神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

 [トンデモ][柳田國男]国際政経学会の増田正雄は昭和34年まで生存していた

高校の日本史で習った「西原借款」を覚えているだろうか。大正期中華民国に対する借款を担当した西原だが、その日記『西原亀三日記』(京都女子大学、昭和58年2月)が山本四郎編で刊行されている。巻末の「主要人名・事項索引」を先に見ると、面白そうな人物は内田良平ぐらいであった。一応本文を読んでいるが、索引では黙殺された増田正雄が出てきた。

(大正十一年十二月)
九日 (略)
神戸に増田正雄氏の来訪を受く
二十四日 清(ママ)養軒に増田正雄氏を訪ひ天小町にて昼餐の饗を受け近況を談し(略)
(大正十二年一月)
六日(土) 本日午后壱時より生の知人の為に催されたる顔世清氏の支那公使館に於ける書画展観に半日を楽めり。會するもの
 田中大将、勝田前蔵相、山根男、福原男、池田男、徳富蘇峰、原田金之助、清水釘吉、樺山資英、川村従(カ)蔵、永井平蔵、増田正雄、石井光雄、入沢達吉博士、高橋大華等の諸氏
二十二日 午前十時田中大将邸に水野子爵・福原男爵・増田正雄君と落合ひ、前日會合の情勢と将来の方策に関し凝談し昼餐を共にして祝杯を擧く
(大正十四年七月)
十八日 午后二時神戸着、増田正雄君、鮮銀藤巻君の出迎を受け(略)
午后七時より大阪商業會議所に於ける日露協會主催の講演に臨む。約弐時間半支那の将来に関し時局談をなす

( )内は編者による。「カ」は「西原の書体は特異のものであり、決定しかねるもの」

複数回登場していても「主要人名・事項索引」から省いてもいいが、同時に登場する重要な人名との関係で増田は索引に挙げておくべきであろう。この増田が実業家で柳田國男と交流があり、国際政経学会常務理事を務めた国家主義者の増田に同定できる確証はないが、おそらく同一人物だろう。
ところで、増田正雄でググったらヤフオクに『神日本』の中里義美宛増田正雄書簡が出ていた。昭和34年5月14日の消印で神奈川県高座郡寒川町の皆川病院内から投函されていた。増田は昭和34年の時点でまだ健在だったのだ。
(参考)「[国際政経学会常務理事増田正雄の正体 - 神保町系オタオタ日記」、「結城禮一郎と柳田國男 - 神保町系オタオタ日記」、「国際政経学会常務理事増田正雄の敗戦前後 - 神保町系オタオタ日記

三田村鳶魚と井上正鉄の禊教

朝倉治彦編『鳶魚江戸学:座談集』(中央公論社、平成10年12月)の「鳶魚と早稲田」に禊教が出てきた。

朝倉 戦後、戦争中からはじまって戦後まで、偏無為という人の研究をずっとやっている。菊池先生ご存じありませんか。
菊池(明) 私は知りません。禊教(ルビ:みそぎきょう)の関係の手控えはものすごくありますね。先生は和紙に毛筆で一枚一枚書いて、ある程度集まりますと、私がお使いで神田の製本屋池上幸二郎さんのところへ製本に持っていくんです。出来上って届けると、いやあ、君、出来た、出来たといってほんとうにうれしそうな顔でした。(略)それは演劇博物館に収まっています。晩年はそういう方面の研究に熱心で、亡くなる直前、教祖井上正鉄(ルビ:まさかね)の肖像画を持ってきてくれといわれまして、東京から山梨の下部まで運んだことがありますよ。

また、同書の「鳶魚の思想と学問」には、

朝倉 三田村さんは寛永寺の坊さんになりましたが、その宗派だけに満足できないで、禅宗などほかのいろいろな宗教の研究もはじめます。江戸文化の研究のまん中くらいから、半分は神道大成経の研究に没頭している感じです。日記では静坐調息もやっているんですよ。とおかみ講ですね。井上正鉄禊教です。教団があちこちにあって、自分もときどき出かけていってやっています。(略)

三田村鳶魚は江戸学だけの人ではなかった(*_*)

鳶魚江戸学 座談集

鳶魚江戸学 座談集

阪神百貨店夏の古書ノ市で見つけた板祐生の『杏青帖』

f:id:jyunku:20190819175918j:plain
梅田の阪神百貨店で明日まで夏の古書ノ市が開催中。まだ行っていない方は是非どうぞ。場所柄白っぽい綺麗な本が多いが、2年前にやや古い冊子を拾った。板祐生『杏青帖』(昭和24年9月)、非売品、8頁。矢野書房出品で500円。祐生は孔版画家で、鳥取祐生出会いの館がある。是非行きたいと思っている記念館の一つである。
廣澤虔一郎編・著『美神に心奪われてーー南部町が生んだ孔版画家・板祐生』(今井出版、平成28年2月)という本がある。著者は京大法学部卒業後山陰合同銀行に勤務し、退職後執筆活動を行っている人である。同書によれば、

