神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

中支派遣軍に応召中の池田彌三郎から岡山の郷土史家花田一重宛の絵葉書


 中支派遣軍三枝部隊片山隊で応召中の池田彌三郎から岡山の六条院町の花田一重宛軍事郵便。これも、「戦時下におけるアチックミューゼアムの宮本常一と岡山の郷土史家花田一重ーー須藤功『宮本常一』(ミネルヴァ書房)に寄せてーー - 神保町系オタオタ日記」で紹介した@pieinthesky氏から入手した花田宛書簡群の一つである。岡山の郷土史家花田の経歴を『岡山県歴史人物事典』(山陽新聞社、平成6年10月)から要約しておこう。

花田一重 はなだかずえ 明治22~昭和46
教育者・郷土史家。浅口郡六条院中村生。明治42年岡山県師範学校卒業。同年鴨方東尋常高等小学校訓導となり、以後岡山県戦捷紀念図書館司書*1、勝山高等女学校、観生高等女学校、玉島高等女学校、精華高等女学校(呉市)、六条院中学校などで教鞭を取り、昭和27年玉島高等学校の司書教諭となる。若くして郷土史の研究に取り組み、大正10年『浅口郡誌』の編纂に加わり、以後『岡山県史』や浅口郡内の町村史の編纂に関係。

 葉書を受け取った時点では、故郷の六条院中学校の教員だったと思われる。一方、応召中の池田の動静は、井口樹生著・藤原茂樹編『新編池田彌三郎の学問とその後』(慶應義塾大学文学部国文学研究室、平成24年10月)の年譜によれば、

昭和16年7月 世田谷の東部第12部隊池上隊に入隊。満州第379部隊第3大隊段列笹原隊第3班に配属
同年9月 駐留態勢となり、ハルピン郊外4里の孫家に移駐
昭和17年1月 陸軍一等兵となる。7日叔父池田大伍没
同年7月 陸軍上等兵となる。
昭和18年1月 陸軍兵長となる。
昭和19年3月 馬に蹴られて左腎臓破裂。入院
同年4月 陸軍伍長に任官する。入院中中隊はチチハルに移駐し、あとを追う。
同年6月 チチハルにて再編成。第9中隊に所属して南方に向かう。
同年8月 宮古島上陸

 池田は当初笹原隊に所属していたが、葉書の発信時には片山隊に所属していたことになる。葉書の中央部に「224」と書いてあるように見えるので、2月24日とすると、昭和17年2月、18年2月、19年2月のいずれかに発信されたと推定できる。この辺り、池田の経歴に詳しい人なら解明できるだろうか。
 肝心の文面だが、3分の1は消えている上、残りの部分もほとんど判読できない。冒頭に「先日は□なつかしき」とあるほか、「存じます。私もお蔭様」「の賜と感謝」「吾々も」「銃後」などが断片的に判読できるだけである。ただ、以前から池田と花田に交流があったことは分かる。池田からの葉書はこれだけで、他にもあったかもしれない書簡はどうなったことやら。なお、裏面は曙堂《張家口》という絵である。よくある絵葉書のようで、ヤフオクに多数出品されている。

旅する巨人宮本常一と七三一部隊に協力した亀井貫一郎の聖戦技術協会


 須藤功『宮本常一:人間の生涯は発見の歴史であるべし』(ミネルヴァ書房、令和4年5月)121・122頁に

(略)澁澤邸に泊まっていた[昭和二〇年六月]一一日に、日本銀行総裁になっていた澁澤敬三から聖戦技術協会へはいるように勧められた。陸軍の仕事で農村視察するのだという。承諾して陸軍省へ行って要人に会い、農村の実情を話した。(略)

とある。また、134頁には、

 [昭和二一年]二月二六日の朝九時半に品川に着くと、まず小石川林町(文京区)の新自治協会へ行き、次いで常民生活科学技術協会に亀井貫一郎を訪ねた。そこで月の半ばだけ勤めて手伝ってくれといわれた。あまり気のすすまぬまま了解しておいた。

