神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

昭和18年河井酔茗主催の文庫会に集まった誌友達

f:id:jyunku:20190522183034j:plain
河井酔茗主宰『女性時代』14年6号(女性時代社、昭和18年6月)が出てきた。神保町の水平書館の値札が貼ってあるので、東京古書会館の古本市で買ったようだ。32頁、800円。300円までで拾いたいところだが、相馬黒光「滴水日記」が載っているので購入。引用すると、

二月二十二日
(略)午後主婦之社の土井益子さん来り、静岡県の田中清一氏母堂につき聴きに来た。之は主人の領分なれば主人と対談する。(略)田中氏現代この戦時下に於ける最も良き意味での企業家であり成功者でもある。前橋の桑島翁より長芋の贈与あり。(略)

この「田中清一」は「平凡社創設者下中彌三郎の謎(その2)」で言及した竹内文献の関係者である富士製作所々長の田中だろう。同定の根拠はないが、国家主義者繋がりという直観。
『女性時代』は『日本近代文学大事典』によれば、

『女性時代』 文芸雑誌。昭和五年・一一~一九・三。(略)河井酔茗、島本久恵を中心に八十余名の社友を擁して出発した女性のための総合文芸雑誌(略)

f:id:jyunku:20190522183210j:plain
目次を写真であげておこう。醉茗の「松風」に文庫会に関する記述があった。

久々で「文庫会」を四月三十日日本閣で開催した。小嶋烏水、小牧暮潮、両氏にも相談し多少とも『文庫』の縁故ある方に案内した。(略)予期に反して出席者二十八人といふ盛会であつた。(略)
人見東明 芦谷芦村 小牧健夫 窪田空穂 佐野天声 本山荻舟 都河龍 鮫島大浪 白鳥省吾 川路柳虹 中山丙子 矢田挿雲 金田一京助 清水橘村 福島水月 安成二郎 大倉桃郎 日南田村人 森田草平 中村星湖 内田茜江 岡田道一 峰村国一 有本芳水 小島烏水 中山省三郞 河井酔茗 島本久恵(但し受付その他お手伝ひ)

島本は河井の妻で小説家、『女性時代』の編集を担当。中山丙子こと民俗学者中山太郎については、「中山太郎の出てくる小説」を参照。『文庫』は明治28年8月から43年8月まで発行され、河井は28年9月から40年4月まで詩欄を担当した。「誌友交際」は廃刊後も長く続いたのである。
(参考)「投書雑誌『文庫』の投書家群像

トンカ書店から『ふるほん西三河集成』を

f:id:jyunku:20190521204816j:plain
平成27年夏の神戸さんちかの古本まつりでトンカ書店から『ふるほん西三河集成』(西三河古書籍商組合ぐるーぷ西三河、平成7年8月)を購入。目録『ふるほん西三河』の1号(昭和57年)から50号(平成7年2月)までのうち、巻頭の文章の頁だけの合冊版である。トンカ書店のラベルが貼ってあったが、その後移転して店名も「花森書林」に変わったので、貴重なラベルになった。
f:id:jyunku:20190521204932j:plain
目録の実物は某古書店の好意で開催された50円均一祭で見たことがある。確か森さんが買った。1号の「発刊にあたって」によれば、

西三河の古本業者は、近年数を増して約三十名。各々個性のある営業を続けていますが、一歩を進め力をあわせてこの目録を発行する運びとなりました。(略)

季刊。古書店の店頭で無料配布したり、送料を払えば郵送にも応じた。
写真で目次をあげておこう。
f:id:jyunku:20190521204830j:plainf:id:jyunku:20190521204855j:plain
注目すべきは、森三郎「若き日の兄銑三の思い出」という3回に渡る連載(昭和60年5月~61年2月)である。三郎は銑三の弟。柳田守『森銑三 書を読む“野武士”』(リブロポート、平成6年10月)の参考文献にはあがっていないので、同書に記載のない事項を幾つか引用しておこう。

(略)大道社で知り合った親友の、のちの早大教授の英文学者萩原恭平氏の世話で、群馬県の高崎へ都おちすることになる。(略)

「高崎へ都おち」とは、大正9年大道社を退社し、高崎市南小学校の代用教員になったことを指す。

(略)兄の大道社か高崎時代かに、廃刊になった「学生」のかつての投書家の目ぼしい人たちが同人雑誌を始めることになり、その創刊号に兄も短いものを書いた。創刊号しか出ないでしまったのであるが、戦争中に柴田宵曲氏がそれを古書店で見つけ出して求められた。確か「力」というのではなかったであろうか。(略)

