神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

内田魯庵『文学者となる法』(右文社、明治27年)異装版を大阪古書会館で発見・・・と思いきや

 
 今月の大阪古書会館「たにまち月いち古書即売会」で、内田魯庵が「三文字屋金平述」の形式で書いた『文学者となる法』(宮澤俊三発行・右文社発売、明治27年4月)を発見。古本横丁の和本400円均一台に紛れていた。表紙が本来の表紙と異なっているので、「わっ、異装版か」と思ってしまった。しかし、貸本屋が付けた表紙だった。中に本来の表紙があり、エピグラフには「貸本安井」と印が押してあった。



 他に押された印は、貸本用表紙の裏と貸本屋用裏表紙の前に押された「安井印」だけである。貸本仕様の本には通常、住所・店名や料金が記載された印が口絵を含めてやたら押されているものなので、本書のように簡単な印が3箇所だけというのは珍しい。おかげで、エピグラフに続く*1小林清親による木版画の口絵は虫喰いがあるものの綺麗である。
 この口絵については、中野三敏宗像和重十川信介・関肇校注『風刺文学集(新日本古典文学大系明治編29)』(岩波書店、平成17年10月)*2で次のように解説されている。

口絵 文学者を揶揄する図。松並木の舞台を、遊女・芸妓風の女性に迎えられて、文学国へ男たちが延々と列をなしてやって来る。いずれも馬(ロバ?)または鹿に乗り、フロック・コートにトルコ帽、直衣に烏帽子、羽織・袴に山高帽、裃にちょん髷など多種多様。指標の文字は「是より文学国」「骨あるもの入るへか(ら)す」「名物骨ぬきだんこ」。座敷では先客の遊冶郎が寝そべり、桂冠詩人となる未来、バッスル・ドレスの女性たちとの「結んでひらいて」の遊戯、女性との舟遊びなど、楽しい夢にふけっている。


 本書は、国会図書館デジタルコレクションで見られるものと同じく186頁の次は奥付である。一方、日本近代文学館による『近代文学館:名著複刻全集特選』版では186頁に続いて広告4頁がある。同全集の作品解題篇(日本近代文学館、昭和46年5月)で瀬沼茂樹は、原本は広告4頁付きのものとないものの2種あり、どちらが先か判別しかねるが、広告付きの日本近代文学館所蔵本を底本にしたという。
 「日本の古本屋」には、3件出品されて7万5千円のものが残っている。家蔵分は読んだら、秋の皓星社で開催されるであろう一箱古本市で放出しますか。
 

*1:国会図書館デジタルコレクションでは口絵の次にエピグラフがあるが、多分並べ間違いだろう。

*2:『風刺文学集』の十川信介「三文字屋金平の登場まで」によると、底本は「大学院生時代に恩師野間光辰先生から頂戴した初版本」である。

西村賢太が集めていた藤澤清造寄稿の宗教雑誌『宇宙』の凄さー北村兼子も執筆ー


 『西村賢太旧蔵資料目録』(石川近代文学館、令和6年3月)を読んでいて最も驚いたのは、「雑誌」の中に「宇宙 2(11),3(6),4(5) 宇宙社 1927.11.1-1929.5.1」があったことだ。『宇宙』は、「日本大学総長山岡萬之助が主宰した宗教雑誌『宇宙』(宇宙社)と大東信教協会 - 神保町系オタオタ日記」で紹介した日本大学学長・総長だった山岡萬之助が主宰していたと思われる宗教雑誌である。
 賢太が所蔵していた3冊のうち、2巻11号,昭和2年11月には藤澤清造「赤恥を買ふ」が掲載され、何度か小説集に収録された。残る2冊だが、大阪府立中央図書館所蔵本で確認すると、3巻6号,昭和3年6月に「哀しき世相断面」(随筆)が載っていた。これは、賢太が作成した『藤澤清造全集内容見本』(朝日書林、平成12年12月)の収録予定作品には含まれていない。この段階ではまだ入手していなかったのだろう。また、4巻5号,昭和4年5月には清造の寄稿は無かった。ピンポイントで購入したのではなく、他の号と抱き合わせだったのかもしれない。
 清造と宗教雑誌というのは、不思議な組合せである。3巻6号は「イプセン百年祭記」、4巻3号,昭和4年3月は「芝居演劇の物語り」の小特集で、『宇宙』は時に演劇関係の記事も載せている。そこに清造と同じ石川県出身で日本大学講師だった劇作家仲木貞一*1が執筆している。仲木が清造を紹介したのかもしれない。
 ところで、4巻5号に清造は書いていなかったが、なんと北村兼子*2が「松原教授と私」を書いていた。更に同巻3号にも「淡墨の梅」を書いている。前者は日本大学教授松原寛の話、後者は15歳の時の回想である。調べていない他の号にも寄稿しているかもしれない。兼子については、大谷渡『北村兼子:炎のジャーナリスト』(東方出版、平成11年12月)があるものの、平山亜佐子『明治大正昭和化け込み婦人記者奮闘記』(左右社、令和5年6月)の刊行によって一躍その存在が注目された婦人記者である。
 『宇宙』に注目している研究者・好事家がいるようで、「日本の古本屋」に出品された16件すべてが売り切れている。「神道各派大観号」(昭和5年1月)、「日蓮各派大観号」(同年10月)、「宗教怪奇物語号」(昭和6年7月)、「皇道大観号」(昭和8年9月)、「猶太と華僑特集」(昭和14年2月)などの良さげな号は、誰の手に渡ったことか。いつか全号(大正14年3月~昭和19年9月?)の目次が「ざっさくプラス」(皓星社雑誌記事索引データベース)に登載されれば、宗教関係者はもちろん、近代文学、女性史や日本オカルティズムの研究者があっと驚く作品・記事の発見につながるかもしれない。

