神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

『杉浦明平暗夜日記』で森谷均の昭森社が悪口を言われていた

f:id:jyunku:20190714154941j:plain
昭和44年3月29日昭森社の創業者森谷均は亡くなった。4月3日に青山斎場で開かれた友人葬で神原泰が述べた弔辞が『本の手帖』別冊,昭和45年5月に掲載されている。

(略)森谷君は、絵を、彫刻を、詩を、文学を愛したが、更に人間を愛した。芸術を愛する以上に芸術家を愛し、芸術家を擁護し、援助した。(略)
森谷君よ、君を愛し、君を追慕する人は沢山あっても、君を憎み、君を恨む人は一人もいないであろう。天国がもし有りとするならば、それは当然君のものだ。
(略)

弔辞だから故人を悪く人はいないだろうが、同別冊を読んでいると、いかに森谷が詩人、作家、画家、学者、評論家、編集者などに愛されていたかがわかる。しかし、今回若杉美智子・鳥羽耕史編『杉浦明平暗夜日記1941-45 戦時下の東京と渥美半島の日常』(一葉社、平成27年7月)で戦時下の昭森社への批判を見つけた。

(昭和十六年)
十二月五日(金) 曇
(略)
寺島*1をたずねて、ダ・ヴィンチの出版について紙の特別配給について話した。係の花島*2というのに会ったが、昭森社はでたらめで全然信用がないから無理だろうと言った。私の原稿も印刷所から昭森社を経てそこへ来ていた。(略)
(昭和十七年)
三月十二日(木) 晴
(略)土方氏が出て来ていないので、昭森社の話はどうしようとしばらくためらったが、四時少しまえ胸を轟かせながら電話をして森谷に話した。きょうは昨日と反対に出来るだけ弱く、これ以上交渉をつづけてはこちらが神経衰弱になるから、ここで話を打切ろうと言った。向うも多少困ったらしいが、どなりつけもしなかった。(略)私の初めての出版であるから、本屋として不満だったけれど、きれいな本を出してくれるというので辛抱することにしていたら、何かしらこちらの立場を無視するどころか駆引ばかりして、とうとう私をじらじらさせてしまった。(略)
三月二十五日(水) 晴
(略)帝大病院附属図書室の三輪*3をたずねて(略)丁度そこに来ていた不二書房と北川桃雄氏*4昭森社のことをこぼすと、二人とも昭森社の評判のよろしくないことを言っていた。
(略)
四月十五日(水) 晴
(略)
昨日のことだったか、新聞にレオナルド・ダ・ヴィンチ*5の記事がのっていた。(略)それにつけても私の本が出ていたら、相当な売行を示しただろうと、あんな昭森社のようなインチキ本屋に渡したことが腹立たしかった。(略)

当時興亜院の嘱託で昭和17年9月に日本出版文化協会に移る杉浦が昭森社から出そうとしていたダ・ヴィンチの本は、同社から『近代日本洋画史』(昭和16年5月)を出し、杉浦とは興亜院で共に嘱託だった土方定一*6が仲介したものだった。杉浦が昭森社からの出版を取り止めた具体的な理由は不明だが、昭和10年創業の昭森社はまだまだ評判は良くなかったことが分かる。ただし、別冊の「昭森社刊行書目総覧」によれば、昭和17年には橋本平八『純粋彫刻論』など28冊刊行している。今後森谷の伝記を書こうとする人は、こうした資料も使って多面的に森谷を評価してほしい。
杉浦は17年6月3日昭森社から原稿を取り戻し、18年10月野々上慶一*7が勤めていた十一組出版部から『科学について』として刊行。この辺りの経緯は、岩波文庫の『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』の解説によると、

わたしがレオナルドの翻訳にとりかかったのは、イタリア語を勉強して何年もたたない一九四〇年ごろであった。そして戦争中、茂串茂君*8や秋元寿恵夫さん*9にたすけられて、この文庫の下巻と大部分において共通する訳著『レオナルド・科学について』を出版した。上巻の部分も大半は終戦までに訳し終っていた。

杉浦の日記は大正15年6月から平成5年3月まで杉浦家に保存されていて、本書では昭和16年から20年までの分が収録された。本書だけでも、田所太郎(日本読書新聞)、鈴木庫三花森安治品川力(ペリカン書房)、大橋鎮子(日本出版文化協会)、柴田錬三郎(同協会)、坂本越郎(同協会)、親しかった立原道造(昭和14年没)、堀辰雄福永武彦、小島輝正、生田勉、小山正孝などが出てくるので、未刊の日記にどれだけの情報が埋もれていることか。私が生きているうちに、第一高等学校や東京帝国大学文学部在学中の日記だけでも公開されてほしいものである。
参考:「昭森社の森谷均人生最後の年賀状
f:id:jyunku:20190714162555j:plain

