神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

眞山青果と柳田國男のながーいお付き合い

f:id:jyunku:20200117185829j:plain
平成28年12月から翌年1月まで国文学研究資料館で「眞山青果旧蔵資料展ーーその人、その仕事ーー」が開催された。残念ながら実見できなかったが、青田寿美先生から冊子をいただいた。ありがとうございます。冊子の内容は、その後一部修正の上、『真山青果とは何者か?』(星槎グループ発行・文学通信発売)に「ビジュアルガイド」として収録された。そこには昭和19年の住所録が紹介されていて、尾崎久弥、喜多村緑郎木村毅菊池寛久米正雄小杉未醒、相馬御風、近松秋江徳田秋声長田幹彦、南木芳太郎、正宗白鳥三田村鳶魚溝口健二森銑三森田草平山本有三といった名前が挙がっている。
さて、『柳田國男全集』別巻1の年譜を見てたら、眞山青果の名前を発見。

(大正一五年)
八月二日 東北大学で「義経記から清悦物語まで」を講演したあと、松島に滞在中の真山青果を訪ねる。(略)

柳田は、この時は伊能嘉矩(大正14年没)の追悼式・追悼講演会のため東北へ出かけていた。年譜によれば青果を訪ねているが、前記住所録で例示されている人名には柳田は含まれていなかった。二人には共通の知人が複数いて、田山花袋小栗風葉国木田独歩らである。明治時代から二人に面識があったと思われるが、具体的に二人が会った時期は確認できない。しかし、今日が真の誕生日らしい伊藤整の『日本文壇史』12巻には、次のような記述がある。

夜になってから、花袋たち文学者の仲間が、茅ヶ崎の海と反対側の鉄道線路を越えた六本松の焼場で独歩の遺骸を焼いた。その夜茅ヶ崎館に泊ったのは、中沢臨川柳田国男、吉江孤雁、沼波瓊音小栗風葉真山青果などであったが、田山花袋の目にはそのときも風葉や青果の態度が不真面目で妙にしつっこいものに見えた。彼は腹を立てて青果と言い争いをし、柳田国男中沢臨川にたしなめられた。

これは独歩の亡くなった明治41年6月23日の翌日の出来事である。これが正しければ、青果と柳田は遅くともこの時出会っていることになる。
ところが、柳田の年譜によれば、

(明治四一年)
六月二三日 川内白浜の高瀬屋に泊まり、独歩の死を伝える花袋からの電報を受け取る。(略)
六月二四日 伊集院あたりを歩く。
六月二九日 鹿児島に戻り、再び明治館に投宿する。

柳田はこの時期は、「産業に関する法制上の資料調査」のため九州に出張中であった。年譜に記載はないが、花袋からの電報を見て茅ヶ崎に向かったのだろうか。黒岩比佐子さんが生きておられたら直ぐに分かるのだろうが、もう少し調べてみようか。なお、柳田が青果の作品を読んでいたことは、明治41年5月10日読売新聞の「文芸雑談」で青果の「南小泉村」(『新潮』明治40年5月号)を「兎に角面白い作だ」とほめているので間違いない。
参考:「『真山青果とは何者か?』(星槎グループ)を読んでみた。 - 神保町系オタオタ日記
   「吉野作造の旧友としての真山青果ーー野村喬『評傳眞山靑果』への補足ーー - 神保町系オタオタ日記

敗戦後に藤澤親雄『世紀の預言』を読む国学之徒の小原角男とは

f:id:jyunku:20200116194201j:plain
藤澤親雄『世紀の預言』(偕成社昭和17年3月初版・同年7月再販)は、社会人になってからどこかの均一台で見つけたと思う。いわゆるトンデモ本で、偽史とされる契丹古伝、竹内文献、上記、九鬼文献、ムー大陸説などを駆使している。竹内文献については、天津教事件の関係で名前を出すと発禁になるおそれがあったと思われ、「或る太古史の文献」などと具体名を伏せている。しかし、家蔵の本には「竹内文献」との書き込みがあった。
f:id:jyunku:20200116194459j:plain
この旧蔵者は蔵書印から、小原角男という人とわかる。書き込みから昭和21年9月4日に入手又は読み始め、同月11日に読了している。「国学之徒」との書き込みもあった。
f:id:jyunku:20200116194520j:plain
調べて見たが、小原という人物の経歴は不詳であった。敗戦後、猫も杓子も民主主義やマルクス主義を持てはやしていた時期に、藤澤親雄の本を読み、国学之徒と称する小原。その後、どのような人生を歩んだだろうか。

