神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

平安神宮の古本まつりで東寺済世会病院長小林参三郎夫人の小林信子宛絵葉書を掘り出すーー『静坐』(静坐社)の総目次を期待ーー

f:id:jyunku:20210622193713j:plain
 19日(土)から始まった平安神宮の古本まつりも明日(水)までとなりました。おかげさまで色々掘り出し物がありました。初日シルヴァン書房の寸葉さんの所は、常連客で混み合っていた。というのも、常連客には案内状が発送されていたからである。初めてのイベントなので、案内状が来なければ、遠方でネットも見ない人は開催を知らなかっただろう。その点、さすが寸葉さんこと矢原さんは抜かりがない。
 さて、今回紹介するのは、寸葉さんから入手した静坐社の創立者小林信子宛の絵葉書である。静坐社については、平成28年5月の京都新聞にも出て、「京阪書房で小林参三郎『生命の神秘』を買ったら『京都新聞』に「静坐社」の記事が - 神保町系オタオタ日記」で紹介したことがある。信子の夫は、東寺内の済世会病院で治療に岡田式静坐法を取り入れた小林参三郎院長である。夫の死後の昭和2年に静坐社を創立している。その静坐社の資料群は、末木文美士先生、吉永進一さん、栗田英彦先生の尽力により散逸を免れ、国際日本文化研究所に所蔵されている。
 入手した絵葉書の消印は不鮮明だが、大正9年10月の第1回国勢調査紀年の切手が使われ、裏面が「大正十年日曜表」なので、大正10年初頭の発信だろう。発信者は、銀座の志村保子。文面がよくわからない(^_^;)自分はまだ床についているが、追々快方に向かいそうなので、心配御無用とあるのは分かった。小林夫人宛の葉書が古書市場に出たとすると、岡田虎二郎や静坐社の関係者からの書簡も出回っているのだろうか。
 日文研には、静坐社の機関誌『静坐』(昭和2年3月創刊)のほぼ完全なコレクションが存在する。「岡村敬二先生がブログで大連静坐会について言及 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したように、既に岡村敬二先生が利用されている。せっかくの貴重な資料も、利用されなければ意味がない。そのためにも、総目次の作成が期待されるところである*1

大阪古書会館で武田五一邸や木島櫻谷邸の作庭をした植重(佐野庭園工藝所)のカタログーー庭師佐野榮太郎の世界ーー

f:id:jyunku:20210621175358j:plain
 今月も無事開催された大阪古書会館の「たにまち月いち古書即売会」。18日の初日に行ってきました。シルヴァン書房は19日からの平安神宮の古本まつりにも参加するためか、出品のメインが100円均一の文庫であった。もう文庫・新書は見ないことにしているので、うーむと思った。しかし、棚の上に何やら雑誌・冊子類が置いてある。これが、中々安くいいものであった。
 今回紹介するのは、京都の北野神社鳥居前にあった植重こと佐野庭園工藝所(創業天和2年)のカタログ(植重造園栞)である。奥付がなく、発行年は不明。昭和初期か。30頁ほどの冊子で800円。庭園には興味はないが、最近京都産業大学ギャラリーで「京都の庭を守ったひとたちーー森蘊と法金剛院」を観たところなのでパラパラと中を確認すると、『庭園の設計施工案内』というリーフレットが挟まっていた。「弊所の近年設計施工せし庭園」という表が載っている。
f:id:jyunku:20210621175453j:plain
 「木島櫻谷氏邸」、「武田五一氏邸」、「故富岡鐵齊[ママ]氏邸」や「都路華香氏邸」などが出ている。櫻谷邸は特別公開されていて*1、拙ブログの読者には見学に行った人もいるだろう。残念ながら、私はまだ見ていない。錚々たる人達の作庭をしていることがわかり、買ってみました。表紙のタイトルが読めなかったが、Twitterで「ヲガクズ」氏(@wogakuzu)や「かみとすみ」氏(@kami_to_sumi)の御教示をいただき、「間蓬」かと思われます*2。ありがとうございました。本書は、国会図書館サーチや「日本の古本屋」ではヒットしない。また、佐野については、ググると若干の情報があるも、詳しくは要調査である。
f:id:jyunku:20210621175430j:plain