佐野繁次郎装幀の『昭和六年新文藝日記』を持つ西村賢太と西村義孝

 
 個人の蔵書目録を読むのが好きで、図書館が所蔵する個人文庫の目録を集めたことがあった。多くは早川図書というその手の専門店から入手したものである。
 さて、『西村賢太旧蔵資料目録』(石川近代文学館、令和6年3月)を読んでいたら、色々発見があった。藤澤淸造・西村賢太著以外の「その他作家著書」として、大正12年と13年の『新文章日記』(新潮社)、大正15年~昭和7年の『新文藝日記』(同社)があった。淸造が『根津権現裏』(日本図書出版、大正11年4月)を刊行した年から亡くなる昭和7年1月までと重なる。最初はもしや淸造の日記かと思ってしまったが、淸造自筆の原稿や書簡は「近現代作家資料」の方に分類されているので、違うことになる。
 『新文藝日記』の昭和6年版は佐野繁次郎装幀で、「佐野繁次郎装幀の『昭和六年新文藝日記』(新潮社、昭和5年)ー『新文藝日記』の装幀者群像ー - 神保町系オタオタ日記」で紹介したところである。

 毎月の「題辞」・「尖端人は語る」・「季節の風景」・「我が郷土」には、文壇の大御所のほか、江戸川亂步、國枝史郎龍膽寺雄といった現在でもマニアの対象となる作家も執筆している。そのほか、「文藝一年画史」と題した口絵写真、「昭和五年文壇概観」、「文壇一年史」、「現代文士録」などが載っている。ざっと見た限りでは、淸造に関する記述は「現代文士録」だけであった。『藤澤淸造全集』を計画していた賢太が淸造の活躍していた時期の文壇事情を調べる資料として揃えたのであろう。
 『昭和六年新文藝日記』は、もう一人の西村、佐野繁次郎装幀本(佐野本)のコレクターである西村義孝氏も所蔵しておられる*1。『佐野繁次郎装幀集成:西村コレクションを中心として』(みずのわ出版、平成20年11月)の段階では未所蔵であったが、先月(令和6年6月)刊行された増補版15頁に書影が収録されている。刊行記念の展覧会「佐野繁次郎の仕事展:装幀本を中心にデザイン含めて」が6月8日~15日東京古書会館で開催された。7月13日~27日には、広島の書肆翠で「銀座百点展ー佐野繁次郎のモダン装幀」が開催される。→「書肆翠 Shoshi Sui - exhibition
 京都でも是非開催していただきたいものである。
 

*1:青木正美『自己中心の文学:日記が語る明治・大正・昭和』(博物館新社、平成20年9月)31・32頁で、青木の手元にある『大正九年文章日記』(新潮社)、大正11年と13年の『新文章日記』のほか、大正15年、16年、昭和4年と6年の『新文藝日記』に言及されている。また、「データベース化事業 – 近代日本の日記文化と自己表象」によると、福田秀一日記コレクションにも含まれている。