とある。これはやや不親切な記述である。というのも、「旅する巨人宮本常一が寄り道した聖戦技術協会(その2) - 神保町系オタオタ日記」で紹介したように、常民生活科学技術協会は聖戦技術協会を戦後改称したものだからである。そして、恐ろしい話だが、「731部隊と亀井貫一郎 - 神保町系オタオタ日記」で発見したとおり、聖戦技術協会は七三一部隊に協力した団体である。更に恐ろしいことに「聖戦技術協会と下山事件 - 神保町系オタオタ日記」で見たように、下山事件とも繋がってくる可能性がある。科学史や医学史の研究者はまだ聖戦技術協会に注目していないようだが、詳細が不明なので是非調べていただきたいものである。
 この聖戦技術協会、戦後公職追放の対象になる団体に指定されてもよさそうなものだが、指定されていない。例えば「昭和22年勅令第1号公職に関する就職禁止、退職等に関する勅令の施行関する命令」(昭和22年閣令内務省令第1号) 別表第1第4号2ハには国防機械化協会が、同表第7号備考6号及び別表第2第11号には昭和通商株式会社*1が指定されているのである。しかし、聖戦技術協会は見当たらない。これは、七三一部隊が戦犯や公職追放を免責されたのと併せて、関連団体である聖戦技術協会も公職追放を免れたのかもしれない。ただし、理事長である亀井は「翼賛政策局東亜部長著書」を理由として、公職追放にはなっている。およそ戦争責任とはほど遠そうな常一ではあるが、随分怪しい団体と関係していたことになる。

書砦・梁山泊の島元健作氏から貰った開かずの日記に隠された謎の暗号文ーー暗号を解ける日本のホームズはいるか?ーー


 数年前に書砦・梁山泊京都店の島元健作氏から鍵のかかった日記をいただいた。鍵がついてなくて、中は見られなかった。ただ、隙間から見える記述から昭和9年の日記で、旧制第三高等学校の寮歌「紅もゆる~」が書かれていることは分かった。三高の生徒の日記なら面白そうと思いながらも、開かずの日記のまま数年が経過した。
 ところが最近Twitterに日記の画像を挙げたところ、骨董屋の@pieinthesky氏が手持ちの鍵が合うかもしれないと御教示してくれた。早速骨董市に持参してくれた鍵を使うと、見事に80年以上の時を経て、開かずの日記が開かれた。これには、わしも驚いた。
 問題の三高の寮歌が出てくる記述だが、歌っていたのは日記の筆者ではなかった。1月6日の条で、筆者は寮歌を歌う三高生に出会い、自分はいつになったらあんな日が訪れるだろうかとの記述であった。結局筆者は高等学校への進学はできず、大阪歯専、薬専(京都薬専?)、同志社を受験しているようだ。「住所氏名録」に大阪の古米淑郎の名前が出ていて、古米はネットで読める「WEKO - 同志社大学学術リポジトリ」によると昭和11年3月同志社大学予科修了、戦後同志社大学人文科学研究所長になる人物なので、筆者は同志社大学の在学中に古米と知り合ったのだろう。
 日記の裏見返しには、サインがある。通常なら、日本人と思われる日記の筆者のサインだろう。ただ、英文に堪能な方に見ていただいたが、解読が難しいらしい。部分的に読める所だけでも、日本人の名前っぽくないようである。一方、本文中のアルファベットの練習と思っていたアルファベット群がどうやら暗号文らしいことに気付いた。数箇所あるが、一日分だけ写真を挙げておく。まさかとは思うが、サインも暗号化されているのかもしれない。

 アルファベットの小文字26個プラス大文字26個を使って、日本語の50音に対応させているのだろうから、簡単に解けるかと思ってしまった。しかし、単純に「abc~」→「あいう~」又は「いろは~」という対応関係にはなっていない。これこそ、人口知能なら簡単に解けるかもしれない。いや、むしろ「日本のホームズ」の登場が期待される。われこそはと思う方は、ぜひチャレンジしていただきたい。なお、文末に何度か出てくる「q(下線付)AH」は、暗号文でない文章によく使われている「だらう」の可能性がある。少なくとも、下線は濁音を表していると思われる。また、友人の名前としては石垣、藤井、中島、八幡、鷺野などが出てくる。解読の参考にしていただきたい。

皇道世界政治研究所の賛成者佐藤鐵太郎海軍中将が会長を務めた財団法人奉仕会の機関誌『奉仕の友』


 『奉仕の友』114号(財団法人奉仕会、昭和17年3月)。これも平安蚤の市でナンブ寛永氏の200円均一箱から入手。数冊あったが、会長の佐藤鐵太郎海軍中将の追悼記事が載る本号だけ購入。追悼文としては、佐藤と海軍兵学校で同期だった鈴木貫太郎海軍大将・男爵や副会長の若王子文健男爵の一文が載る。その他の記事は、栗原美能留(大政翼賛会壮年団総務)「我れは獅子の子なり」や小山亮清(陸軍航空本部部員・陸軍中尉・工学博士)「空中戦と列国空軍」などである。
 佐藤の名前は、「ここにも市河彦太郎の影が・・・ - 神保町系オタオタ日記」で言及していて、天津教の外郭団体とされる皇道世界政治研究所の関係者の一人として記憶していた。同研究所の発起人及び設立趣意への賛成者の名簿は、国会図書館デジコレで読める中島今朝吾『皇道世界政治の提唱』(皇道世界政治研究所、昭和17年12月)に掲載されている。それで本号の裏表紙に載る財団法人奉仕会の役員名簿と付きあわせると、理事の三室戸敬光が研究所の発起人、顧問の水野練太郎と柳原義光が賛成者であったと分かる。もっとも、本号を見る限りは特に天津教色はない。あくまで財団法人という公益法人である以上特定の、しかも検挙歴のある宗教団体に傾倒することはあり得ないだろう。