本誌は国会図書館が12号から85号(終刊号、平成16年2月)まで所蔵している。12号はまさしく「若き日の兄銑三の思い出」の連載が開始された号である。この連載を知って納本を依頼したのかもしれない。
(参考)森銑三の弟次郎については、「竹岡書店の均一台で拾った森銑三が亡き弟次郎に捧げた『鈴木為蝶軒』」参照

壽岳文章が『古本年鑑』(古典社)で探求書とした『世界奇王ドン・キホーテ』

f:id:jyunku:20190520173615j:plain
戦前『古本年鑑』という楽しい年鑑が昭和8年から12年にかけて4冊出た。大空社から復刻版も出ているが、私は元版を3冊持っている。どれも裸本だが、カバーや函は見たことがないので元から付いていないか。発行したのは沼津の渡辺太郎がやっていた古典社である。古典社について、詳しくは「金沢文圃閣」のホームページの「『文献継承』20号記念」で読める同誌14号の書物蔵「古本界の重爆撃機!:『古本年鑑』と古典社の渡辺太郎 附.年譜」や同社『『図書週報』ーー昭和前期書物趣味ネットワーク誌』の小林昌樹氏による解題を参照されたい。
f:id:jyunku:20190520173701j:plain
古本年鑑の1935年版の目次を写真であげておく。「古本目録に関する調査」、「古本関係雑誌記事紹介」や「全国古本商名簿」が特に役に立つ。架蔵の本には、「古典社の販売三則について」という紙が挟まっていて、

ハガキ一本の御注文に対し、本を送り、更らに返本自由、送料不要といふ、極めて読書家本位の販売法を断行した小社は、この小さな試みによつて、我が国図書販売制度上に、自由にして公明な、人間的な空気を注入したいといふ理想を持つて居ります。

なんと、後払い、返本自由、送料不要だという。後払いや送料不要(一定額以上の注文に限るだろう)の古本屋は今でもあるが、返本自由をうたう古本屋はいないだろう。もっとも理想と現実は違うのか、「(現在は、販売事務上の便宜より、この販売法を一定期日に限定して居りますから、御諒承を願ひます。)」ともある。
さて、目次にあがっている「探す本」に壽岳文章が出てきた。

京都府乙訓郡向日町上植野、壽岳文章 ○雄島濱太郎訳、世界奇王ドン・キホーテ、明治三十四年刊?*1

壽岳がセルバンテスの『ドン・キホーテ』の翻訳書を探していたのかと思ったが、『壽岳文章書物論集成』(沖積社、平成元年7月)の「『絵本どんきほうて』のころ」によると、昭和4年から柳宗悦を通してケラーというボストンの実業家に頼まれて、ドン・キホーテに関する本を探していたという。雄島の翻訳書もその一環で『古本年鑑』に探求書としてあげたのだろう。「日本の古本屋」で検索すると、あきつ書店が38,880円で出しているので、珍しい本なのだろう。

*1:正しくは、明治35年

『エロエロ草紙』の酒井潔が描いた素っ裸の南方熊楠

f:id:jyunku:20190518190808j:plain
本日は南方熊楠の誕生日なので、熊楠ネタを。熊楠というと、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。粘菌学者、天皇へ贈った標本入りのキャラメル箱、神社合祀反対運動、柳田国男との往復書簡などか。私は、写真をあげた酒井潔が描いた裸の熊楠の絵である。『談奇』5号(竹酔書房、昭和5年9月)掲載。文庫櫂から揃い全7冊を購入した1冊である。酒井によれば、その場での写生ではなく、後から印象したままの筆を運んだという。酒井が奇人熊楠との面会に至るまでには相当苦労したらしい。まず、8月9日紀州田辺の屋敷を訪問。名刺と斎藤昌三の紹介状を女中に渡すが、老人が出てきて先生は中風の気味で面会お断りと言われる。そこで、酒井著の『愛の魔術』・『巴里上海歓楽郷案内』と尾崎(久彌)『怪奇草双紙画譜』を渡す。老人は熊楠の意見を聞きに行き、本は預かっておくと言うので、宿の住所を書き残して帰宅。14日になって、牟婁報知新聞社長雑賀貞次郎がやってきた。熊楠の依頼で検分に来たという。熊楠への面会難は昔から有名だが、最近は愈々烈しくなり、この頃はほとんど誰にも会わないらしい。何とか17日面会の約束を取り付けた。当日熊楠の書斎に案内されると、