*1:コロナ禍のため、春の公開は中止された。秋の公開は、「公益財団法人 櫻谷文庫 - 公益財団法人 櫻谷文庫(旧木島櫻谷家住宅)」参照

*2:「蓬」(U+84EC) | 篆書字体データセット」参照

平安神宮の古本まつりで買った本ーー京都で静岡市清水区の古本屋に出会うーー

f:id:jyunku:20210620065006j:plain
 京都では、夏に下鴨神社、秋に知恩寺の青空古本まつりが開催される。これらと春のみやこめっせの古本まつりを併せて、「京の三大古本まつり」と呼ばれている。ところが、コロナ禍のせいでみやこめっせは2年連続、下鴨は昨年中止になった。こうした古本界の危機的な状況の中、古書店の有志が立ち上がり、文化庁地域文化創生本部の協力も得て、平安神宮の英断で大極殿前の境内で昨日から古本まつりが開催されている。
 早速、初日の古本まつりへ行ってきました。雨なので開会時は人出も少なかったが、おいおい賑わってきた。一般の古書はもちろん、和本、レコード、絵葉書、児童書、料理書、図録など幅広いジャンルが揃った広く深い品揃えであった。
 写真の4冊を購入。表紙に「走井」とあるのは、橋本関一『逢坂走井由縁記』(昭和7年)。関一は、銀閣寺前に記念館がある橋本関雪の本名ですね。地元京都らしい本を拾えた。
 『鈴菜遺稿』(大正13年)は、三越呉服店京都支店新美術部主任で『みつこしタイムス』編集主任を務めた北村直次郎の遺稿集。資料的価値が非情に高い本であった。これら2冊は和本1冊500円の中に埋もれていた。何が出てくるか分からないのが、古本まつりの醍醐味ですね。
 『永安』7号(昭和6年)という撫順永安尋常小学校の校内誌。元版ではなく、復刻版(昭和59年)。図書室の蔵書目録が載っていて、面白そうなので買ってみた。これと『大震災霊験談』第1集(天理教東京教務支庁救護団、大正12年)と併せて300円。
f:id:jyunku:20210620071233j:plain
 今回の古本まつりには、関西の古書店のほか、石川県、三重県岡山県静岡県古書店が参加している。静岡県の太一は、何と私の出身地である清水の店であった。本をそっちのけで、清水の話をしてしまった。まさか京都の古本まつりで故郷の古書店に出会えるとは。皆さんも、驚きの本や人との出会いがあるかもしれないのでぜひのぞいてください。今日(20日)は15時までなので早めに行きましょう。23日(水)まで。
f:id:jyunku:20210618201720j:plain

たにまち月いち古書即売会で買った本ーー明日からは平安神宮で古本まつりも(*_*)ーー

f:id:jyunku:20210618191850j:plain
 今日はたにまち月いち古書即売会の初日。開場前の行列が賑わっていた。20日(日)まで開催。いつも通り古本横丁から廻る。いつものメンバーではない人が多かった。激戦区となって、1冊だけ購入。シルヴァン書房は明日から平安神宮での古本まつりにも参加するので、100円均一文庫が中心。私は文庫・新書は見ないので残念と思ったら、棚の上に積んだ雑誌・冊子が安く良さげなものが多かった。6冊購入。『遊子』10聲(遊子会、明治36年12月)は初めて見る雑誌で、要調査。
 明日から23日(水)まで、平安神宮で古本まつり(18店参加)開催。19日(土)・20日(日)は15時までに変更されているので注意。
f:id:jyunku:20210618201719j:plain

名古屋古書会館で見つけた『郷土文化』無住国師・蓑虫山人研究号ーー望月昭秀・田附勝『蓑虫放浪』(国書刊行会)刊行ーー

f:id:jyunku:20210617191613j:plain
 名古屋古書会館には、何年も行っていない。そろそろ行きたいと思っていたら、昨年からのコロナ禍で度々中止になっているので、しばらくは無理そうである。本日紹介する『郷土文化』4巻2号(郷土文化会、昭和24年3月)は、その名古屋古書会館で入手したものである。目次を挙げておく。
f:id:jyunku:20210617204627j:plain
 発行所の郷土文化会は、市立名古屋図書館内に所在し、編集兼発行者は伊藤亮三。
 蓑虫山人(本名・土岐源吾)については、Wikipediaを見られたい。私は、秋田県立博物館の常設展で名前を覚えたと思う。今も解説文を持っている。
f:id:jyunku:20210617194105j:plain
 天保7年生まれ、全国を放浪した画家、好古家で、奇人でもあった。名前の通り、笈(折り畳みできる庵)を背負っていた。晩年岐阜県志段見では、すべて竹で作った庵(虫籠だ)に住んだ。もっとも著名な事績は、明治20年の亀ヶ岡遺跡の発掘で、親しかった神田孝平を通して『東京人類学会雑誌』に紹介されている。
 昨年10月には望月昭秀(文)・田附勝(写真)『蓑虫放浪』(国書刊行会)が刊行された。関係者へのインタビュー、蓑虫が描いた絵日記・屏風・掛軸、関係資料の写真が満載で楽しめる一冊となっている。
 なお、京都新聞の前身日出新聞は蓑虫山人に注目していたようだ。『郷土文化』の太田三郎「土岐蓑虫伝」は同紙明治29年8月29日掲載の苦楽道人「漫遊略記(七)」を引用している。また、『蓑虫放浪』260頁には、次のようにある。

