神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

昭和4年名古屋の富田重慶邸を訪問していた大英博物館のローレンス・ビニヨン

たまたま『紅葉舎類聚ーー名古屋・富田家の歴史ーー資料編』(富田企業、昭和52年9月)の「富田家日記」を読んでいたら、大英博物館のローレンス・ビニヨンが出てきた。富田は名古屋の財界人、ネットの「コトバンク」を見られたい。同日記は富田家の執事・高木久兵衛の手記である。

(昭和4年)
10月24日(木)一時過主人徳川邸へ御出懸、二時過御帰り。英国の人ビニヨン氏、大英博物館の陶器研究の世界的権威ホブソン氏、ラファエル氏、通訳、佐羽、原文次郎の各氏参り、高松定一氏後より参られ同席。本玄関より廊下を通り直に慶雲亭へ案内、陳列品一覧、夫より図書室に陳列の陶器を見らる。五時半辞去。(略)

ビニヨンは、松井竜五・小山騰・牧田健史『達人たちの大英博物館』(講談社、平成8年7月)によると、

大英博物館の日本美術コレクションの充実に大きな功績のあった人物に、ローレンス・ビニヨン(一八六九~一九四三)がいる。彼は実に多才な人物で、まず第一に詩人であり、戯曲も書き、しかも同時に美術史家、美術評論家としても活躍した。さらに、ダンテの『神曲』の翻訳者としても著名である。(略)

昭和4年当時、ビニヨンは大英博物館の東洋版画・線描画支部長であった。また、矢代幸雄『日本美術の恩人たち』(文藝春秋新社、昭和36年9月)によれば、三井家と大倉家が費用を出して、ビニヨン夫妻を日本に招待したという。奈良、京都、宮島を回ったとあるが、同僚のホブソンと共に名古屋も訪問していたことになる。ビニヨンの最期は、『達人たちの大英博物館』に書かれているが、ある意味でうらやましい最期である。

一生を大英博物館に捧げた「詩人そして美の愛好者」ローレンス・ビニヨンは、それを象徴するかのように一九四三年三月十日に大英博物館の閲覧室で死去した。

達人たちの大英博物館 (講談社選書メチエ)

達人たちの大英博物館 (講談社選書メチエ)

京都の蒐集家小西一四三(号卜鯰爺)の三田平凡寺宛絵葉書ーー京都国際マンガミュージアムで三田平凡寺展開催中ーー

f:id:jyunku:20200216175103j:plain
2月5日京都新聞に行司千絵記者が京都国際マンガミュージアムで開催中の「「趣味の王さま」三田平凡寺、令和に復活す!? | 京都国際マンガミュージアム」を紹介していた。早速見てきたが、孫の夏目房之介氏ら遺族が提供した平凡寺の旧蔵書、自作絵葉書やスクラップブックなどが展示されていた。斎藤昌三『変態蒐癖志』(文芸資料研究会、昭和3年)には、平凡寺の我楽他宗の宗員が「三百数十名」とあるのに対し、「否 宗員ハ六百数十人 他に山寺号を独自ニつけたもの加へると千人以上模倣者アリ」と書き込みがあった。荒俣宏館長が企画・プロデュースした「大マンガラクタ」第6回に当たる小展示、3月31日(火)まで。
ところで、平凡寺の遺品が過去市場に出たようで、最近では股旅堂が旧蔵書をまとめて目録に挙げている。実は、私も平凡寺宛絵葉書を平成29年7月大阪切手まつりで入手している。600円。
発信者は、卜鯰と金加(?)の連名。卜鯰は山口昌男内田魯庵山脈 <失われた日本人>発掘』にも出てくる小西一四三(本名石蔵)である。斎藤と共に大正12年9月『いもづる』創刊時のメンバーで、最終号(昭和16年11月)の編集後記に「小西は祇園で贅沢を尽して死んだ」とあるという。また、芦湖山人「日本近代畸人録ーー箱根趣味塚由来」『グロテスク』昭和4年5月号に、当時45歳、徳島生で、京都にその人ありと知られた友仙染屋、卜鯰爺と号し、「鯰と地震、火事に関する蒐集は現代一二といふべく、手拭の如きもその種類は既に万に近い」とあるようだ。我楽他宗の一員でもあって、斎藤夜居『続愛書家の散歩』(出版ニュース社、昭和59年11月)の「『趣味と平凡』について」によれば、「十四番 久護山卜鯰寺(小西石蔵)鯰」である。
絵葉書の消印が不鮮明で、時期は不明。11月5日京阪電車の車内で書かれたもの。卜鯰寺は金君が来たこと、京阪電車中で石清水八幡の鳥居を眺めつつ書いたことなどを記しているようだ。金の方は、7、8日卜氏と上京すること、是非共一夜遊ばせて頂きたいこと、宿は多分□野氏とする事などを書いている。亡くなられた山口ならもっと情報を引き出して、金が誰か解明できただろうか。
なお、みんな持ってる『昭和前期蒐書家リスト』には、当然小西石蔵が出てくる。恐るべし(*_*)
f:id:jyunku:20200216180528j:plain