さて城の主は如何にと破れる障子の蔭から覗くと、吾等の大先生は素裸の(尤も此の頃は白ネルの湯巻をして居られる)偉躯の背を丸めながら、書物や、標本類で足の踏み入れ所もない様な部屋の掃除をして居られた。

さすがに全裸ではなく、腰に布を巻いていたのだろう。奇人同士の会話で面白いのは心霊科学に関する部分だ。

話の切れ目を覘つて、漠然と先生は心霊科学の奇怪なる現象を信じるやと聞いて見た。すると心霊現象と云ふ事は勿論存在すると断言された。(略)わしなんか斯うして、此の部屋にヂーと坐つて居ても、ちつとも淋しいとは思はぬ。昼でも夜でも、好きな時に、昔馴染の娘でも後家さんでも、呼び出す事が出来る。(略)わしは一種の霊感によつて、これはと思ふ物を採集して来る。するとメツタに的は外れぬ。たとへ目的の物はなくとも、何か他の発見がある。わしは無駄足を踏まない。又吾輩が旅行から帰るとき、汽船が田辺から数丁の所まで来ると、家で何も知らず寝て居る妻の耳に、平常通りのわしの声で、今帰つたとはつきり聞きとれる。そこで妻は戸を開けて待つて居るのじや。こんな事位は一寸修養が出来てる人間なら、誰にでも出来る心霊現象じや。
極く寒い時高山へ登つて断食した者は経験する事だが、夜寝て居ると、自分の首がズーと延びて、戸外へ出る。それからグルリと右の方へ廻つて、其処に何と何があると云ふ事を見て来る。其時何かゴトとでも音がすると、首は吃驚してピヨイと返つて来るが、首は根本から数尺の点でピタリと止つて仕舞ふ。暫くすると又そろ/\延び出して此度は左の方面を観察する。と云ふ様な奇現象があるさうである。

熊楠の言う「心霊現象」がもう一つはっきりしないが、「心霊現象という事は勿論存在すると断言」とは驚きである。この訪問記は酒井の『薫苑夜話』(三笠書房昭和8年6月)や『悪魔学大全』(桃源社、昭和46年10月)にも収録されている。酒井とはどんな人物かと言うと、国会図書館のインターネット公開のダウンロード回数がトップとなり復刻版も出た『エロエロ草紙』の著者と言えば、あの人かとニヤリとする人も多いだろう。本誌に広告が載っているので、写真をあげておこう。ヌードの部分は自主検閲しました(´・_・`)
f:id:jyunku:20190518190930j:plain
(参考)日本におけるムー大陸の最初の紹介者三好武二と熊楠の出会いについては、「50年後の太平洋と1万2千年前のムー大陸を夢見た三好武二」参照。

昭和5年染織図案界のニュータイプ街頭派が大地に立つ‼

f:id:jyunku:20190517180501j:plain
大阪古書会館の古本市では先頭集団の多くは矢野書房の棚を目指す。私も矢野書房を目指すが、ビニール袋に入った雑誌や紙物だけをチェックして、次に古本横丁の和本300円コーナーへ。多くの人は矢野の単行本をまず漁っている。私はそれを尻目に古本横丁の和本コーナーに紛れた和本ならざる洋本を狙いに行くのである。更には変わった蔵書印のある和本を買うこともある。さて、いつぞや拾った写真の『街頭派十回記念塔』(街頭派図書部*1昭和10年4月)もそんな1冊である。このような冊子が和本の山の中にひっそりと埋もれているのだ。
「街頭派」とは洋画家の集団だろうかと思ったが、京都における染織図案家の革新集団であった。昭和5年6月創立で、メンバーは、久富順、木村玉泉、諏訪庚子郎、梅原栄二路、山田恭三、吉田玉城。「街頭派小史」から要約すると、

昭和5年6月7日 街頭派創立 同人(久富、吉田、木村、山田)
同年10月2日 第1回発表展 於京都商工会議所
昭和6年6月11日 新同人梅原の歓迎会
昭和9年6月30日 新同人諏訪の歓迎会
昭和10年4月13日 第10回記念作品展 於公会堂

第2回から第9回までの発表展の時期・場所は省略した。どんな集団だったか、昭和5年10月付けの「宣言‼」から引用してみよう。

(略)
従来染織図案は単に一商品としての社会的存在の意義を認められるに止まりて、その藝術としての地位は極めて惨めなものとされてゐた。之吾等常に苦しみとして来た処である。然しながら吾人は、図案の大衆性と藝術の大衆性とは必然に相連関して、将来図案をしてより高度の藝術的意義を持たしめずにはおかぬであらうことを確信するものである。
今や我等は須らく従来の因習的形式的なる現在の染織図案の域を脱し図案をして純粋藝術の地位まで発展せしむべきである。かくて我等の図案は衣服の図案であり、室内装飾の図案であり、その他の物に就き、より一般的な性質を持つに至るであらう。かくて我等の図案は大衆とよりガツシリと結ばれて行くであらう。
(略)