杉浦明平  暗夜日記1941-45: 戦時下の東京と渥美半島の日常

杉浦明平 暗夜日記1941-45: 戦時下の東京と渥美半島の日常

*1:寺島友之。大正2年生。昭和14年東京帝国大学文学部国文科卒。日本出版文化協会に勤務後、中等学校教科書株式会社に転じる。杉浦の妻美知子の長兄。以下人名への注は編者のものを要約

*2:花島克巳。明治38年生。昭和4年東京帝国大学文学部仏文科卒。日本出版文化協会の文化局海外課主事補として図書の用紙割当担当。当時同課には武田泰淳も書記としていた。戦後も同協会渉外翻訳権室に勤務

*3:三輪福松。美術史家。明治44年生。昭和13年東京帝国大学文学部美学美術史科を卒業し、医学部附属図書館に勤務。戦後東京学芸大学教授

*4:美術史家。明治32年生。東京帝国大学文学部美学美術史科在学中の昭和15年鈴木大拙著『禅と日本文化』を邦訳して岩波新書として出版。戦後共立女子大学教授

*5:アジア復興レオナルド・ダ・ヴィンチ展」参照

*6:評論家。明治37年生。興亜院嘱託を経て北京燕京大学内華北総合研究所研究員。戦後神奈川県立近代美術館

*7:明治42年生。昭和6年早稲田大学専門部政治経済退学。本郷に文圃堂書店を開店。小林秀雄の懇請で『文学界』発行元となる。11年閉店し十一組出版部に勤務

*8:大正3年生。東京帝国大学在学中からイタリア語を習得して独学でダ・ヴィンチ研究に取り組む。卒業後日伊協会に就職。敗戦後間もなく病没

*9:医師。明治41年生。昭和13年東京帝国大学医学部卒業。結婚に際して日吉に立原道造の設計で家を立てた。19年5月陸軍臨時嘱託としてハルピンの七三一部隊に派遣

関西における古書店のフリペ事情

f:id:jyunku:20190707194713j:plain
古書目録については、鈴木宏宗「古書販売目録の効用」『日本古書目録大年表』2巻(金沢文圃閣平成27年1月)にその特性と意義が適格にまとめられている。それによれば、古書目録には、読み物としての目録もあり、吉野作造らの序文が載った『一誠堂古書籍目録』(大正14年)や柳田国男序の『古書籍在庫目録 日本志篇』(昭和3年)が挙げられている。更には、大正期から昭和初期には古書目録発行の勢いが書誌的雑誌に進み、この例として杉田大学堂『書物礼讃』、玉樹香文房『典籍之研究』や荒木書店『古本屋』などが挙げられている。
かつて反町茂雄は一流の古書店の条件として古書目録の発行があると喝破した。一流を目指す古書店は勿論、いや一流の古書店なんか目指さないよという古書店も皆古書目録を発行する時代が確かにあった。しかし、ネット全盛時代となり、かなり減ってしまった感がある。そのような状況の中、特に若い店主や増加傾向にある女性店主の古書店による情報発信や常連客との交流の場として、古書目録としての要素がまったく又はほとんどないフリペの発行が増えてきたようだ。写真にあげたのは、関西におけるそんなフリペである。

京都
 萩書房『萩書房闊歩』・・・73号しか見たことがない。通常は在庫のカタログを掲載しているが、この号は市会で入手したマッチ箱コレクション(非売品)の紹介。
 カライモブックス『唐芋通信』・・・石牟礼道子や娘さん(みっちん)の話が多い印象
大阪
 本は人生のおやつです‼『本おや通信』・・・店主の知人や常連客を紹介。私も登場したことがある。「『本おや通信』27号(「本は人生のおやつです‼」発行)は「神保町のオタさんの巻」」参照
 古書からたち『からたち通信』・・・本来は常連客による寄稿が中心。穴埋め用の店主による日記が時にメインになったりする。字が小さいのが老眼に厳しいが、読むのが楽しい日記である。店売りを一時休業し、発行が10号で止まっているが、11号の準備中とのこと。編集担当の奥さんによる編集後記が肝という意見も多いようだ。
神戸
 トンカ書店『トンカ新聞』・・・特に同業者を取材した各店主の写真付きの「古本屋探訪」が貴重。移転して店名が花森書林に変わったので、このフリペはどうなっただろうか。