 財団法人奉仕会は、石川泰志『佐藤鐵太郎中将伝』(原書房、平成12年7月)448頁によると、「教育勅語ト。[ママ]戊申詔書ヲ奉體シ、我肇國ノ本義ヲ明徴ナラシメ、敬神崇租ノ國風ヲ助長シ、質質剛健ナル國民生活ヲ確立シテ、一億奉仕ヲ以テ 皇國ノ興隆ニ貢献セントスル」目的で大正10年に創立され、佐藤は14年12月に会長に就任している。本号には各区役所との共催による決戦体制下指導者講座に関する記事も載る。ただし、極端な国家主義的団体ではなかったようで、戦後公職追放の対象となる団体には指定されていない。
 もっとも、役員の一部は個別の事由により、「公職追放に関する覚書該当者名簿」に名前が挙がっている。例えば、三室戸敬光(時局協議会世話人)、小笠原長生(正規海軍将校)、柳原義光(時局協議会世話人)、荒木貞夫(文相正規陸軍将校戦犯)、水野練太郎(大日本興亜同盟副総裁)、鈴木貫太郎(正規海軍将校)、関屋龍吉(国民精神文化研究所々長社会教育会常務理事著書)などである。今泉定助は昭和19年に亡くなっているので本来は公職追放になり得ないが、なぜか「時局協議会客員」該当として名前がある*1
 佐藤は昭和17年3月4日没。石川著にも葬儀の写真が出ていないので、本号から転載しておこう。焼香者の中には、頭山満の名前もある。

 

*1:死者への行政処分は無効なので、法的には公職追放になっていないと言うべきである。

戦時下におけるアチックミューゼアムの宮本常一と岡山の郷土史家花田一重ーー須藤功『宮本常一』(ミネルヴァ書房)に寄せてーー


 須藤功『宮本常一:人間の生涯は発見の歴史であるべし』(ミネルヴァ書房、令和4年5月)が刊行された。それで、平安蚤の市で入手した常一の葉書を思い出した。岡山の郷土史家だった花田一重宛書簡群の1枚である。昭和16年11月12日付けでアチックミューゼアムの常一から、呉の精華高等女学校の花田宛である。内容は、問い合わせされた『瀬戸内海巡訪日記』の発行は昭和15年であること、自分は越後へ向かう汽車の中にいて、今後越前、大阪、山口、高知、徳島へ行くことなどが書かれている。
 須藤著102・103頁によると、常一は、昭和16年11月15日・16日に新潟民俗学会の『高志路』主催の「地方文化講習会」の講師として呼ばれ、「年中行事と祭」について話している。その後越前石徹白を経て郷里の周防大島(山口)へ。ここで開戦を知る。その後、土佐寺川、徳島祖谷山への調査に回っているので、開戦に遭遇しながらも葉書に記載した通りの調査をしたことになる。『瀬戸内海巡訪日記』は、正しくは『瀬戸内海島嶼巡訪日記』で、昭和15年にアチックミューゼアムから刊行されている。
 花田宛書簡群にはまだまだ興味深い物があるので、追々紹介していきたい。

 

山川健次郎京都帝国大学総長と平瀬貝類博物館ーー『山川健次郎日記』原本を持ってるのは、誰だ?ーー


 尚友倶楽部編『山川健次郎日記:印刷原稿第一~第三、第十五』(芙蓉書房出版、平成26年12月)なる本が出ていたので、読んでみた。驚くべき記述が幾つかあった。そのうち千里眼事件に関する記述は、小宮京・中澤俊輔「新史料発見 会津人が駆け抜けた近代日本 帝国大学総長山川健次郎日記(写本)前編」『中央公論平成26年1月号で紹介されているので、今回は岡崎にあった平瀬貝類博物館に関する記述にしよう。

(大正三年)
 十二月一日
出。九時邸を出で京都に於ける文展を一覧す。
(略)
午後平瀬具[ママ]陳列所に至る、館主懇に案内せらる。夜に入り同人より何か贈物あり、之を返す(平瀬の下脱字あるか)。
(略)