仏教者としての三角寛と浄土真宗本願寺派最乗寺住職の大原寂雲

f:id:jyunku:20200115192529j:plain
昭和60年10月号から平成22年10月号まで300冊刊行された『彷書月刊』という本好きの人向けの雑誌があった。全冊蒐集しようとする人も多いようだが、特集形式なので先ずは総目次の付いた最後の2冊を入手して、それを見て自分の関心のある特集号だけ集めておけばよいだろう。一時期復刊するとの話があったが、まだ具体的な動きはないようだ。平成21年12月号は南陀楼綾繁氏の連載「ぼくの書サイ徘徊録」100回記念で、氏の企画による特集「ミニコミの設計図」であった。この号だったか、南陀楼氏から寄稿を頼まれたが断ってしまった。その節は失礼しました。あらためて執筆メンバーを見ると、豪華な面々でここに「神保町のオタ」が並んでいたかもしれないと思うと、感慨深い。
さて、昨年末三密堂の100円均一台で『ブディストマガジン』5巻3号(ブディスト・マガジン刊行会、昭和29年3月)なる雑誌を発見。西本願寺教学部が出してる雑誌のようだ。
f:id:jyunku:20200115193510j:plain
目次を見ると、三角寛「所生の母」が載っていたので購入。『彷書月刊平成23年3月号特集「没後三〇年・三角寛の世界」所収の「三角寛略年譜」を見ると、昭和26年娘の寛子が山下大四郎と結婚、映画館人世坐(23年開館)に続いて、27年弁天座を開館していた時期に当たる。記事は、昭和21年5月母の死んだ夢を見た後、母が危篤という電報が来たという話から始まる。続いて亡くなったという電報も来て、何とか切符を確保し寛子を連れて大分へ帰郷。一刻も早く母の「死に顔」に対面したいと願った三角だが、既に兄により火葬にされていた。母親も「死に顔は見せんでもいい、骨だけ大谷に納めてくれ」と言っていたという。寛子の『父・三角寛 サンカ小説家の素顔』(現代書館、平成10年9月)によれば、祖母(三角の母)タズは、昭和21年88歳で亡くなっている。
寛子著によると、三角は12歳の時*1にタズの判断で最乗寺(浄土真宗本願寺派)の大原寂雲に預けられ、お経、漢詩、『論語』を習ったという。この大原だが、井上円了の『南船北馬集』第2編「大分県紀行」明治40年5月19日の条に出てきて、「哲学館出身」とある。大正7年版『東洋大学一覧』を見ると、得業生として大原の名前がある。住所は大分県大野郡田中村(現・豊後大野市大野町田中)である。確かに大原という住職は存在したことになる。
昭和12年9月歌舞伎座で上演された三角寛原作『山窩の女』 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したように、三角は『日本仏教人名辞典』に立項されている。しかし、三角は「ひとのみち」(PL教団の前身)の信者だったし、寛子は「祖母に比べ、寺で育ったのに、父は少しも信心深くなかった」と書いている。また、前記『彷書月刊』のインタビューで寛子の夫三浦大四郎は、戦後三角が作った宗教法人について、ペーパー法人で「宗教法人だと税金がかからないですし、それが一番大きかったんじゃないですか」と述べている。この宗教法人、「孝養山母念寺」という。「母念」という名称は、亡くなった母タズへの三角の思いを込めたものだろう。タズの法名は「願力院釋尼慈声」であった。

*1:筒井功『サンカの真実 三角寛の虚構』(文春新書、平成18年10月)は大正3年満10歳の時らしいとしている。

研究者の皆様、公職追放と教職追放の違いには御注意!ーー大串兎代夫と石塚尊俊の事例からーー

f:id:jyunku:20200112182826j:plain
最近読んだ本で公職追放の時期の誤りや公職追放と教職追放を混同しているのではないかと思われる事例があった。
1つ目は、國學院大學研究開発推進センター編・阪本是丸責任編集『昭和前期の神道と社会』(弘文堂)の宮本誉士「大串兎代夫の帝国憲法第三十一条解釈と御稜威論」で、大串の経歴中「昭和二十年公職追放」とある点。昭和20年に於ける公職追放特高関係だけで、一般的追放は昭和21年以降である。『公職追放に関する覚書該当者名簿』によれば、大串の該当事由は「大日本言論報国会理事著書」。大串と同じく同会理事を理由として公職追放となった市川房枝の場合は22年の追放とされている。20年の段階で公職追放や教職追放を見込んで、國學院大學教授を辞職したという可能性はあるが、再度追放の時期を精査した方がよいだろう*1
もう1つは、『柳田國男全集』別巻1年譜昭和21年6月15日の条で、「公職追放されたことを伝える石塚尊俊からの便りに返事を書き」とある点。しかし、石塚の名前は『公職追放に関する覚書該当者名簿』にはない。一方、國學院大學のホームページ「戦後の苦難と新生國學院[学問の道]」によると、昭和21年國學院大學神道部の卒業者は教職追放となったとあるが、石塚は同部卒である。石塚の書簡に「公職追放」と書かれていたのであろうが、教職追放が正しいと思われる。以上、出典に公職追放とあっても、教職追放と混同されていると思われる場合があるので、研究者の皆様は気を付けましょう。
なお、大串や市川のようなメディア関係者・文化人だけに限られるが、『公職追放に関する覚書該当者名簿』の原本を見なくても、トム・リバーフィールド氏が『二級河川』17号(金腐川宴游会、平成29年4月)に「『公職追放に関する覚書該当者名簿』のメディア関係者・文化人五十音順索引」をまとめていて便利である。「「『公職追放に関する覚書該当者名簿』のメディア関係者・文化人五十音順索引」が完成 - 神保町系オタオタ日記」参照。

