神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

四天王寺の古本まつりで山崎斌の生活文化雑誌『月明』を


 四天王寺秋の大古本まつりは、明日10月7日(金)から。今回Cosyo Cosyoが参加されないのが、残念。冒頭の写真は、4月に開催された四天王寺春の大古本まつりで同店の均一台から見つけた雑誌『月明』5巻5号(月明会、昭和17年6月)である。同誌の発行人である山崎斌については、「草木染の命名者山崎斌が創刊した雑誌群ーー『青年改造』『旅行と文芸』『芸術解放』『文学』『橙』『月明』などーー - 神保町系オタオタ日記」で紹介したところである。

 表紙は山本丘人、裏表紙は前川千帆である。目次を挙げておく。「飛騨雲龍寺」の平塚運一とは、大正11年6月に雑誌『旅行と文芸』を創刊した仲である。『平塚運一展:木版画に捧げた102歳の生涯』(東日本鉄道文化財団、平成12年)の年譜によれば、昭和17年は平塚が手ほどきした作家が集まり、「きつつき会」(畦地梅太郎上野誠、小川龍彦、柿原俊男、北岡文雄、黒木貞雄、下沢木鉢郎、武田由平、中川雄太郎、橋本興家、前田政雄、武藤完一、棟方末華ほか24名)が結成された年である。また、法隆寺五重塔が解体されると聞き、その姿を永久に伝えようと《斑鳩寺初秋》を作り、文展に出品している。
 「草木記(一)」の「なづな」を寄稿した水野葉舟と山崎がいつからの付き合いかは、不明。『近代文学研究叢書61巻』(昭和女子大学近代文学研究室、昭和63年10月)によれば、水野の第2歌集『滴瀝』(昭和15年9月)*1の装幀を山崎が行っている。

 本誌には月明会出版部の近刊情報があり、水野の『食べられる草木(上)』が載っている。これは、月明文庫として上巻が昭和17年7月に、下巻が18年5月に刊行された。前記『近代文学研究叢書』によると、水野は昭和3年9月現成田市駒井野で3千坪の畑地に家を立て、妻子を連れて移り住んだ。「草木記」でも原野にはえる草木を観察したり、食べたり楽しんでいるようだが、妻文は農耕生活に順応できず、2児を連れて別居していたという。

*1:柳田國男全集別巻1』(筑摩書房、平成元年3月)の年譜によれば、昭和16年4月19日柳田は、『滴瀝』の出版記念会に発起人として参加。高村光太郎斎藤茂吉前田夕暮、窪田空穂、野尻抱影北原白秋、安成三郎、山崎らの発起人と折口信夫などが集まった。

太田喜二郎はなぜ内藤湖南の葬儀に出席しなかったのか?ーー太田喜二郎邸が来月公開ーー


 「京都モダン建築祭」の一環で太田喜二郎邸の見学ツアー(事前予約制)があるようだ。太田が大正5年に京都帝国大学工学部講師になって知り合った藤井厚二*1に設計を依頼した建物である。藤井も含めた太田周辺の近代文化人、京大関係者・画家・文学者・新聞記者・政治家などのネットワークについては、昨年から今年にかけて京都文化博物館で「近代文化人ネットワークーー太田喜二郎の周辺ーー」展が開催されたところである。拙ブログでも「太田喜二郎人生最後の年賀状ーー津崎信子宛年賀状からーー - 神保町系オタオタ日記」で同展に出品された『署名貼付帖』について言及した。
 一方、今年3月陶徳民編著『内藤湖南の人脈と影響ーー関西大学内藤文庫所蔵還暦祝賀及び葬祭関連資料に見るーー』(関西大学出版部)が刊行された。内藤の「還暦祝賀関係資料」を見ていると、太田の『署名貼付帖』(内藤を含む158人の署名)と共通する名前が幾らか見つかった。太田を含む700人ほどの『決算書および賛成者芳名録』では、20人ほどが『署名貼付帖』と共通する。京大関係者では荒木寅三郎、植田寿蔵、狩野直毅、河上肇島文次郎新村出、羽田亨*2濱田耕作、深田康算、松村鶴造らである。
 そのほか、黒田天外*3白鳥庫吉らの名前もある。活字の五十音順なので、『署名貼付帖』で署名の一部が不明とされているものが解明できないかと思って調べてみたが、とくに解明できた署名はなかった…
 また、昭和9年6月に亡くなった内藤の「葬祭関係資料」も見てみた。『御参会各位芳名録 その一』には大島五郎(彙文堂)、鹿田静七(鹿田松雲堂)、反町茂雄(弘文荘)といった古書店主の署名がある。「その一」が参会者の順番通りであれば、さすが抜け目のない古書店、真っ先に駆け付けたことになる(^_^;)
 不思議なのは、『御参会各位芳名録』、『香典帳』、『弔電記録』などに太田の名前がないことである。忙しくて内藤の死去を知らなかったのだろうか。それとも、それほど親しくはなかったということだろうか。