染織図案界を革新しようとする息吹を感じさせる。具体的にどんな作品だったか、第1回発表展の作品の写真をあげておこう。
f:id:jyunku:20190517180528j:plain
メンバーの一部の経歴が判明しているので、これも紹介しておく。

・『昭和人名辞典』第3巻掲載分
木村玉泉 図案家 本名源次郎。明治34年生。下村玉廣に師事。安藤商店意匠部主任を経て昭和10年創業
・『昭和人名辞典』Ⅱ第3巻掲載分
久富順 染織図案家 明治32年生。昭和4年落合万水塾卒後独立。小巾友仙部門図案家として著名で図連委員を務める。
諏訪庚子郎 染織図案家。明治33年生。昭和2年安田翠仙塾卒。京都千治商店意匠部員として7年間勤務後小巾友仙染織図案家として独立。なお、日本染織図案委員、一般図案懇話会委員を兼任

街頭派が昭和10年の後いつまで続いたか不明だが、メンバーのうち数名は染織図案界でそれなりの地位を有したようである。しかし、明治期の染織図案界の研究は見かけるが、昭和戦前期の街頭派を研究している人はいなそうだ。
(参考)府立京都学・歴彩館が街頭派同人『街頭派』2巻(マリア画房、昭和7年)を所蔵している。

*1:事務所は京都市富小路丸太町

古本横丁の和本300円コーナーで『懐徳堂考』上巻を

f:id:jyunku:20190516185041j:plain
最近大阪古書会館の古本市で古本横丁の和本300円コーナーに懐徳堂関係の資料が出るなあと思っていたら、四天王寺の古本まつりで天囚西村時彦『懐徳堂考』上巻(明治43年3月印刷)を発見。非売品。復刻版が出ているが、嬉しい1冊。古本横丁はとんでもない本を出すなあ。復刻版の『懐徳堂付録』(懐徳堂・友の会、昭和59年3月)の「例言」によると、

本書は天囚西村時彦氏の名著『懐徳堂考』初印本の複刻である。同書は明治四十三年二月より大阪朝日新聞に「懐徳堂研究その一」と題して連載されたものを、社友有志が同年三月「懐徳堂考上巻」と改題して刊行、翌四十四年七月に同下巻を続刊、二次に亙って私に印行したものである。その頒布部数上巻三十五部、下巻七十五部に過ぎず、まさに稀覯の書というべきものである。

上巻35部の残存状況だが、阪大の総合図書館、池田歴史民俗資料館のほか、国会図書館サーチでヒットしないが大阪府中之島図書館が所蔵しているようだ。私のと併せて現存4部となるか。

福来友吉に仲人をしてもらった心理学者高橋穣

f:id:jyunku:20190515201229j:plain
阪神百貨店の古本まつりで買った『高橋穣小論集』(高橋秀俊、昭和43年7月)。矢野書房出品で300円だったか。心理学者、倫理学者だった高橋穣(たかはし・ゆたか)の饅頭本。経歴が面白いので購入。年譜によると、

明治18年5月 香川県三島郡和田村生
明治39年7月 第一高等学校卒
同年9月 東京帝国大学哲学科入学。元良勇次郎教授のもとで心理学を専攻
明治42年7月 同学卒業。大学院に籍をおき、研究のかたわら、元良博士『心理学概論』著作の助手をつとめる。
大正2年11月 福来友吉博士夫妻の媒酌により、故元良博士次女静と結婚
大正6年7月 『心理学』(岩波書店)出版
大正11年4月 東京女子大学、法政大学講師 
大正13年11月 第一高等学校教授
昭和5年9月 東北帝国大学法文学部哲学科教授
昭和22年3月 東北大学を停年で退職
同年4月 成城大学々長
昭和27年5月 成城大学を辞職
同年10月 学習院大学教授
昭和33年3月 学習院大学退職
昭和43年5月 没

大正2年11月に福来友吉の仲人で結婚してるね。福来は前月の27日に東大から休職発令を受け、2年後の4年10月に失職している。詳しくは、「福来友吉の東京帝国大学文科大学助教授追放に関する二つの説」参照。高橋は千里眼事件の騒動や福来の休職・失職を身近に見ていたはずだが、何か記録を残していないだろうか。