*1:「大串の履歴については、「大串兎代夫先生の略歴・主要業績」(『憲法研究』第一〇号、昭和四十九年)等参照」とある。

慶應義塾図書館の國分剛二と柳田國男の関係

f:id:jyunku:20200109182732j:plain
『荘内』6号(荘内社、昭和13年7月)が手元にある。発行兼編輯人は斎藤恵太郎、荘内社は東京市芝区に所在。常田書店の300円を100円に下げた値札が貼ってあるので、西部古書会館で買ったのだろう。目次を挙げておこう。
f:id:jyunku:20200109182751j:plain
柳田國男や國分剛二が書いているので、買ったようだ。柳田の「酒田節」の末尾には、「東京朝日 昭和十三・五・十六・七」とあり、「酒田の高野浜は弘法大師が上陸したといふ伝説がある。/(國分生附記)」が付記されている。「酒田節」は『民謡覚書』(創元社昭和15年5月)に収録されている。同書を含む『柳田國男全集』11巻の解題は『荘内』への再録に言及していない。國分の「荘内藩~」も末尾に「(民謡研究二の三)」とあるので、再録のようだ。
國分と柳田の関係だが、『柳田國男全集』別巻1の年譜に國分の名前を発見した。

(昭和一六年)
三月一二日 山形の戸川安章に、「羽州羽黒山中興覚書」を載せた青年団の団報の『神苑』第一号を慶応大学図書館の国分剛二から見せてもらったが、読ませたい仏教史家が二人いるので余分があったら送ってほしいと葉書を書く。仏教史家とは、堀一郎五来重のことであった。(略)

慶應義塾図書館の國分については、
・「慶應義塾の“図書館内乱” - 神保町系オタオタ日記
・「慶應義塾図書館の国分剛二と三田村鳶魚 - 神保町系オタオタ日記
・「慶應義塾図書館の国分剛二と森銑三 - 神保町系オタオタ日記
などで言及したことがある。ネットでも読める『慶應義塾図書館史』によると、明治25年鶴岡生まれ、大正8年雇員として就職後、13年事務員に昇格している。三村竹清三田村鳶魚森銑三の日記に登場する國分だが、柳田の年譜でも確認できたことになる。ちなみに、例の『昭和前期蒐書家リスト』には、國分、柳田、三村、三田村、森の全員が登場している。恐るべし。
國分と柳田がいつから交流があったのかは不詳。柳田は前記年譜によると大正13年4月から昭和4年3月まで慶應義塾大学文学部講師だったので、その間に知り合ったのだろう。その後、柳田の「絵姿女房説話ーー昔話新釈の五」『旅と伝説』3年9号,昭和5年9月中で國分から報じられた出羽の黒川村に伝わる瓜子姫説話を紹介している。國分については、石井敦編著『簡約日本図書館先賢事典:未定稿』(石井敦、平成7年3月)に立項されていたが、めでたくも最近の日本図書館文化史研究会編『図書館人物事典』(日外アソシエーツ、平成29年9月)にも収録された。

二人の蒐集家赤星五郎(赤星鉄馬の弟)と赤星陸治を繋ぐ柳田國男

f:id:jyunku:20200107195935j:plain
『昭和前期蒐書家リスト』がだいぶ出回ってきたようだ。研究者や好事家の皆様、一家に一冊必要ですよ。今回も、このリストを使って見よう。赤星五郎(蒐集分野:陶器に関するもの殊に朝鮮の焼物)と赤星陸治(蒐集分野:和歌、武道)という二人の赤星が載っている。赤星五郎は、大正7年学術財団啓明会に創設資金を提供した赤星鉄馬の弟である。『昭和人名辞典』2巻から要約すると、

赤星五郎
千代田火災常務、昭和タンカー・千歳火災海上保険各(株)取締、成歓農場(資)・成長里牧場(名)各代表
鹿児島県士族弥之助五男、明治30年2月生
大正11年慶大法学部卒業後、泰昌銀行取締、千代田火災監査