創造社同人の鄭伯奇と京都帝国大学文学部心理学教室の岩井勝二郎講師


 先日善行堂が開く前に竹岡書店をのぞいてきた。前から絵葉書が少しあるのは知っていたがチェックしていなかったので、今回実逓便(実際に投函された郵便物)を探してみた。そうすると、何と「帝国大学心理学教室 岩井勝次郎先生」宛(昭和3年4月17日消印)があった。前に「京都市吉田」とあるので、京都帝国大学ということになる。また、「勝次郎」とあるが正しくは「京都帝国大学文学部心理学教室第三代教授岩井勝二郎の日記ーー書砦・梁山泊から貰った日記にビックリーー - 神保町系オタオタ日記」で日記を紹介した心理学教室助教授だった岩井勝二郎だろう。昭和3年当時は、講師であった。日記だけでなく、書簡も古書市場に出ていたのだ。慌てて購入、500円。
 発信者は、「日華会館にて 鄭伯奇」と思われる。鄭は「鄭伯奇(ていはくき)とは? 意味や使い方 - コトバンク」に立項されている。明治28年生まれで、大正6年から日本に留学し、第三高等学校京都帝国大学文学部で学んだ。三高在学中に創造社に参加し、大正15年に帰国、昭和54年没。執筆したのは故小谷一郎先生で、『創造社研究:創造社と日本』(汲古書院、平成25年12月)の著書がある。同書によれば、創造社は、文学研究会に次いで結成された中国近代文学史上2番目の文学社団である。大正10年6月日本留学生の郭沫若、郁達夫、成仿吾、張資平、田漢により創設された。
 『京都帝国大学一覧 自大正十四年至大正十五年』(京都帝国大学、大正15年3月)で確認すると、鄭は大正14年3月文学部哲学科心理学専攻卒。同年卒には、有馬良治(心理学専攻)、中井正一(美学美術史専攻)、平田内蔵吉(哲学専攻)がいた。鄭が心理学専攻だったということで、絵葉書の発信者は創造社同人だった鄭伯奇に同定できた。昭和3年4月には再来日していたことになる。  
 絵葉書の文面は、
・先日御馳走いただいたことへの御礼
・予定通りの汽車で当地へ来て、昨日博覧会の見物をしたこと
・26、27日には京都に戻る予定
などが書かれているようだ。
 絵葉書の裏面は、「(大礼記念国産振興東京博覧会)第二会場 台湾館及び北海道館」である。この博覧会は、昭和3年3月から5月まで上野で開催された。鄭は日本の領土になってしまった台湾の展示館をどういう思いで観たのだろうか。

 

昭和3年古書趣味の会展覧会に一條成美の原画や『法藏館蔵版並発兌書目』(明治25年)


 天地書房なんば店で『古書趣味の会展覧会出品目録』(古書趣味の会、昭和3年8月)を購入。20頁、1,900円。展観品目の一覧を挙げておく。

 35名の同人の中に後に斎藤昌三書物展望社を経て昭森社を興す森谷均と思われる名が見える。大阪時代の森谷については、「昭森社の森谷均も図書研究会の会員だった・・・かも - 神保町系オタオタ日記」参照。

 三宅吉之助が出品した「書籍及雑誌の原画」が特に注目される。一條成美、中澤弘光、藤島武二らの原画が出品された。一條による中村春雨『無花果』(金尾文淵堂、明治34年7月)の表紙画については、木股知史先生のnote「蛇と十字架:竹久夢二『山へよする』研究⑤|表現急行の人」を見られたい。
 他には、高尾彦四郎が出品した「明治初年の本屋目録」中の『法藏館蔵版並発兌書目』(西村七兵衛、明治25年1月)が目を引いた。法蔵館の図書目録については、先に「法藏館図書目録大正15年版と令和6年版 - 神保町系オタオタ日記」をアップしたばかりである。その時は失念していたが、社史の『仏教書出版三六〇年』(法藏館、昭和53年11月)を積ん読本から掘りだしてきた。川島昭夫先生の旧蔵書である。「出版総目録」で『法藏館発行図書目録』(大正8年10月)が使用されているので、少なくとも大正8年版は法藏館にあるようだ。
 「日本の古本屋」には、『法藏館蔵版並発兌書目*1』の明治41年版や大正3年版が出ている。今のところ明治25年版が最も古い目録ということになる。「出版総目録」によると、嘉永7年~明治24年の刊行書は170点(分冊も1点とカウント)であった。西村七兵衛は明治11年生まれで17年に家督を相続している。明治25年の書目発行時でもまだ数え15歳である。

 カズオ書店の伊藤一男が出品した「古い書誌」も挙げておく。このうち『文書雑誌』(文書雑誌社、明治25年)が非常に気になりますね。斎藤昌三『書物誌展望』(八木書店、昭和30年5月)には言及されていない。 

