神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

松村又一の『民謡レビユー』に日本我楽他宗奈良別院第四番札所宮武正道の「パラオ島の民謡」

f:id:jyunku:20190922141324j:plain
一昨年の9月文庫櫂で『民謡レビユー』2巻6号(民謡レビユー社、昭和6年7月)を1,000円で入手。状態が悪いので300円ぐらいで入手したいところだが、国会図書館サーチやCiniiでヒットしないので、この値段なのだろう。編輯兼発行人は松村又一。経歴は『日本近代文学大事典』にも立項されているが、松永伍一『日本農民詩史』上巻(法政大学出版局、昭和42年10月)中「第五編田園の詩情」の「第五章松村又一の進出」から、要約しておこう。

明治31年3月 奈良県大和高市の農家生
? 畝傍中学校を卒業後、農業に従事。前田夕暮主宰の『詩歌』に所属し、その才能を認められる。
大正11年 大関五郎、泉浩郎らと詩誌『私達』を発行
大正12年 第一詩集『畑の午餐』(抒情詩社)刊行
? 京都の地方新聞記者となり、編集長となったが辞めた。その頃阪中正夫らと『関西詩人』を創刊(北園克衛、田中克巳、野長瀬正夫らがいた)
大正15年 詩のアンソロジー『関西詩選』などを出版。詩誌『雲』創刊
昭和2年 上京
昭和4年 雑誌『民謡月刊』創刊。同郷の大地主西川林之助の経済援助で月刊体制をとっていく。民謡関係の著者を出し、レコード会社に入る。
戦時中 広文堂にいたり、彰考書院創立に参加
昭和19年 茅ヶ崎で半農生活に入る。
戦後 テイチク、東芝などの専属作詞家、全国愛農会顧問、『スバル』主宰。『詩人連邦』同人。

これに加えれば、『雲』は正しくは大正12年11月創刊*1、『関西詩人』は大正13年8月創刊、平成4年9月没。
f:id:jyunku:20190922141420j:plain
目次の写真も挙げておこう。民謡には関心がないが、宮武正道「南洋パラオ島の民謡」と北村信昭「パラオの民謡と民話」が面白そうなので購入。
宮武は『日本エスペラント運動人名事典』に立項されているが、黒岩康博『好古の瘴気 近代奈良の蒐集家と郷土研究』(慶應義塾大学出版会、平成29年11月)の「第八章宮武正道の「語学道楽」」に詳しい。それによると、大正元年奈良市生、昭和4年奈良中学校在学中に奈良エスペラント会を創設、5年天理外国語学校馬来語部に入学。同年、パラオから天理教校へ留学に来ていたエラケツと知り合い、聞き取った伝説・民謡を『南洋パラオ島の伝説と民謡』(昭和7年2月)として九十九豊勝の東洋民俗博物館から刊行。九十九が作った「日本我楽他宗奈良別院」の「第四番札所 性洞山食人寺」と称し、また乾健治編『大和蒐集家人名録』(山本書店、昭和7年1月)にも掲載されているというから、筋金入りの趣味人・蒐集家である。
北村も奈良県出身で、奈良エスペラント会のメンバーであった。前掲事典によれば、新しき村奈良支部の創設に参加している。同支部については、「飛鳥園内新しき村奈良支部の新藤正雄宛柳宗悦講演会の案内葉書 - 神保町系オタオタ日記」参照。奈良大学に「北村信昭文庫」があり、平成28年に同大学博物館で「好奇の人・北村信昭の世界『奈良いまは昔』展 - 展示紹介 |奈良大学博物館 nara university museum」が開催されている。同文庫は、北園の書簡や詩稿も所蔵している。
本誌の松村「編輯餘談」に、

それでも民謡月刊当時はまだ売れた。民謡月刊から見ると民謡レビユーはずつと内容から見て面白くなつてゐるのだがどうも売れない。これも不景気のせいだらう。他の雑誌のことを云つて悪いが「民謡音楽」も矢張りひどく売れなかつたらしい。(略)