関西の古書店の極一部しか行ったことがなく、もっとフリペは存在すると思われるので、御存知の方は御教示いただきたい。
f:id:jyunku:20190707213200j:plain

古書鎌田から浦西和彦宛葉書が挟まった研究紀要を色々

f:id:jyunku:20190704195933j:plain
昨年12月大阪古書会館の全大阪古書ブックフェアでは全品300円の古書鎌田へ一番乗り。ガハハとあれこれ抱え込んでいたら、後から来られた某先生に「これいいでしょう」と見せられる。表紙に「天眠」とあるではないか。ガーン、珍しそうな小林天眠関係の資料か。しかも、セットなのか、鎌田さんの入れ間違いなのか2冊入っているらしい。せっかく、一番乗りしたのにそんないい物を取られるとは(´・_・`)
翌日も鎌田文庫をあさっていると、店主に「こんなのがありますよ」と教えられる。関西大学国文学会発行の『国文学』などの研究紀要である。前日からあった物で、300円でも紀要はいらんなあと思ったら、浦西和彦旧蔵で浦西宛書簡が挟まっているものもあるらしい。それは全然気付いていなかったと慌てて確保。写真は『国文学』53号,昭和51年12月。「実際は(昭和五十二年二月二十一日発行)」とあり、相当発行が遅れたようだ。当時関西大学文学部講師の浦西は「宮本百合子全集逸文について」を寄稿。宮本の逸文の紹介のほか、従来の研究や作品集の杜撰さを指弾している。特に傑作だったのは、昭和27年の全集で初めて収録された「作品と生活のこと」について、同全集の解題に「本巻にはじめて収録」とあるのを、後発の河出書房の選集(昭和31年)や新日本出版社の選集(昭和39年)がそのままコピペして解題で「本巻にはじめて収録」としているという指摘である。笑ってしまういい加減さである。
挟まっていた葉書は、紅野敏郎小田切秀雄、関良一からで、抜刷送付への御礼である。小田切からは、浦西の寄稿には驚くことばかりということと、筑摩書房に『葉山嘉樹全集』の重版を申し入れに行くが、その件で谷沢(永一)と共に会いたいというものである。紅野からは、「あなたのしぶとい追求の(これが研究者にとっては普通ですが)しかた、これあるカナと思い入りました」と絶賛されている。早稲田大学教育学部教授だった紅野の反響は特に嬉しかっただろうなあ。

水田紀久先生旧蔵の塩田良平『妻の記』で知った塩田と宮武外骨の関係に驚いた

f:id:jyunku:20190703211553j:plain
「古本は迷ったら買い」とよく言われる。もっとも、真に受けて何千円、何万円もする本を迷う度に買っていたら破産してしまう。しかし、100円均一とか200円均一の場合は、「迷ったら買い」の鉄則を実行してもよいだろう。昨年下鴨納涼古本まつりの福田屋書店の200円均一コーナーで見つけた塩田良平『妻の記』(現代文藝社、昭和32年12月3版)も迷ったが、買っておいて良かった1冊。この時の福田屋の均一コーナーは、故水田紀久先生の旧蔵書が放出され、大人気であった。本書も水田先生の旧蔵書である。函が壊れているし、タイトルも「妻の記」という食指の動かないものであったが、挟まれていた平成21年10月2日付け消印の水田先生宛の葉書に「本書を図書館のリサイクルコーナーで見つけたが野間光辰が出てくるのでお会いした時に差し上げます」とあって、面白そうだと拾っておいた。
長らく積ん読本であった本書をつらつら読んでいたら、驚くべき発見が幾つかあった。買っておいて良かった。「少年行」に宮武外骨が出てくるのだ。

(略)前記の吉田氏*1を通して、宮武外骨氏の助手となつて明治奇聞史を編纂することになつた。行きつけてゐた図書館に、今度はちやんとした目的を以て一週三回ばかり通つた。明治時代の重要な珍奇な新聞記事を書きぬいて一種の文化史をつくるのであつた。これは遂に出版されずに終つたが、明治文庫で編纂した新聞集成明治編年史は、私に課せられたこの奇聞史を組織化したものといつてよかろう。
(略)
夏休中私は外骨氏の明治奇聞史の仕事に没頭してそれを仕上げた。八月三十一日に私は櫻木町の翁の家を訪ねてその報酬を貰つた。七八十円は貰つたのではないかと思ふ。しかし私は未だ私の実力は全部を頂く資格はありませんからといつてその半分を返した。翁はニコ/\笑ひながら素直に引こめてくれた。私はうれしかつた。(略)