 日付ははっきりとはわからないが、志段見山中に滞在していた頃*1、蓑虫は京都日出新聞(京都新聞の前身)誌[ママ]上で苦楽道人という人物と対談している。(略)

*1:籠庵を志段見に移したのは、明治30年11月

三重県志摩地方民俗総合調査団長の和歌森太郎から国文学者川口久雄宛の年賀状

f:id:jyunku:20210616143228j:plain
 何年か前に、金沢大学名誉教授の国文学者川口久雄宛の書簡が出回った。「日本の古本屋」の記録を見ると、加藤楸邨吉田精一吉川幸次郎らからの葉書や江藤淳神田喜一郎からの書簡が売り切れている。当時私も寸葉さんから東京教育大学文学部教授だった和歌森太郎からの年賀状(昭和39年)を入手している*1。印刷なので、安く200円。
 文面は、前年の「三重県志摩地帯の民俗と歴史を探る旅」に言及し、「日本民族形成にあずかった海人族のことを更に考えたい」としている。これは、昭和38年に実施された「三重県志摩地方民俗総合調査」で、和歌森が団長、幹事長は竹田旦であった。報告書は、『志摩の民俗』(吉川弘文館、昭和40年3月)として刊行されている。
 和歌森は昭和14年3月東京文理科大学史学科国史学専攻卒、川口は12年3月同大学史学科国語学国文学専攻卒。学生時代から親しかったのだろうか。

*1:別途、弘文荘の反町茂雄からの年賀状(昭和30年)も所蔵している。

『白樺』同人で『台湾土俗誌』著者小泉鉄の晩年ーー中央公論社編集者三沢澄子宛書簡からーー

f:id:jyunku:20210614201218j:plain
 『白樺』同人だった小泉鉄の書簡を70通ほど持っている。3年前に文庫櫂から購入。貧乏なわしには、やや高額であった。すべて中央公論社の編集者だった三沢澄子宛である。昭和20年8月(推定)から亡くなる年の29年3月までで、晩年の様子がある程度うかがえるものである。兄の小泉丹はWikipediaに立項されているが、弟の鉄は立項されていないので『日本近代文学大事典』から要約しておこう。

小泉鉄 こいずみまがね 明治19年12月1日~昭和29年12月28日
小説家、翻訳家。福島県出身。一高卒業、東大哲学科中退。白樺同人に加わり、翻訳、感想、小説、戯曲、詩、美術紹介、評論を精力的に発表し、大正中期より編集を行う。昭和に入って『蕃郷風物誌[ママ]』(建設社、昭和7年5月)刊行、晩年、不遇のうちに死去。(町田栄)

 何通か紹介しておこう。昭和20年8月発信と思われる「アジア復興レオナルド・ダ・ヴィンチ展覧会」の絵葉書*1。文面に「今日の日の遂に来たりぬ」や「天皇(ルビ:すめらぎ)の仰せ給ひし」とあるので、玉音放送の直後に書いたものか。この頃は、札幌市に疎開していたようだ。
f:id:jyunku:20210614201251j:plain
 昭和29年3月25日付け書簡は、藤沢市信楽病院から発信されている。「ここに来て三年になる」とあるので、26年から入院していた。体調が良くなったようで、4月から「上野図書館内に私の為めに一部屋勉強室をつくってくれる*2ので、そこで好きな時いって、本をよまう」とある。「恰度三十年前に生蕃相手に台湾にいった時のような張りきり方です」ともある。
 しかし、おそらくは上野図書館に通えなかっただろう。鉄はその年の12月死去。書簡群の中には、小泉洸*3からの父親の葬儀は近親者のみで行った旨の案内葉書も入っていた。『白樺』同人で在野の人類学者として『蕃郷風物記』や『台湾土俗誌』(建設社、昭和8年9月)の著作のあった鉄の晩年が本当に「不遇」であったのか、書簡で解明できるかもしれない。

*1:昭和17年アジア復興レオナルド・ダ・ヴィンチ展を観た人達ーー高良とみの長女や『情報と謀略』の春日井邦夫氏も観ていたーー - 神保町系オタオタ日記」参照

*2:別の書簡には、友達が上野図書館に本を読む特別室をつくってくれるとも書いているので、同図書館の幹部に友達がいたか。

*3:金関丈夫は「小泉鉄」『孤燈の夢』法政大学出版局,昭和54年9月で、「彼は生涯独身」と書いているが、息子がいたことになる。