とあり、『民謡レビユー』は『民謡月刊』を改題したもののようだ。そちらも国会図書館サーチやCiniiでヒットしない。しかし、念のため昭和女子大学図書館のOPACを検索すると、『民謡月刊』(麦風社、昭和4年7月-5年)がヒット。昭和女子大学図書館だけの現象かは不明だが、近代文学研究者はCiniiでヒットしない場合でも、再度同図書館のOPACに当たった方がよいだろう。
f:id:jyunku:20190922141338j:plain

好古の瘴気:近代奈良の蒐集家と郷土研究

好古の瘴気:近代奈良の蒐集家と郷土研究

*1:2年2号,大正13年2月に北園が本名の橋本健吉名で「奈良の秋」、「サフラン」を寄稿

近代京都を彩った奇人・変人・偉人・パワースポット

近代の京都を彩った人物・グループで私の関心を惹くものとしては、次のようなものがある。細い線・太い線で繋がる関係もあれば、今のところ関係が不明のものもある。いつかこれらの相関関係を図示できるだろうか。

鈴木大拙
寿岳文章
三人の西田(西田幾多郎西田直二郎西田天香)
二人の金子(文人宿萬屋の金子竹次郎・日出新聞記者金子静枝)
趣味人・郷土史家のグループ(田中緑紅の郷土趣味社・江馬務の風俗研究会・武田修の京都寸葉会・辻井甲三郎の日本蔵書愛好会)
小林参三郎の再世会病院・小林信子の静坐社
国鉄哉の嵯峨断食道場
出版社(日本心霊学会・六大新報社・中外日報社・臼井書房)
印刷会社(唐舟屋印刷所)
書店(西川誠光堂、ワキヤ書房)
図書館(昭和図書館)
洋画商(三角堂)
京都図案会

10周年を迎えるフリペ『フリースタイルな僧侶たち』を生んだ京大教授の口癖

f:id:jyunku:20190920195540j:plain
丸善で『フリースタイルな僧侶たち』55号をもらってきた。平成21年8月創刊で今年が10周年とのこと。初代・第2代の代表(池口龍法氏、若林唯人氏)に対する現代表加賀俊裕氏のインタビューを掲載。池口氏が語る創刊時の状況。

(略)ヒントにしたのは、意外かもしれませんが、新宗教の布教活動でした。当時は知恩院に通勤するために毎朝京都の四条大橋を渡ってたんですけど、いつも『目覚めよ』という冊子を配るエホバの証人の方がいまして、ほぼすべての人は警戒してスルーしてましたけど、めげずにやりぬく努力はすごいなと。だから、負けないぐらい努力しようと考え、無料で手に取ってもらえるフリーペーパーを発行することにしたわけです。それが10年前です。(略)

創刊後大騒ぎになり、毎週メディアから何本も取材を受けたという。確かに、私もネット上で異色のフリペとして話題になったのを覚えている。
京大の広報誌『紅萠』に池口氏が登場したのも拝見したことがある。ネットでも読める26号,平成26年9月だが、「巻頭エッセイ 私を変えた、あの人、あの言葉」欄に「Don't leak the water!!」が掲載された。京大でインド及びチベットの仏教学を研究した池口氏の大学院時代、研究室の教授は口癖のように「文献というものは、水も漏らさぬように読むんです」、特に「アメリカやヨーロッパの研究論文も水も漏らさぬように読み尽くせ」と言っていたという。そのため、「Don't leak the water!!」が研究室仲間の合い言葉になった。教授は、サンスクリットチベット語、漢文の読解は勿論、英語、フランス語、ドイツ語は読解のみならず会話もできるようにと要求したらしい。池口氏は、このままでは学生生活は語学の思い出しか残らなくなると、サークル活動に耽り、院を中退し、僧侶になった。事情に疎いのでどういう先生か知らないが、お眼鏡にかなうような優秀な院生はいたのだろうか。
f:id:jyunku:20190923053233j:plain