祐生の長年の念願は、孔版で蔵書票をつくることであった。一つの試みとしてやってみたい、という試みに興味を抱いた九州の元満亥之助の後援と、五十名の人々の賛同を得て、昭和二十四年に「板祐生孔版蔵書票の会」ができた。
蔵書票のデザインは申し込み者の希望をできるだけ尊重して制作し、題箋の「杏青帖*1」は祐生が添えるが、張り込み帖そのものは思い思いに作成して貰うという約束があった。
(略)祐生の思いは、鉄筆を捨て、すべて切抜き技法で作り上げた蔵書票五十人集に凝縮され、『杏青帖』として完成をみたのである。

私が拾った冊子と同題の蔵書票集があったのだ。どういうものかは、ネット上の「Web謄写印刷館」中の「板祐生の世界」の「祐生研究」の稲田セツ子「板祐生ーー人とコレクション」の「10切りぬき技法の頂点「蔵書票」と「絵暦」」に写真が出ているので見られたい。
本冊子と蔵書票集の関係だが、冊子中に

添付冊子はお見かけの通り縮少[ママ]しましたが、貼込帖は適宜お作り願ふこととして、その題箋の「杏青帖」を添へました。杏青帖とは私の孔版蔵書票の名□て、杏の青さでは食べようがないといふ意[。]勉強して朱黄に熟する日を念ずる積で杏朱帖になる日をお後援によって得たいものとおもひます。

とあるので、蔵書票集に添付して送ったようだ。冊子には50人の「祐生孔版蔵蔵書票の会会員芳名」が載っているので、一部を載せておこう。

3 大阪 梅谷紫翠
4 名古屋 松岡香一路
5 大阪 芦田止水
9 尼崎 米浪庄弌 
10 和泉 小谷方明
20 京都 辻井甲三郎
22 名古屋 鈴木登三
26 松本 石曽根民郎
35 奈良県 九十九黄人
39 京都 田中緑紅
50 福岡 元満亥之助

拙ブログに出てくる趣味人の多くが会員だったようだ。50人の中には祐生自身は含まれていない。頒布された50冊の蔵書票集『杏青帖』の多くは現在はコレクターに渡っているだろうが、どれぐらい残っているだろうか。
f:id:jyunku:20190819104137j:plain

*1:ルビ:きょうせいちょう

佐賀図書館長西村謙三の印が押された西周訳『性法説約』

f:id:jyunku:20190818183220j:plain
吉岡書店で見つけた西魯人(西周)訳『性法説約』については、「吉岡書店で西魯人訳『性法説約』を」で言及したところである。最初に本書を発見した金子一郎氏の本には「宮尾」印が押されていたらしいが、実は私のにも印が押されていた。
f:id:jyunku:20190818183339j:plain
読めなかったのだが、twitterに挙げたら蔵書印さんに「西村謙三」と御教示いただきました。ありがとうございました。Wikipediaに同名の人の経歴が出ている。文久元年生、東京帝国大学文学部哲学科卒、昭和12年没の教育者、郷土史家。ただし、卒業年が確認できないので要精査である。佐賀図書館長だったとあるが、『佐賀県立図書館六十年のあゆみ』(佐賀県立図書館、昭和48年11月)によれば、任期は大正9年10月1日から昭和4年3月31日までであった。
西村は館界ではあまり足跡は残しておらず、
東條文規『図書館の政治学』(青弓社、平成18年1月)によると、昭和2年10月27日の佐賀図書館施行図書館デーに県下公私立図書館長会を開き、佐賀図書館長西村名で知事宛に、県下各町村立図書館の設立か、私立ならば毎年一定の図書館奨励費を図書館に交付するよう、県より奨励することを求める建議書の提出を決議した
・「県へ移管されたる佐賀図書館の十五ヶ年」『図書館雑誌昭和4年8月の執筆
ぐらいだろうか。スペンサーの『倫理の基礎』を評論したジエー・チー・ビックスビー『道徳之危機』(日本ゆにてりあん弘道会明治26年6月)という翻訳書を出しており、なるほど性法(自然法のこと)に関心を持っているわけだ。

河井酔茗の『女性時代』創刊前後

河井酔茗が昭和5年11月に創刊した『女性時代』については、「昭和18年河井酔茗主催の文庫会に集まった誌友達 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したところである。その『女性時代』の創刊前後の状況が、伊良子清白の日記*1に書かれていた。