甲南大学教授ロルフ・ビンケンスタイン旧蔵の古書目録『ちか』(幽学荘舎)

f:id:jyunku:20200215162558j:plain
何年か前に、かわじもとたか氏から古書目録『ちか』4号(幽学荘舎、昭和14年5月)をいただいた。ありがとうございます。この目録は、『日本古書通信』平成12年9月号の二見和彦「『ちか』という古書目録」によれば、巌松堂の波多野重太郎が還暦を期に引退し、大船で開業した幽学荘舎から通信販売用に発行した目録。昭和13年9月創刊、17年8月の27号まで発行された。
f:id:jyunku:20200215162650j:plainf:id:jyunku:20200215162731j:plain
付箋はかわじさんが貼ったもので、原稿、マッチペーパー蒐集帳、太政官御用鞄、書簡に注目されたようだ。この目録『ちか』は研究者も注目しているようで、グーグルブックスで検索すると目録から引用している文献が幾つかヒットする。反町茂雄の『弘文荘待賈古書目』はCD・DVD版、Web版が出て活用されているが、この『ちか』も目録上でしか存在しない史料があるのだろう。
f:id:jyunku:20200215162750j:plain
ところで、目録に挟まっていた『幽学荘舎舎友カード』に「ビンケンスタイン」と書かれている。なんか見覚えがあると思ったら、『昭和前期蒐書家リスト』に載っていた。住所は「京都帝国大学文学部」で、蒐集分野は「日本関係」である。出典は『日本蒐書家名簿』(日本古書通信社昭和13年)。幽学荘舎への舎友カードは送らなかったようだが、日本古書通信社への「芳名カード」は送っていたのだろう。このビンケンスタイン、グーグルブックスでヒットする『甲南大学紀要:文学編』19号に略伝が載っているロルフ・ビンケンスタインだろう。一部しか見られないが、それによると、

明治43年10月 ライプチッヒ生
昭和5年4月 ライプチッヒ大学入学
昭和8年9月 京都帝国大学留学(14年まで)
昭和51年3月 甲南大学教授定年退職

この経歴には若干疑問があって、『京都帝国大学一覧』の昭和11年版までは文学部文学科の外国学生として8年入学の「ロルフ・ビンケンシュタイン」(独逸)が確認できるが、12年・13年版以降には見当たらない。いずれにしても、後の甲南大学教授ビンケンスタインがこの『ちか』を所蔵していたと思われる。どういう人物だったのだろうか。

樋口麗陽訳『日本征服』(独立出版社、大正5年)をめぐって一騒ぎ

佐藤優氏が超訳を出した『日米戦争未来記:小説』(大明堂書店、大正9年5月)の著者樋口麗陽。大正5年樋口が出した翻訳書をめぐって一騒動あったようだ。高橋箒庵『萬象録』巻4(思文閣出版、昭和63年3月)から。