ウィリアム・ジェイムズの弟子小川忠蔵神戸高等商業学校教授

f:id:jyunku:20190919194045j:plain
日本霊学研究所長関昌祐=関書院の関為之祐と判明したが、関の神戸高等商業学校時代の恩師はウィリアム・ジェイムズの弟子だったらしい。『霊光』3年8号(霊光洞本部、大正15年10月)の「神秘の世界への思慕」によれば、

曽て恩師小川忠蔵先生(神戸高商教授)を訪問した時の物語に、先生は其昔在米遊学中、かの大心理学者ウヰリヤム、ゼームス教授に師事されたお方であるが、某時先生は次のやうな質問をせられたそうである。==

小川がジェイムズに訊いたのは、「ジョン・スチュアート・ミルが、自叙伝中で宇宙には統一的な神があるとは思われないが、何かある人格的な神の存在を認めねばならぬような気がすると言ってますが」ということであった。ジェイムズの答えは、

処がゼームス教授の返答がまた実に意外な言葉であつて、先生も大変驚いたと云ふ事である。其返答は「そうですよ、宇宙には判つたと思はれる事柄は何ほどもないのですからネ」とあつた。
私はこの短い物語を聞いてゐた時、頭に浮んだ事は(略)また、かの師、福来博士は「科学者はエーテルを仮定してゐながら、エーテルといふものをさも見て来たかのやうに云つてゐるのが、実に可笑しいではないか」と云つて笑はれた事などであつた。
ゼームス教授は、晩年になつて強い心霊主義者になれたことは人の知る所である。福来博士の事は今更言ふまでもない吾が国の学問的心霊主義の元祖だから。両所共に否み能はざる経験から、乃至学問に対する熟誠から「怪力乱神」を語らざるを得ざるやうになられた方々である。(略)

関が神戸高等商業学校の生徒であったことは、『神戸高等商業学校一覧 自明治三十九年至明治四十年』に本科第一年(予科第二部出身)とあることで、確認できた。ただし、卒業年は確認できなかった。また、小川が同校にいたことは、『神戸高等商業学校一覧 明治四十二年四月至明治四十三年三月』に英語講師とあった。肩書は「バチエラー、オフ、アーツ(オベリン大学)」と「マスター、オフ、アーツ(ハーヴアード大学)」である。同一覧の大正15年版では、教授になっている。ハーバード大学でジェイムズ(明治43年没)に学ぶ機会はあったようだ。ということは、日本霊学研究所長関昌祐はウィリアム・ジェイムズの孫弟子だったと言えるかもしれない(まさか)。
もっとも、小川は関への私信で「敢て不思議を説きません。之れ私の主義です」と書いていたというので、教えたのは英語(とジェイムズの思い出)だけだったのだろう。
追記:「ざっさくプラス」で小川は15件ヒット。「<想苑>神秘派哲学」『新人』8-4,明治40.4が気になる。
参考:「西田天香の『光』(一燈園)に金子白夢や霊光洞の西昌祐 - 神保町系オタオタ日記
f:id:jyunku:20190919194100j:plain

福来友吉と四国巡礼をした元自由キリスト教会の岩橋三渓

大正4年10月に東京帝国大学を追われた福来友吉は、4年後の大正8年3月から4月にかけて四国巡礼の旅に出た。大正12年の妻と共に出かけた四国巡礼については福来の研究書で言及されるが、なぜかこの大正8年の巡礼については言及されてこなかった。しかし、この時の四国巡礼は福来にとって、重要な旅であった。
『四国巡拝の動機と其の感想』(高野山讃岐別院、大正8年11月)*1によると、

私は、今回の巡拝中、大師様の御蔭で、ジエームス教授の所謂「不可見の実在」てふものを実地に感見させて戴きました。それは「肉眼には見えないけれども、たふとき活きたる霊なるものが実在してゐて、それが私と、始終、平等的に相対して呉れてゐる」といふ最もありがたき宗教的経験なのです。(略)」