五郎の兄鉄馬と啓明会については、最近与那原恵『赤星鉄馬 消えた富豪』(中央公論新社、令和元年11月)が刊行されたので、是非読んでいただきたい。同書によると、成歓農場は大正4年鉄馬が朝鮮に創設した農場である。また、朝鮮陶磁器を愛した五郎の述懐が載っている。

(略)
やきものについては、大正の終わりごろ、青山民吉[美術評論家民芸運動の同伴者。弟が美術評論家で骨董蒐集家の青山二郎]君と同行し、京城で浅川伯教さんにお眼にかかったのが縁のはじめであった。(略)亡父の数多い道具の処理に手を焼いていた母から、私たちの骨董癖をつよく戒めてきた。
(略)(赤星五郎・中丸平一郎『朝鮮のやきもの 李朝』)

[ ]内は、与那原氏による注

「亡父の数多い道具」とは、父弥之助が蒐集した茶道具で、大正6年入札会が開かれ、その入札金の一部が、啓明会の創設資金となった。与那原著によると、五郎の朝鮮陶磁器コレクションのほとんどは、安宅コレクション(安宅英一)に帰したという。
一方、赤星陸治の経歴は、「人事興信録データベース」(昭和3年版)によると、

赤星陸治
三菱(資)参与・地所部長
明治7年1月生、熊本県八代郡の旧家下山群太の二男
同県士族赤星家の養子となり、35年家督相続。34年東京帝国大学法科大学政治科卒業後、三菱合資会社入社
長男平馬(明治39年11月生)

与那原著によれば、鉄馬の鹿児島の赤星家は熊本の赤星家と繋がる可能性が高いとしている。そうすると、鉄馬や五郎にとって、陸治の赤星家は本家筋に当たるのかもしれない。
ここで、もう一人『昭和前期蒐書家リスト』に名前がある蒐集家に登場してもらおう。柳田國男である。柳田は鉄馬から資金を援助してもらったことがある。最初は大正3年『甲寅叢書』刊行に際してである。その後、与那原著によると、啓明会の第1回研究助成では「奥羽民間伝承の蒐集」で申請したが不採用となり、テーマを変更して昭和11年「日本民俗語彙の編集刊行」が採用された。民俗学者として著名な柳田だが、文学全集にもしばしば収録されている。次女千枝(大正元年9月生)も柳田の文才の血を受けたか、柳井統子名義の「父」(『早稲田文学昭和15年12月号)で芥川賞候補となる。しかし、17年2月敗血症で亡くなってしまう。夫の名前は、赤星平馬といった。

赤星鉄馬 消えた富豪 (単行本)

赤星鉄馬 消えた富豪 (単行本)

大正2年鴎外が高橋箒庵に語った喜劇談

f:id:jyunku:20200105181708j:plain
漱石や鴎外の全集未収録の逸文が発見されたというニュースが続く。随時追加されている国会図書館サーチや「ざっさくプラス」でも、本名や一時期使っていた別号も含めて丹念に検索すれば、文豪や評論家等の逸文を見つけられるかもしれない。もっとも、漱石や鴎外クラスでは難しいだろうけども。
さて、今回は逸文ではなく、苦木虎雄*1『鴎外研究年表』(鴎出版、平成8年6月)に記載されていない鴎外の事績について。これまた高橋箒庵(本名義雄)の日記『萬象録』巻1(思文閣出版、昭和61年9月)から。

(大正二年)
六月十五日 晴/寒暖計七十度
[森鴎外博士の喜劇談]
午前森鴎外氏来宅、過日福澤の演芸会にて氏に面会の時、余が考案中の喜劇に就き氏の批評を乞ひたしと言ひければ今日約を履んで来り、我一行[ママ]物と題する著書一冊を贈らる。余は内田山掛物揃並に清元隅田川の版本を贈れり。氏の説に、近頃拙者も或る人より喜劇の注文を受けたるが、聞く所に依れば彼の曽我廼家の五郎なる者は喜劇に就き一種の天才あり、大体の筋を咄して彼等の為すに任すれば自然一般人を喜ばすべき喜劇を舞台に表はし得る由、一度試験したらば面白からん云々。

研究年表には、鴎外の日記を転載した次の記述しかない。

(大正二年)
六月十五日(日) 半陰。午前に、高橋義雄を溜池の仮寓に訪ねる。午後、賀古の家で、常磐会が開かれる。

詳細年譜を作ろうと思ったら、日時も会った相手も分かっているので相手の日記も確認すべきと思うが、その点は物足りない。なお、文京区立森鴎外記念館で13日(月・祝)まで「荷風生誕140年・没後60年記念 永井荷風と鴎外」展を開催中。
追記:鴎出版編集室編『鴎外全集刊行会版『鴎外全集』資料集』(鴎出版、平成21年10月)によれば、『鴎外全集月報』16号(昭和6年11月)に高橋箒庵「森鴎外」掲載。

*1:平成10年没