(大正五年)
七月二十二日 土曜日
(略)
[日本征服論の出版]
益田氏の談に、此程新橋停車場などにて日本征服論と云へる冊子を売り居れば一冊八十銭にて買ひ求め汽車中にて一読せしに、案外力量ある著述たるを発見せり、此書は独逸人の著書を翻訳したる由なるが、其要旨は日本が多年独逸より受けたる恩誼を忘れ、今度青島を攻め落すのみならず露国に対して莫大の軍器を送れり(略)日本こそ独逸に取りて実に不倶戴天の深仇なれ(略)露国と手握りて露国を通じて百万の精兵を東洋に送り是非とも日本を討滅せざる可からず(略)此著書には独逸の有名なる軍人が証明を与へ、剰(ルビ:あまつさ)へカイゼルまでも之れを嘉納せられたるやに記載しあるは、日本に取りて誠に由々しき事柄なり。益田氏は之れを山県老公に示したるに、老公は固より之れを知らず、陸軍々人中にも全く読みたる者なき様子にて、其後参謀本部辺より著書に向つて右は何人の原書を翻訳せし者なるやと尋ねたるに、原書は慥に所蔵すれども之れを示すこと能はずと答へたる由、日本征服論と云へる其題目さへ已に容易ならざる者なるに、内務省が如何にして出板許可を与へたるや、山県公は一木内相に向つて直に一本打込みたる様子なるが、近来同書の見当らざるは或は窃に禁止されたるに非ずや云々。
(略)

[ ]内は原本欄外にある見出しを校訂者が本文に挿入したもの、( )内は引用者

「日本征服論」とあるが、正しくはフリードリッヒ・ウヰルヘルムほか主張、ホルレイベン述、ベルンハルト原訳、樋口麗陽訳『日本征服』(独立出版社、大正5年4月)と思われる。ただし、所蔵する図書館のOPACに85銭とあるのは微妙に異なる。益田孝や山県有朋が騒いで発禁になったかと思いきや、斎藤昌三編『現代筆禍文献大年表』(粋古堂書店、昭和7年11月)などには載っていない。この本の原書とか、調べた人はいるだろうか。

『和田英作日記』から見た大正10年の柳田國男におけるフランス

f:id:jyunku:20200207203645j:plain
大正10年5月柳田國男は横浜からアメリカ、フランス経由でジュネーブへ向かった。国際連盟委任統治委員会委員に選ばれたためである。この道中の動向は、家族や知人宛に出された葉書・絵葉書などで追うことができるので、『柳田國男全集』別巻1の年譜で詳細に記載されている。今回、横浜からフランスまで柳田と同行した画家和田英作の日記を見てたら、もう少し追加できるようだ。手塚恵美子「和田英作日記[1921年8月16日~1922年2月7日]」『近代画説』16(明治美術学会、平成19年12月)から柳田が出てくる一部を引用する。

(大正十年)
八月三十一日 晴
(略)柳田君倫敦より今夕帰着せりとて訪問せらる。互に無事を祝し、三人*1して晩く迄語る。
(略)
九月一日 快晴
(略)柳田君と十時宿を出で(略)Magazin du Louvre に柳田君の為めに Ruban を求め(略)柳田氏、香苗*2と三人、今夕卓を共にして夕食す。(略)

柳田は大正10年7月ジュネーブ到着後、8月からオーストリアチェコスロバキア、ドイツなどを経てイギリスへ行っていた。実は、手塚氏によると、和田の日記は大正10年5月から8月15日までの分もあるという。「より資料的価値が高いと思われる」同月16日以降の日記の紹介を優先したとのこと。柳田を研究している者には、むしろ船中やアメリカ、フランス滞在時の動向がわかる後回しにされた日記の方が重要だろう。早く紹介してほしいものである。なお、本日記には矢代幸雄も頻出するので、ミネルヴァ書房から刊行が予定されている稲賀繁美矢代幸雄』でも活用されると思われるほか、当時パリに滞在していた無想庵夫妻も登場するなど多数の芸術家の名前が見られ、貴重なものである。