*1:法蔵館蔵版並発行書目」と表記されている。

来年大阪歴史博物館で特集展示「泉布観ー大阪最古の洋風建築ー」開催


 『明治天皇記念館泉布観記録』(大阪市役所教育部、昭和10年11月)が出てきた。これもどこで買ったことやら。国会図書館にはない。写真10頁と本文28頁の冊子。本文13頁には、泉布観は明治3(1870)年造幣局創設に際し応接所として建設されたとある。しかし明治4年が正しいようだ。明治5年6月明治天皇西巡の際に行在所に充てられ「泉布観」の称を賜ったともある。
 一方、明治天皇記念館の方は「明治天皇記念館建設経過概要」に「昭和十年二月十一日 泉布観内建築場所ニ於テ 明治天皇記念館地鎮祭並ニ起工式ヲ執行ス」とあるものの、完成時期は明記されていない。ネットで読める井上智勝「大阪市明治天皇記念館(大阪市立聖徳館)についてー戦中期大阪博物館史の一断面ー」を見ると、昭和10(1935)年11月3日(明治節)竣工であった。昭和15年に聖徳館と改称され、戦後は桜宮公会堂として利用された。そう言えば、表紙には「昭和十年十一月三日/大阪市」とあるし、発行日は昭和10年11月3日になっている。
 1935年竣工ということで、来年90周年を迎えることになる。これを記念したのかどうか分からないが、隣接する泉布観の方に関する展覧会が来年(令和7年)2月19日~4月14日大阪歴史博物館で特集展示「泉布観ー大阪最古の洋風建築ー」が開催される*1。おそらく、明治天皇記念館についても多少言及されるのであろう。
 なお、『南木芳太郎日記二』(大阪市史料調査会、平成23年12月)に泉布観が出てくる。

(昭和十一年)
十一月二十七日
(略)村山柳子氏来訪との事。早速帰宅して村山氏に逢ひ、来月五日青バスにて大阪市内見物を相談して置く(村山氏桜楓会の礼持参)。(略)
十二月五日
(略)梅田阪急に行くと桜楓会員が待ち合せられてゐた。(略)北浜取引所に行き、それより造幣局及泉布館*2を観て(略)木津川の飛行場にて飛行機を観て(略)住吉神社に参詣し(略)天王寺へ着(略)

 桜楓会は日本女子大学校(現日本女子大学)同窓会で、南木が大阪見物の案内をしたようだ。村山は日本女子大学校寮監だった藤原千代の『満鮮旅行の思出』(武蔵野書院昭和11年8月)56頁に桜楓会大阪支部の幹事として出てくる。

*1:大阪歴史博物館のホームページ「ようこそ!大阪歴史博物館へ」の「年間展示予定〈令和6年度〉」による。

*2:翻刻者によるルビ:(観)

昭和2年『書史』を創刊した書史会の青木平七と南木芳太郎

 
 『書史』第1冊(書史会事務所、昭和2年2月)が出てきた。いつどこで買ったことやら。古本横丁かCosyo Cosyoの和本均一台から掘り出したか。28頁、300部限定の193番。表紙の右上に「大正十四年一月創立/昭和弐年二月二十日発行」とある。1行目は通常印刷納本日が記される所で、発行者の創立年月が記されるのは珍しい。国会デジコレで見られる*1が、目次を挙げておく。

 鹿田文一郎や荒木伊兵衛のような古本屋と南木萍水(南木芳太郎の号)や三宅吉之助のような蒐書家の名が見える。『書物関係雑誌細目集覧二』(日本古書通信社、昭和51年5月)によると昭和2年5月第2冊で廃刊なので、わずか3ヶ月しか続かなかった*2。書史会は、大阪の古書籍業者と古本党が集まって毎月古書を持ち寄り展観し合った会で出品目録も作られたという。この頃の南木の日記は存在しない。あれば書史会についてより詳しく分かったと思われるので、残念。
 また、忍頂寺務が会員なので、内田宗一先生の労作「小野文庫所蔵忍頂寺務宛書簡目録・解題(附・差出人氏名リスト)」『近世風俗文化学の形成ー忍頂寺務草稿および旧蔵書とその周辺』(国文学研究資料館平成24年2月)を見てみた。しかし、関係する書簡は無いようだ。ただ、同書の福田安典・尾崎千佳・青田寿美編「忍頂寺務年譜データベース」大正15年8月15日の条に「大阪市の書林倶楽部にて開かれた書史会主催虫干会において洒落本を出展」とある。この時の目録は、斎藤昌三『書物誌展望』(八木書店、昭和30年5月)57・58頁に記載されている。