このウィリアム・ジェイムズの「不可見の実在」を感じることができた四国巡礼の旅に同行したのが「大阪市駐在布教師」なる岩橋三渓であった。その岩橋の驚くべき経歴が若干判明したので、福来好き(?)の皆様に紹介しておこう。
『六大新報』2361号,昭和27年10月の「岩橋三渓大僧正遷化」に岡山県浅口郡西阿知町医王寺住職の岩橋が80歳で遷化とある。そして、「ヘブライ語の権威者でありユダヤ研究を以て名高く明治天皇に数度拝謁を賜っている」という。ヘブライ語のできる坊さんとは驚異的だが、調べると元はキリスト者であった。
岩橋が『六大新報』891号,大正9年11月の「高野寺の仏教講習会(二)」に次のように書いていた。

拙者が、曽て自由キリスト教徒の一人として、英人リード氏、その他、二三の内外人と協力し、可なりの成績の下に、最も自由なる新神学主義の伝道を試みてゐた当時の事、リ氏と共に高知市における自由派の同輩二三を訪ひ、其の人々と共に「日本に於けるキリスト教の前途」なる一の預言的問題についての評議会を催し、次手に演説会をも開きて、極めて無遠慮に彼の保主[ママ]的キリスト教者なるものゝ頑迷なる信仰ぶりを批難し「日本に於ける今後のキリスト教は、仏教を善意的に了解して、之れと相携へて運動し得るほどの訳の分かつた一派のものでなくては叶はぬ。それには吾が「自由キリスト教会」そのものが最も適当してゐる。(略)キリスト教者は総じて仏教を邪教であるかのやうに視てゐるから困る。仏教は決して邪教でない、立派な教である。(略)」といふ風に、憚る所もなく自家一流の所信を述べた(略)

岩橋は自由キリスト教会に所属していたようだ。そこで、ヘブライ語の知識を得たのだろうか。また、グーグルブックスによれば、本庄繁や真崎甚三郎の日記に登場しているほか、『特高月報』昭和18年7月号に「国際政経学会香川県支部に於ては高松市三越本店に於て同会岡山支部顧問岩橋三渓を講師に招聘」とあるようだ。国際政経学会まで出てくるとは、予想外であった。四国巡礼の後、岩橋は福来とはどの程度交流していただろうか。
参考:
唯書房出品の『密教講演集』第一輯(密教青年会・新密教社、大正9年1月) - 神保町系オタオタ日記
f:id:jyunku:20190918192700j:plain

*1:初出は、『六大新報』816号,大正8年6月~821号,大正8年7月

昭和14年1月柳田國男と尺八の公開演奏会で出会った満洲国暦法顧問佐藤了翁

臨川書店のバーゲンセールで冨山房国民百科大辞典の禅宗関係原稿を発見 - 神保町系オタオタ日記」で戦前の『国民百科大辞典』(冨山房)の「易」に関する項目を担当した満洲暦法顧問佐藤了翁に言及した。『日本人物情報大系』別巻11-20(満洲編被伝記者索引)には立項されていなかったが、経歴が若干判明したので、報告しておこう。
大正12年8月17日付け読売新聞朝刊によれば、「漢文のかたはら易を見て」いるが、客が来ないので長女が琴曲指南で家計を支えているという。新聞記事になったのは、次女が米の買占めで悪名高かった故増田貫一の息子と家出をしてしまい、佐藤が娘を探しに九州まで行くというものである。53歳とあるので、明治4年生まれということになる。後に、満洲暦法顧問として、『国民百科大辞典』に参加する佐藤だが、大正期にはぱっとしない存在だったようだ。
その後の消息だが、『虚無僧谷狂竹』(稲垣衣白、昭和60年6月)に名前が見える。それによれば、昭和14年1月22日谷狂竹らの普化尺八会の第2回公開演奏清談会に出席している。谷については、ネットの「コトバンク」を見られたい。それに加えれば、大正7年から虚無僧として全国を行脚していたらしい。驚くのは出席者に柳田國男の名前があることだ。藤田徳太郎の名前もあるので、民俗学者の柳田と同定してよいだろう。柳田と藤田は、『柳田国男伝』別冊(三一書房、昭和63年11月)の「柳田国男年譜」に、