(昭和五年)
八月十八日 月曜 (略)河井君より来状 文もくらしも行詰り故、投書雑誌「女性時代」を出さんかと思ふと 成功すればよいがと思ふ
九月九日 火曜 (略)河井君から「女性時代」のパンフレツト来る(略)
九月十七日 水曜 (略)河井君から廿七日頃に小島君を主賓にして文庫会を開きたい 出京してはどうかとのハガキ来る 行きたいが行かれそうにもない(略)
十月二十九日 水曜 (略)河井君から女性時代創刊号来る(略)
十一月二十二日 土曜 (略)酔茗君からハガキ来る 「女性時代」に寄稿してくれよとなり(略)
十一月二十八日 金曜(略)河井君からハガキ、女性時代第二号来る(略)
十二月十八日 木曜 (略)酔茗君からハガキ、女性時代は印刷部数の半分しか売れず、半分は返品となつてかへつてくると、心配なり(略)

「小島君」は小島烏水。河井と伊良子は明治28年に知り合って以来の親しい間柄であった。全集の「年譜」(平出隆)によれば、同年5月『少年園』『少年文庫』の投稿仲間だった河井に手紙を送り、堺市に訪問した。『少年文庫』が青年向けに『文庫』として改めて創刊されると引き続き有力な寄稿家となったという。河井が『女性時代』の創刊前から親しかった伊良子に相談していたことが、上記の日記でわかる。昭和5年9月9日の条のパンフレットは内容見本だろうか。内容見本は全集の場合が多いが、「杉浦非水表紙絵の『東京』創刊号(大正13年8月)内容見本 - 神保町系オタオタ日記」で紹介したように雑誌の内容見本もある。昭和5年12月18日の条によると半分しか売れず苦戦した『女性時代』だが、結局昭和19年3月まで続いたのだから大したものである。

伊良子清白全集〈第2巻〉散文篇

伊良子清白全集〈第2巻〉散文篇

*1:『伊良子清白全集』2巻(岩波書店、平成15年6月)

書砦・梁山泊京都店の本で知った御所内の京都府立図書館の状況

f:id:jyunku:20190816183635j:plain
今年の下鴨納涼古本まつりも今日で終わった。初日は某書店の均一台に一番乗りしたがカラブリであった。まあ、そういうこともある。さて、古本まつり3日目に行った帰りに寺町の書砦・梁山泊京都店をのぞいてきた。ここは図書館のように広く、ずらりと書棚が並ぶ京都では最大の古書店(ブックオフは除く)である。そこで被伝記者の五十音順に並べた棚が私のお気に入りである。今回見つけた佐武安太郎・船田瑞穂・平井金三郎編『小川睦之輔君の手紙』(昭和28年8月)もそこにあった。133頁の非売品で発行所の記載はなく、印刷所は一燈園印刷部。「まえがき」によれば、小川と編者3人は明治35年三高に入学後明治42年に京大を出るまでずっと一所で親しかったという。三高同窓会の会員名簿(昭和3年10月)を古書店つのぶえで拾っているのでそれを見ると、4名共明治38年医科卒業生に挙がっている。小川は京都帝大教授、佐武は東北帝大教授、船田の肩書きはないが住所は神戸の三菱造船舎宅、平井は長崎医科大学教授となっている。本書は昭和26年に亡くなった小川を偲んで昭和16年から24年まで3名の編者宛に送られた書簡をまとめたものである。
昭和21年3月19日付け船田宛書簡について平井が書いた解説に京都府立図書館が出てきた。

小川君の趣味の一つは読書であつた。僕が同君を思い出してその最も古いものは、京都の古い図書館に於ける小川君の読書の姿である。その頃京都の図書館は富小路丸太町にある御所の入口を入つた所に、美術学校と測候所と博覧会場に囲まれた古い御殿風の建物であつた。丸太町にある、浅川と云う今もある表具屋の小窓で二銭の入場券を求めて前記の図書館に行くと、きたない藁草履が列べられている室に入つて書物を出して貰つて読むのである。多分三高時代であつたろう。夏の暑い日盛りにこゝへ行つて見ると、計らず暑いのに袴をはいて威儀を正して読書して居る小川君を見い出した。傍へ行つて小声で「何を読んでるのだ」と聞いたら、此れも小声で「是れだ」と云つて見せたのが鴎外の即興詩人であつた。(略)