 『書史』第1冊から同人27人の名簿を挙げておく。古本屋としては、荒木、石川留吉、伊藤一男、高尾彦四郎、豊仲未迷*3、藤堂卓、中村正二郎、中尾熊太郎、松本正治、森谷清松が出ている。編輯兼発行人は大阪市東区淡路町3丁目の青木平七で、発行所の書史会事務所は青木方である。
 青木及び書史会については、「特集肥田晧三坐談」である『藝能懇話』20号(大阪藝能懇話会、平成21年11月)の「青木恒三郎と青木平七」と「書史会のこと」でやや詳しく語られている。これによれば、大正15年7月の「書史会攬要」により第1回の例会は鹿田が催主で「明治大正の筆禍本」の課題で発表されたことが分かる。また、同人は最終的に述べ29名で、例会は昭和2年4月の第24回まで確認できるという*4。なお、肥田の坐談時に「書史会の時代背景年表」(大正11年2月~昭和6年10月)が配付されたようで、どこかに残っているだろうか。
 肥田は、青木について「東区淡路町四丁目に住み、蔵書に「百足屋文庫」と名付けていた*5こと以外、なにもわかりません」としている。しかし、今や国会デジコレの威力により生年及び職業が分かる。『羅紗洋服商名鑑』(中外毛織新聞社、昭和2年9月再版)によれば、明治18年大阪市生まれの毛織物商で、読書を好んだ*6。また、南木主宰の『上方』142号(上方郷土研究会、昭和17年10月)に10月11日逝去との訃報が載っている。享年58ということになる。
 ところで、『大阪に関する書籍展覧会目録』(書史会事務所*7大正14年4月)の「同人語」に「今『書史』第一号を発行し、『大阪に関する書籍展覧会』の開催を見たことは同人の最も欣快とする処である」とある。斎藤もこの記述によったのか、前記『書物誌展望』で「大正十四年四月には、大阪から同好者の集りで『書史』が出た筈だが、どんな形式で発行された今手許に資料が見当らない」としつつ、田中豊の示教により『書史』の発行は第1号(昭和2年2月20日)、第2号(同年5月20日)としている。一方、『書史』第2冊の三宅吉之助「永日小言」には「早くから書史会誌が生れるのを望みながらその折は実現せずに、もつと時経てと思つてたのに近頃創刊号が世に出た」とある。斎藤が幻の大正14年発行の『書史』を持っていたのか、そもそも同年発行の『書史』は存在しないのか、謎が残るところである。
追記:『大阪に関する書籍展覧会目録』の内題の下に「(書史第一号)」とある。大正14年の『書史』は展覧会目録として、昭和2年の『書史』は書史会誌としてそれぞれ創刊されたことになる。ぬりえ屋さん(@nurieya2016)の御教示により判明。ありがとうございます。

*1:国会図書館所蔵本には「沓掛蔵記」印が押されている。神奈川県立図書館の整理課長・資料課長や金沢文庫長を歴任した沓掛伊佐吉だろうか。

*2:『書史』第1冊の「編輯後記」には「東京の『集古』のやうなわけには行かないが意気込みだけは大したものさ」とあるものの、長続きしなかったことになる。署名は「異屁江」とあるので、荒木伊兵衛と思われる。荒木は、昭和2年4月自身で『古本屋』を創刊。「編輯後記」は「異屁江」と「未迷」が書いている。内田魯庵宮武外骨(「廃姓外骨」名義)、斎藤昌三など著名人のほか、書史会同人の高梨光司、豊仲未迷、三宅吉之助(「宇津保文庫主人」名義)も寄稿している。『古本屋』の創刊が『書史』廃刊の一因になったのかもしれない。

*3:『グロテクス』昭和4年5月号(文藝市場社)の芦湖山人「日本近代畸人録ー箱根趣味塚建立由来ー」に「豊中[ママ]鍬之助氏」として立項されている。「未鳴又略して未迷といふ。これは少雨荘の前号を継いだものであらう」という。なお、山口昌男内田魯庵山脈(下):〈失われた日本人〉発掘』(岩波書店、平成22年12月)には豊中鍬之助、豊中(仲)未鳴として登場するが、人名索引では名寄せされていない。

*4:ただし、斎藤昌三『書物誌展望』58頁には、「昭和三年八月の展観目録は会名が古書趣味の会とあり、会員も三十五名となつてゐる」とある。

*5:青木編『教育と御伽の参考古書目録』(百足屋文庫、大正14年5月)が刊行されている。

*6:住所は、『書史』第1冊の奥付と異なり、淡路町4丁目である。なお、『日本商工信用録(分冊大阪府):大正十三年』(日本商工社、大正14年2月)には、淡路町3丁目の羅紗・サテン及加工品洋服業として載っている。

*7:所在地は、大阪市南区の鹿田文一郎方である。