塩田は大正12年4月東京帝国大学文学部国文学科選科入学*2。入学して間もなく、外骨の助手をしていたとは。木本至『評傳宮武外骨』(社会思想社、昭和59年10月)にもこのような記述はない。塩田は「出版されずに終わった」と書いているが、外骨は『明治奇聞』第1篇(半狂堂、大正14年1月)を刊行しているので、塩田の集めた情報は多少使われたかもしれない。戦後二松学舎大学学長や日本近代文学館館長を務めた塩田が外骨の助手をしていたとは驚きですね。

*1:塩田が通った東京高等工業学校(現東京工業大学)の先輩の吉田九郎

*2:Wikipediaには大正15年卒とあるが、『東京帝国大学一覧 従大正十五年至昭和二年』によれば、昭和2年3月卒

PR誌『本の旅人』(KADOKAWA)も休刊

f:id:jyunku:20190702174214j:plain
ADOKAWA発行のPR誌『本の旅人』が7月号(25巻7号、通巻285号)で休刊となった。創刊は平成7年11月。出版社の紙のPR誌がどんどん減って行く寂しい状況である。最後まで残るのは岩波書店の『図書』と新潮社の『波』であろうか。『本の旅人』は萩尾望都グーグーだって猫である」を連載していた頃は、よく読んでいた。「「グーグーだって猫である」だって終わるのである」を参照されたい。もう一つ良かったのは、巻頭エッセイ。たとえば、平成29年6月号は山尾悠子「倉敷・蟲文庫への通い始め」。山尾氏はそれまでも店に立ち寄ったことはあるが、新装復刊された歌集『角砂糖の日』をかなり引き受けてもらい、更にちくま文庫の『夢の遠近法』『ラピスラズリ』も扱われて以来、蟲文庫通いが始まったという。蟲文庫通いはその後も続いているようだ。もっとも、今蟲文庫は店主が骨折のため休店中で、そろそろ再開しそうだ。
休刊号の巻頭エッセイは、編集長の小林順氏が執筆。学生時代遊びに行った友人の家で父親から「将来何になりたいの」と聞かれ、「詩人か旅人になりたい」と答えたという。その後、角川書店で書籍編集兼『本の旅人』スタッフとして働き、やがて編集長になった時に「詩人にはなれなかったけれど、これで旅人になれたかもしれない」と思ったと。自分の代で休刊になるというのは悔しい思いもあるだろうが、新たな航海での活躍を期待しよう。
なお、連載の梯久美子「サガレン紀行」は『小説野性時代』へ、酒井順子「鉄道無常 内田百閒と宮脇俊三を読む」は『カドブンノベル』創刊号(電子雑誌)へ、原武史「地形の思想史」は『小説野性時代』へ移るなど、他誌へ継続される。

兵庫古書会館の均一台で見つけた『新家庭臨時増刊 山水巡礼』に水島爾保布

f:id:jyunku:20190701204843j:plain
ナンダロウさんが6月21日の『新潟日報おとなプラス』に画家水島爾保布(みずしま・におう)に関する記事を書いたらしいので、読みたいと思っていた。しかし、地元以外では国会図書館ぐらいにしか無いだろうなあとくさっていたら、何と記事にも登場するかわじ氏が送ってくださった。ありがとうございます<(_ _)>記事は、戦時中に燕市疎開し、戦後長岡に移住した爾保布の晩年を探究したもの。爾保布は長岡の東山油田へ来た時に芸妓関川スイと知り合い、東京で同居するようになり、昭和18年燕市疎開。その後移った長岡には爾保布の蔵書、落款、日記、作品、更には南方熊楠谷崎潤一郎竹久夢二などからの手紙が多く残っているという。この記事がきっかけとなり展覧会が開催されたり、研究*1が促進されてほしいものである。
私もかわじさんの『水島爾保布 著作書誌・探索日誌』(杉並けやき出版、平成11年6月)に刺激を受け、妻の婦人記者水島幸子、長男でSF作家の今日泊亜蘭と併せて何度か話題にしたことがある。
・「『『食道楽』の人 村井弦斎』余話(その6)
・「戦時下に迷惑な武林無想庵一家
・「『婦人画報』記者列伝(その2)
・「黒岩比佐子『古書の森逍遥』(工作舎)への補足(その4)
・「今日泊亜蘭の祖父水島慎次郎
・「「東京の女」、水島幸子
f:id:jyunku:20190701204913j:plain
さて、私とは相性が悪い兵庫古書会館だが、何年か前に100円均一コーナーで爾保布が扉絵を描いたり、寄稿している『新家庭臨時増刊 山水巡礼』(玄文社、大正9年7月)を100円均一で拾ったことがある。爾保布の他にも、表紙が川端龍子、寄稿が吉井勇田山花袋志賀直哉島崎藤村泉鏡花、中澤弘光、松崎天民菊池寛など豪華である。爾保布は「十津川下り」と「各地で見た盆踊」を執筆しており、後者にはちょうど、