この図書館は明治31年御所内に開設された京都府立図書館だね。その後明治42年に現在地の岡崎に移転して、今年が移転110年というのは「明治41年京都御苑内の京都府立図書館で法学を勉強する若者がいた - 神保町系オタオタ日記」や「明治34年1月京都府立図書館へ通う山本宣治 - 神保町系オタオタ日記」で話題にしたところである。小川が読んでいた鴎外の『即興詩人』上・下(春陽堂明治35年9月)は現在も同図書館が所蔵している。ところで、平井の解説中に図書館の入場券を表具屋で売っていたというのは驚いた。普通は館内で売っているだろう。現に岡崎に移転した後の府立図書館について、古書鎌田で買った『京都府立京都図書館案内』(昭和6年10月)の「入館手引」によれば、「御来館の際は閲覧人入口より入館せられ、先づ閲覧券発売所にて所要の券を求め、それを改札口に差出します」とある。入場券(閲覧券)の販売を民間委託するというのは、明治期の図書館でどの程度行われていたのだろうか。

セセッション式流行の大正初期に発行された村上辰午郎の『大正婦女社会』

f:id:jyunku:20190809210217j:plain
第1回古本バトルは多少好評だったようで、第2回古本バトルも開催された。第2回分は取材を受けて、京都新聞6月28日朝刊の「多面鏡」欄に掲載され、石原和先生持参の『一尊如来教々義』(一尊如来教団)や私が持参した『神代文化』(神代文化研究所)が紹介された。その後、同新聞7月14日朝刊の末延芳晴「私の京都新聞評」で前記「多面鏡」の記事が取り上げられ、「吉永進一氏の友人という古書収集家が「ごそごそとリュックから取り出した」、紙の色がやや変色した『神代文化』という雑誌」の内容や来歴にショックを受けた樺山記者の記事について、記者の内部に隠された特異な「資質」のようなものが見える良い記事と褒めていた。
さて、第1回古本バトルに持って行ったが紹介できなかった雑誌に『大正婦女社会』2巻5号(大正婦女社、大正3年5月)がある。神保町の魚山堂書店の200円の値札が貼ってあるので、東京古書会館の古本市で買ったのだろう。
f:id:jyunku:20190809210247j:plain
戦前のマイナーな婦人雑誌に興味がある上、目次にあるように村上辰午郎「催眠術講習」が載っていたので購入。村上はこんな婦人雑誌にまで催眠術の記事を連載していたのかと思ったら、奥付を見ると村上自身が編輯兼発行人であった。国会図書館サーチやCiniiでヒットしない(←追記:Ciniiには出ていた)。ただ、『日本婦人問題資料集成』10巻(ドメス出版、昭和55年5月)の『近代日本婦人問題年表』に大正2年1月創刊と挙がっているので、どこかの図書館に存在するのだろうか。
村上辰午郎は霊界廓清同志会編『霊術と霊術家:破邪顕正』(二松堂書店、昭和3年6月)に東京心霊研究会長として高く評価されている上に、「真に傑出した霊術家」の一人として、

村上辰午郎君(東京心霊研究会) 今から二十四年前、明治三十八年頃から、医学博士遠山椿吉、文学博士福来友吉両氏と共に時々各地にて、催眠術に関する講演会を開催した。是れより催眠術の声価は益々世間に高くなり、遂に今日の隆昌に達した。

と書かれている。更に、同書最後に「玉は玉、石は石」を寄稿しているので、霊界廓清同志会の一員だったのだろう。経歴は、日本力行会編『現今日本名家列伝』(日本力行会出版部、明治36年10月)から要約すると、

明治3年10月 加賀国会沢(正しくは金沢)生
明治28年 第四中学校卒。帝国大学文科大学へ入学して倫理、教育2科を専修
明治32年 同大学卒
陸軍砲工学校嘱託教授を経て、外国語学校教授、農科大学講師、京華中学校講師等の職を務める。

これに加えれば、明治32年7月東京帝国大学文科大学哲学科卒で、同期に遠藤隆吉、加藤玄智、西晋一郎、波多野精一福来友吉。「ざっさくプラス」で167件ヒットし、最後に確認できるのは昭和17年から18年にかけて『弘道』に「神社に就いて」を執筆していることである。
『大正婦女社会』の記事はあまり面白くないが、広告がよかった。東京帝国大学講師の肩書の付いた村上の『最新式催眠術』(成美堂書店)再版の広告が載っていた。裏表紙は三越呉服店の広告で、大正初期に日本で流行したというセセッション式が婦人傘にまで及んだ例である。
追記:『弘道』604号(日本弘道会昭和17年9月)の「本会彙報」によると、村上は昭和17年8月没

△協賛会員村上辰午郎氏は予て病気の折八月十三日遂に逝去(略)谷会長及松平会長時代本会の中枢部にあつて活躍された功労者(略)

f:id:jyunku:20190809210230j:plain