坂本慎一『ラジオの戦争責任』(法藏館文庫)への「補足」ーーラジオ新聞の戦争責任ーー


 坂本慎一『ラヂオの戦争責任』(PHP研究所、平成20年)が法藏館文庫入りした。せっかくなので、版元の法藏館に行って購入。本書の「法藏館文庫版・解説」によれば、

 その後、少し遅れて大きな反響があったのが、近代仏教史である。「ミスター・近代仏教」と呼ばれる佛教大学の大谷栄一先生によれば、『ラジオの戦争責任』は近代仏教史研究においてベストセラーになったそうである。今回、仏教書を主に出版されている法藏館から文庫になったのも、この延長上である。

という。確かに第1章で高嶋米峰、第2章で友松円諦と高神覚昇が扱われていて、近代仏教の研究者に注目されたのももっともなことである。大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎編『近代仏教スタディーズ』(法藏館平成28年4月)にも執筆されていて、吉永さんにも会う機会はあったのだろう。
 本書は、日本放送協会の戦争責任を問うものではなく、問うているのは文明の装置としてのラジオということである。そのため、ラジオ出演者の公職追放、ましてや各地の放送協会の役員の公職追放について補足するのは筋違いではあるが、あえて紹介して「補足」としよう。
 先ずは、放送協会の役員である。『公職追放に関する覚書該当者名簿』(日比谷政経会、昭和24年2月*1)から私が直接拾ったものではなく、トム・リバーフィールド「『公職追放に関する覚書該当者名簿』のメディア関係者・文化人五十音順索引」『二級河川』17号(金腐川宴游会、平成29年4月)から抽出した。なお、満洲の場合は放送協会ではなく満洲電信電話株式会社だが、同索引では記載が漏れているので私が気付いた役員のみ追加した。

片岡直道 日本放送協会常務理事総務局長
甘蔗義邦 朝鮮放送協会会長
小森七郎 日本放送協会会長
近藤確郎 朝鮮放送協会常務理事
清水市治 日本放送協会理事
関正雄 日本放送協会常務理事
瀬田常男 満洲電信電話理事
泊武治 台湾放送協会理事長
中郷孝之助 日本放送協会業務局次長
西邨知一 日本放送協会参事
土師盛定 朝鮮放送協会長
広瀬寿助 満洲電信電話総裁
深川繁治 台湾放送協会常務理事
副見喬雄 台湾放送協会理事長
保坂久松 朝鮮放送協会常務理事
吉田悳 満洲電信電話総裁
米沢与三七 日本放送協会常務理事

 次に本書に出てくる人物(ラジオ出演者に限らない)の公職追放である。

太田正孝 推薦議員
徳富猪一郎 言論報国会々長
下村宏 国務相情報局総裁興亜同盟顧問
鶴見祐輔 推薦議員他
東条英機 戦犯首相陸相興亜院副総裁軍需相内相外相商工相対満事務局総裁正規陸軍将校
友松円諦 翼壮区団長
山口喜三郎 東京芝浦電気社長

 本書によると「軍国主義を礼賛」するようになった友松でも、公職追放の該当事項は「翼壮」(翼賛壮年団)の区団長である。これについては、「日本最初のムー大陸紹介者三好武二と友松円諦の雑誌『真理』(全日本真理運動本部) - 神保町系オタオタ日記」参照。また、「玉音放送の仕掛け人」で「戦争を終わらせた男」とも言うべき下村も、その肩書きから公職追放は免れなかったことがわかる。
 これらの他、永井柳太郎、永田秀次朗、松岡洋右公職追放になるべき人物ではあるが、戦時中又は戦後間もなく亡くなっているので、公職追放にはなっていない。そもそもラジオ演説を理由として公職追放になった者はいない。著書、官職、団体役員などが該当事項である。
 ラジオに「戦争責任」があるのなら、「ラヂオ」を冠した『~ラヂオ新聞』にも戦争責任がありそうだ。しかし、公職追放の対象となる所謂「G項該当言論報道団体」に指定されたラジオ新聞はなかった。ラジオ新聞としては、次のようなものがあるようだ。

紙名      発行所      創刊年月
南洋ラヂオ新聞 南洋ラヂオ倶楽部 昭和7年6月?
日刊ラヂオ新聞 日刊ラヂオ新聞社 大正14年6月
北海ラヂオ新聞 北門日報社? 昭和3年10月
満洲ラヂオ新聞 満洲ラヂオ新聞社 大正14年10月
ラヂオタイムス 台湾放送協会 昭和8年1月

