版をしていたことになる。神保町に移転した明治24年から数えても128年の歴史を有する老舗の閉店である。

前衛画家前田藤四郎の喫茶エピナール

先月橋爪節也先生の講演「大大阪の時代と前衛絵画ーー前田藤四郎の場合」*1を聞いてきた。その中で前田が喫茶店を経営していたという話が出た。架蔵の大阪市立近代美術館建設準備室編『前田藤四郎ーー‘‘版’’に刻まれた昭和モダニズム』(東方出版、平成18年2月)の「年譜」を見ると、昭和8年の条に「12月大阪市東区(現・中央区)平野町に喫茶「エピナール」を開店」とあった。また、『碑ーー脇清吉の人と生活ーー』(脇清吉の碑をつくる会、昭和42年9月)の金田広一「飲み友だち脇さん」にも出てきた。

淡路町の会社の近くに、版画の前田藤四郎さんの奥さんがやってられた「喫茶エピナール」や、クリスチャンのおやじさんが「天は人に一業を授く、ヒラオカコーヒーオンリー」のスローガンをかかげてブラジル一本の「ヒラオカ」など、まだまだうまい喫茶店があった。

これは金田がカガシ化粧品本舗の広告部に入社した昭和12年のことで、脇とは喫茶店で「植物、動物の話、すまいの話、発明の話」をしたという。喫茶エピナールについて情報を集めていきたい。

*1:シンポジウム「〈具体〉再考」第3回「大阪と前衛美術」