(昭和十五年)
九月十六日 民謡談話会(町田嘉章を中心に民謡採集についての会を主催する。前掲『民間伝承』)を開く。兼常清佐、小寺融吉、有馬大五郎ら(柳田千津子、黒田清、藤井清水、藤田徳太郎、筑土鈴寛、橋浦泰雄大藤時彦、倉田一郎も参加した。前掲『民間伝承』)が出席。

とある。
柳田の尺八公開演奏会への参加については、最新の『柳田國男全集』別巻1(筑摩書房平成31年3月)の年譜にも記載されていない。柳田や藤田の他には、横山雪堂、川瀬順輔、石田定山、稲垣束、ロシア音楽の研究者?中島六郎らが出席している。佐藤はその後も出席しているが、柳田や藤田は出席していない。柳田と尺八がどうつながるのかはよく分からないが、満洲暦法顧問の佐藤と柳田の人生は一日だけ交錯したようだ。

柳田國男に負けじとタピるオタどん

f:id:jyunku:20190914172304j:plain
河原町で行列のできる店というと、この間までは抹茶館で、いつ見ても100人以上並んでいたものだった。その後、6月にできた生タピオカの専門店モッチャムに人の波は移った。今はやや落ち着いて、並ぶ人の数も減っている。
ところで、テレビでも紹介されたという本ノ猪君(@honnoinosisi555)のツイートに、柳田國男もタピオカを食べていた(飲んでいた、ではない)というのがあった。出典は、柳田の『民間伝承論』(共立社、昭和9年8月)である。該当部分の写真をあげておく。
f:id:jyunku:20190914191006j:plain
「(略)たとへば私の家の朝飯には、折としてタピオカを食ふことがある。それをたま/\来合せて心づいた学者が、日本人の食物は爪哇産の草の根の葛を煮た粥で、半透明のものだと報告したならばどうであらう。(略)」。『定本柳田國男集』別巻5の「総索引」に「タピオカ」は立項されていないが、この部分は重出立証法を説明した箇所で、その筋の人にはよく知られているらしい。
この本は、なぜか開催されなくなった弁天町オーク200の古本まつりで、100円均一台から購入。柳田の単行本が10冊以上出ていたと思う。特に貴重なものは出ていなかった。旧蔵者は「藤井」という人である。なぜわかるのかと言えば、「藤井氏蔵書」印が押されていたからだ。
f:id:jyunku:20190914193453j:plain
写真をあげたが、答えを聞いても「藤」の字は「えーっ……」という人が多いだろう。わしも全然読めなくて、例によって蔵書印さん(@NIJL_collectors)に御教示いただいた。蔵書印さんが管理する国文研NIJL 蔵書印データベース」中の「蔵書印DB検索画面」の「詳細検索」で、「蔵書印文」が「蔵書」、「印字文字数」が「5」、「印字行数」が「3」を検索すると、66件ヒットするが「山崎氏蔵書」などはあるものの、残念ながら「藤井氏蔵書」はなかった。皆さんも手持ちの古本で謎の蔵書印があったら、同データベースを使って解明したら面白いだろう。まさかと思うような旧蔵者の正体が判明するかもしれない。
さて、わしも柳田に負けじとタピオカ入りの抹茶ラテを買ってきて飲んだが、なんぢゃこれは……(´・_・`)
参考:「佐賀図書館長西村謙三の印が押された西周訳『性法説約』 - 神保町系オタオタ日記