 この他、『昭和十年ラヂオ年鑑』(日本放送協会昭和10年5月)の「参考欄」に「ラヂオ関係新聞」が載っていて、そこにある広島新聞社の『帝国ラヂオ新聞』も気になるところである。なお、『満洲ラヂオ新聞』については、橋本雄一「声の勢力版図ーー鑑定州」大連放送局と『満洲ラヂオ新聞』の連携」『朱夏』11号、平成10年がある。また、『ラジオタイムス』は金沢文圃閣から『台湾ラジオ資料集』として復刻版が刊行されている。ラジオ新聞全体についての研究はまだ無さそうで、研究の進展が期待されるところである。

*1:奥付では昭和23年であるが、正しくは昭和24年である。「死してなお公職追放となった満川亀太郎 - 神保町系オタオタ日記」参照

三高教授中村直勝から大津市の関蝉丸神社元社掌の三上左也宛年賀状


 今月の平安蚤の市では、中村直勝の大正15年の年賀状を購入。娘2人の写真が載っているだけで、直勝そのものを研究しているわけではないが、200円なので買ってみた。直勝は当時第三高等学校教授兼京都帝国大学文学部講師で、翌年同学部助教授に昇任している。
 宛先の大津市清水町の三上左也は、次世代デジタルライブラリーで検索すると、『大津宮奠都臨時祭典大津市制施行十周年祝典記念』(大津市明治41年11月)で、大津市の関清水蝉丸神社*1々掌だったとわかる。直勝の父で長等神社々司の中村勝明や直勝の名前も出ている。左也はその後京大近くの吉田神社に移ったことが『内務省庁府県職員録:大正15年4月1日現在』(帝国地方行政学会、大正15年6月)でわかる。また、左也には三上左明との共著『大庭御厨の研究』(三上左也、昭和6年10月)があるようだ。左明(明治32年-昭和6年)は、『神道人名辞典』(神社新報社、昭和61年7月)に、関蝉丸神社社家出身で、大正13年東京帝国大学史学科卒業後、内務省神社局考証課に勤務し、昭和6年9月神宮皇学館教授に任じられた日に死去とある。左也は左明の父だろうか。
 直勝は、『第14版大衆人事録』(帝国秘密探偵社、昭和18年9月)*2によれば、妻はつ(明治27年生)、長女千鳥(大正10年生)、次女乙鳥(大正13年*3)の家族がいる。3人とも府立高女卒である。娘2人は相当の人物と結婚したと思われるが、不詳。
 明治23年生まれで昭和51年に亡くなった直勝は極端な亭主関白だったようで、臼井史朗『弟子三尺:ある出版人の日記から』(淡交社、平成元年7月)に次のような一節があった。

 昭和五十三年二月三日
 中村博士は、日常、五つの財布を身につけて、全財産をもって歩いていたという。おそるべき事実を、中村千鳥さん(中村博士の令嬢)からきく。すべての家計は、最後まで博士がにぎっていた。台所経費の手控え帳を見せられ、まったくの驚きだった。うどん一杯、ネギ一束も記帳されている。あれでは、千鳥さんも、はやく亡くなった奥さんも、冷蔵庫の中のような冷たさでのくらしだったにちがいない。
 一方で・・・・・

参考:「白川書院の臼井喜之介宛中村直勝の『中村直勝日本史』に関する書簡 - 神保町系オタオタ日記」 
 

*1:関蝉丸神社下社

*2:直勝の趣味として、旅行、小説、民藝蒐集が挙がっている。民藝蒐集については、拙ブログ「金関丈夫、中村直勝、湯浅八郎らが創設した京都民芸同好会の民芸品展覧会 - 神保町系オタオタ日記」参照

*3:大正15年の年賀状に「四つ」とあるのとは合わない。

柳田國男「炉辺叢書刊行趣旨」掲載の『郷土研究社図書目録』


 数ヶ月前に平安蚤の市で、田中緑紅日記と同じ出所の物という図書目録を購入。てっきり田中が主宰した郷土趣味社の図書目録と思っていた。しかし、よく見たら岡村千秋が創立した郷土研究社の図書目録(以下『図書目録』という)であった。
 本書は、柳田國男「炉辺叢書刊行趣旨」(以下「刊行趣旨」という。大正13年11月付け)と炉辺叢書20冊の解題などを収録したものである。「刊行趣旨」は、『柳田國男全集第22巻』(筑摩書房、平成22年9月)に収録された『炉辺叢書解題』(以下『解題』という)の「刊行趣旨」と同内容である。全集の解題(佐藤健二氏)によれば、刊記のない『解題』は2種類あって、大正13年11月付けの「刊行趣旨」と炉辺叢書16冊の解題などが載る物と、大正14年7月付けの「刊行趣旨」と炉辺叢書20冊の解題などが載る物である。更に、佐藤氏によれば、この両者の存在は水木直箭や谷沢永一が指摘しているが、『図書目録』の存在や特質は論じられていなかったという。そして、佐藤氏は2冊の『解題』について大正13年11月から大正14年1月までの間と大正14年7月から8月までの間に刊行、『図書目録』について昭和3年6月以降の刊行と推定している。
 国会図書館サーチで『図書目録』はヒットしないし、「日本の古本屋」の販売記録にも見当たらないので、確かに柳田の研究者にも知られていなかった貴重な冊子のようだ。