 山川は東京帝国大学総長に加え、大正3年8月19日から京都帝国大学総長を兼任していた。京都帝国大学総長に就任したばかりの山川が訪問した平瀬貝類博物館は、大正2年から8年までの短期間しか存在していなかった。日記中の「館主」は、平瀬與一郎である。息子の信太郎は翌年から東京帝国大学理科大学動物学科で学んでいる*1
 大正7年に伊良子清白が同博物館を訪問していたことは、「京都の上野、岡崎にもあった博物館ーー平瀬與一郎の平瀬貝類博物館ーー - 神保町系オタオタ日記」で紹介している。まさか、短期間しか開館していなかった平瀬貝類博物館を訪問した2人目が見つかるとは。しかもそれが、山川という大物だったとは凄いですね。なお、9月から龍谷ミュージアムで「博覧ーー近代京都の集め見せる力ーー初期京都博覧会・西本願寺蒐覧会・仏教児童博物館・平瀬貝類博物館」(仮称)の開催が予定されている。
 ところで、前記『山川健次郎日記』の小宮京・中澤俊輔「[解題]日記から見える山川健次郎」によると、同書は秋田県公文書館で発見された写本を翻刻したものである。山川の日記原本は大正2年8月から昭和6年1月まで存在し、平成13年に古書市に売りに出されたことは確認できたが、その後の行方は不明だという。どこの誰が持っているか分からないが、現時点で入手してから20年以上も論文等に発表していないことになる。死蔵してるなら、再び古書市に放出するか、しかるべき研究機関に寄贈するべきだろう。
参考:「龍谷大学龍谷ミュージアムで仏教児童博物館に関する展覧会を開催ーーオタどんのツイートが切っ掛け⁉ーー - 神保町系オタオタ日記
ーーーーーーーーーー
三条河原町の京阪書房が6月18日に閉店されるとのこと。
京都新聞谷崎潤一郎も愛した古書店「京阪書房」閉店へ店主の思い」掲載

 

*1:奥谷喬司監修『ニッポン貝人列伝:時代をつくった貝コレクション』(LIXIL出版、平成29年12月)の「平瀬信太郎」に「1914(大正3)年、上京して東京帝国大学の理学部動物学科に入学」とあるが、『東京帝国大学一覧:従大正四年至大正五年』(東京帝国大学、大正5年2月)によれば、入学は大正4年である。同期に森於菟がいる。

大正11年関西大学大学部経済科を卒業した吉川太三郎のその後ーー関西大学博物館で大学昇格100年記念展を開催中ーー


 1922(大正11)年6月5日専門学校であった関西大学は、大学令に基づく大学として認可された。今年が大学昇格100周年ということで、関西大学博物館で記念展示会「真理の討究 学の実化」を開催中。観覧してきたが、関西大学初の女子学生(聴講生)である北村兼子*1SPレコード『怪貞操』(ニットー・レコード社、昭和2年)の発見に関する展示・映像には驚いた。レコードの音声はホームページ「関西大学 大学昇格100年記念展示会「真理の討究 学の実化」| 関西大学博物館」でも聴ける。また、発見の経緯はネットで読める篠塚義弘「北村兼子のSPレコード『怪貞操』の発見について | CiNii Research」を参照。その他、大学昇格に尽力し、大正11年5月に総理事、翌年に学長になった山岡順太郎関係の展示が日記も含まれていて面白かった。
 この展覧会を見て、数年前に知恩寺の古本まつりで福田屋書店の和本200円均一台で見つけた関西大学の学生の『留学生許可願』を思い出した。早速古本屋の倉庫みたいな我が家から掘り出してきた(^_^;)冒頭の写真がそれで、驚いたことにまさしく大学に昇格した大正11年6月の日付である。宛先も総理事に就任したばかりの山岡宛である。願の内容は、吉川太三郎が自己負担で米国に経済学を学ぶため留学したいので、許可を願うというものである。吉川は明治31年大阪府生まれ、大正11年3月関西大学大学部経済科を卒業し、高等研究科で経済学を専攻中であった。
 父親の吉川竹三郎は、「『人事興信録』データベース」でヒットする。明治元年生まれで、帽体製造業を営む傍ら、淀の水高等女学校(現昇陽中学校・高等学校)を創設し、校主となっている。『日本人物情報大系』39巻(皓星社)で復刻された『第5版財界人物選集』(財界人物選集刊行会、昭和14年6月)では、淀の水女学校校主、此花商業学校(現大阪偕星学園高等学校)校主でもあった。長男太三郎は此花商業学校長となっている。『留学生許可願』が古書市場に出たということは、関西大学に提出されなかったのだろうか。あるいは、2部作成して1部を提出して、手元に残した1部が市場に出たのだろうか。そして、太三郎は米国に留学できたのだろうか、100年も前の話であるが、気になるところである。