*1:柳田、矢代幸雄、和田の3人

*2:末弟の洋画家和田香苗

大正9年麻布に出現したインド帰りの怪しい精神統一会の術者

f:id:jyunku:20200206204350j:plain
高橋箒庵(義雄)の日記『萬象録』巻8にとうとう民間精神療法家がデテキター\(^o^)/

(大正九年)
十月十四日
(略)
[印度伝来の精神統一法]
食後、麻布我善坊山本栄男方に赴けり。今夕は印度に十七ヶ年間滞在して精神統一法を研究し、帰朝後精神統一会なる者を設け、五日間の講義を以て其秘伝を教授すと云ふ四十前後の某と云へる男を招待したれば、其精神統一の実験を来観せよとの事に就き試みに出席したる次第なるが、其男は二十五、六の婦人と弟子二人を引連れて今や講義中なりき。而して其講義の趣旨は、人は信念に依つて生くべき者なり、信念堅固なる人は殆んど何物にも打克つ事を得べし、世に病気など言ふ者は多くは自から製造する者にして、万物の霊長たる人間が病気に冒さるべき謂れなしと堅く自から信ずる時は、其病気は治癒すべき者なりと云ふを骨子として説明を為し、其例証として畳針を腕に突差し斯くても血も出でざれば痛みもせざるは全く信念の結果なりと云へり。又同伴の婦人が当夜出席の医師に脈を取らせつゝ信念を以て其脈を止むる処を示し、又鶏に気合を掛けて其思ふ儘の形に直立せしめ、或は鋭利なる刀刃を頬の辺に当てゝ之を引けども斬れず、又彼の男が掌中に刃物を握り其上を弟子両人が手拭にて堅く縛りて両方より引き居る其際、刃物を一方に引き抜きたれども其手に負傷せざるなど様々の実験を行ひしが、畢竟催眠術の一種にて世間の興行物に於て屢々見る所を素人風に試演するに過ぎざりき。如何様此男の言ふが如く病は気より起る事あれば、信念に依つて或る病気に打克つ事あるべしと雖も是れは程度問題にて、如何なる病気にも打克つべしと云ふが如きは到底実際に通用すべき事に非ずと思はれぬ。且つ此男の人格甚だ卑しく言語亦野卑にして、往々興行師の如き態度あるを観れば今後此男の崇拝者が非常に増加すべしと思はれず、不審の廉あらば何事にても答弁すべしなど言ひたれども余は多寡を括りて別に質問をも発せず、午後十時頃辞去せり。

霊界廓清同志会編『破邪顕正 霊術と霊術家』(霊界廓清同志会、昭和3年6月)には、この精神統一会の術者に該当しそうな霊術家は見当たらない。高橋は名前を記録に残してくれなかったが、「此男の崇拝者が非常に増加すべしとも思はれず」というように、数万人いたと言われる霊術家の1人として無名のまま終わったのだろう。

漱石全集の補足を書いた日ーー紅野敏郎先生の没後10周年ーー

f:id:jyunku:20200205181619j:plain
岩波書店の伝統的看板たる『漱石全集』の定本版も着々と刊行され、近く完結予定である。かつて、紅野敏郎先生が旧全集の書簡篇に書いた注について、私は「紅野敏郎先生の図書館員知らず - 神保町系オタオタ日記」と書いたことがある。紅野先生に「図書館員知らず」とは、若気(?)の至りだが、私が補足を書くのは最大の敬意の現れなので今後も御理解願いたい。その紅野先生も亡くなられて、今年で10年である
さて、定本の書簡篇の「人名に関する注および索引」は紅野先生が作成したものに、紅野謙介中島国彦・長島裕子各先生が増補改訂したものである。私が指摘した今井貫一や今沢慈海は不詳とされていたものから生没年・経歴が記載された。現在では、図書館関係者については『図書館人物事典』(日外アソシエーツ、平成29年2月)が刊行されているので、同書が役に立ったのかもしれない。なお、私は指摘しなかったが不詳とされていた島文次郎についてもきちんと注が書かれている。
ところで、拙ブログも多少役に立ったかもしれない。不詳とされていた田内長太郎の没年・経歴が記載されている。私が「不詳 田内長太郎 - 神保町系オタオタ日記」で明らかにしたところである。薄井秀一(北澤秀一)についても、記載が詳しくなっている*1
新たに中井浩水が立項されていた。「不詳.明治39年当時は雑誌『趣味』の編集に携わっていた」とある。中井の正体には、私も手こずったが、「谷崎潤一郎のパトロン(その4) - 神保町系オタオタ日記」で示したように本名新三郞、明治15年生である。没年は不明だったが、ググってみたらビックリ。いつもお世話になってます「蔵書印データベース」の「蔵書印DB中井文庫」の人物情報欄に昭和34年没と記載されていた。ありがとうございます。
あとおまけに指摘しておくと、明治45年3月3日付け内田貢(魯庵)宛に「日本図書協会」とあるが、正しくは「日本図書館協会」である。日本文庫協会を改称したものとの注はあるが、正しい名称について言及されていない。
注にはまだまだ不詳とされている人物が多い。解明したら、随時アップしていきたい。