 

寸葉会で発見されたスター食堂の社内報?『スター食堂ニュース』57号(昭和14年10月)


 先日の寸葉会で購入した残る1点は、『スター食堂ニュース』(スター食堂研究部、昭和14年10月)である。国会図書館サーチではヒットしない。毎月1回発行とすると、昭和10年2月創刊ということになる。   
 斎藤光先生(@hikaru_sth)のツイート(平成31年3月3日)では、本紙について「社内向けと思われる」としている。定価が書かれていないので、おそらくそのとおりかと思われる。ただ、社員募集の案内も載っているので、食堂の利用客等にも配ったのかもしれない。紙面の内容は、西村寅太郎社長による国策栄養料理のレシピ、金谷稼堂「健康と栄養について」、スター食堂便り、真渓涙骨『一関また一関』から「修養寸言」の転載、子どもの2作品が載る綴方教室、田中雨城選のスター俳壇などである。
 社長の西村は、『第14版大衆人事録』(帝国秘密探偵社、昭和18年9月)によれば、明治12年兵庫県生まれ。36年渡米、大正11年帰朝後、15年スター食堂を創業である。ただし、同社のホームページ「スター食堂の歴史 | スター食堂株式会社」では大正14年創業である。俳句の選者田中は、『俳句三代集巻9』(改造社昭和15年2月)によれば、本名稔。前橋市生まれで、京都市伏見区深草に在住の公吏。伊東月草民(ママ。正しくは伊東月草か)の門にして『草上』の同人とある。

 社員の奥村慶造の訃報も載っているので、挙げておこう。昭和4年入社で、営業部主任のほか、スター青年学校主事、本紙編集人を務めたが、享年33で亡くなっている。若い社員の教育機関と思われるスター青年学校が存在したことが分かる。

 中京区寺町錦上ルの本店のほか、グループ店が載る一覧も挙げておこう。京極錦天神前のスターバーがクイックランチに改められていたことが分かり、驚きますね。スター食堂の設計を行った上野伊三郎や内装を行った夫人の上野リチについては、京都国立近代美術館で平成21年に「上野伊三郎+リチコレクション展」が、令和3年に「上野リチ展」が開催された。前者の図録の笠原一人「建築家上野伊三郎ーーその活動の足跡ーー」によると、本店とスターバーは昭和5年、出町分(支)店は6年、祇園スターソーダファウンテンと京極支店は7年の設計である。

在野の怪物藪田嘉一郎と京都帝国大学教授の西田直二郎


 9月9日京都新聞に没後30年を迎える松本清張の「先生」だった藪田嘉一郎に関する記事。有料配信の「THE KYOTO」の記事「松本清張が仰いだ京都の“怪物”(全5回)」(樺山聡記者。令和2年9月1日公開)の一部をあらためて紹介している*1。「藪田嘉一郎の古書店文林堂書店が参加した書好会の『書好』ーー『書物関係リトルマガジン集ーー中京・京阪神古本屋編ーー』(金沢文圃閣)で復刻ーー - 神保町系オタオタ日記」で紹介した「ウは「京都」のウ」ファイル19「松本清張の「先生」」(『京都新聞』令和元年11月26・27日、12月3・4日朝刊)を再構成したもののようだ。
 これで、ネットで読める入山洋子「〈資料紹介〉西田直二郎日記(3)」『京都大学大学文書館研究紀要』20号に藪田が出ていたことを思い出した。

(昭和四年)
五月十四日 火曜
研究室に行く。浜本浩氏[改造社京都支局長]来る。(略)藪田[嘉一郎]氏、文林堂を初めるとて来る。

[ ]内は翻刻者による注記

 薮田と西田の関係については、前記『京都新聞』の連載第3回(令和元年12月3日朝刊)に、大正14年内藤湖南、西田、喜田貞吉らの碩学に引かれて京都帝国大学の史学科に進んだとあるので、その頃からの知り合いなのだろう。薮田が始めた古書店文林堂については前記拙ブログでも言及したが、京都帝国大学文学部教授だった西田の日記で開店時期が判明した。
参考:藪田らの土俗同好会が創刊した『怒佐布玖呂』については、「土俗雑誌『怒佐布玖呂』(ヌサフクロ)創刊号(土俗同好会、昭和7年4月) - 神保町系オタオタ日記