越後はどこも盆踊は盛んです。長岡市から一寸離れた信濃川沿岸の蔵王といふ所で見た踊などは特に驚くべきもので、集まつた人の数だけでも二百乃至二百数十人位はありました。

云々という一節もある。この時に関川スイと出会ったわけではないだろうが、美人が多い町という印象を持ったのかもしれない。
f:id:jyunku:20190701204959j:plain

*1:最近では、ネットで読める桐原浩「水島爾保布ビアズリーーー行樹社と『モザイク』を中心に」『新潟県万代島美術館研究紀要』16号,平成29年3月

もう一人の満鉄調査屋流転ーー『印度資源論』の真の訳者に迫る検印の謎ー

f:id:jyunku:20190629192405j:plain
なんか知らんうちに小林昌樹編・解説『満鉄調査部から国会図書館へーー調査屋流転』(金沢文圃閣)なる本が出てた。戦前満鉄の調査マンで戦後国会図書館の調査及び立法考査局長や副館長を務めた枝吉勇の自伝『調査屋流転』と併せて国会図書館職員名簿などの復刻である。小林氏作の「枝吉勇著作年譜」に挙がっていないが、枝吉の「照丸君との因縁」を収録した井上照丸追憶記刊行会編『井上照丸追憶記』(昭和44年4月)は「昭和17年8月シンガポールで交錯したジャワ派遣の大木惇夫と日米交換船の鶴見和子・俊輔」で紹介したところである。井上も満鉄の調査マンで『調査屋流転』には、

この井上君とは不思議な縁で昭和八年東京で知り合ってから、北京、東京(彼は企画院に派遣された)、シンガポール(総軍)そして空襲中の東京と行く先々で一緒になり、戦後も職場も近く時折共に焼酎を味った。

など、何回か出てくる。シンガポール、空襲中及び戦後の出会いについては、井上の日記に出てくるが、ここではシンガポール時代について引用しておこう。

(昭和十七年)
十二月一日 火曜
午後四時半帰宅。五時前、突然枝吉の電話。センバワン飛行場に着いているーーとうとう枝吉が来た。ほんととは思われない彼の声だ。富軍政部二木氏に出迎え方を依頼し、読売岩村氏にカーを借りて飛行場へ行く。枝吉は白髪がふえた。三品頼忠と海野竜眠が一緒、吉田(稲葉四郎の弟)も。こうして満鉄の連中が出て来たーー
(略)富、岡調査部(岡は総軍、富は山下兵団の呼称)合同の歓迎会になった。
(略)
十二月十五日 火曜
(略)押川次長、水谷調査役への短信ーー渡南十ヵ月の苦渋の後に、こうして枝吉等を迎え、満鉄自体がいわば背水の陣といった形で、南方軍政調査の大陸部門をほとんど全部受持っている事実の大きさーーしかも本部はほとんど仮死に近い窮地に陥っている現状*1。感傷的な手紙になって、幾度も書き改む。(略)夜は枝吉と二人、南都ホテルで会食。調査部の事情をくわしく聴く。(略)
(昭和十八年)
一月二十日 水曜
(略)
月のよい夜、枝吉の宿舎を訪ね、”戦争の将来“を語る。こうしてここに在る事実ーー事実は尊重するが、これで見通しある行動が生れるわけでもない。経済調査会以後の歴史も思いあわさる。役人三年、もう好加減に足を洗うべきであろうか。

この昭和17年は重要な年である。小生第四郎(こいけ・だいしろう)訳『印度資源論』(聖紀書房)の真の訳者を小谷汪之『「大東亜戦争」期出版異聞』(岩波書店、平成25年7月)は枝吉とし、書物蔵氏は山川均と荒畑寒村の共訳としている*2が、同書の発行が昭和17年12月10日なのである。書物蔵氏の推測の方が正しそうなので、枝吉は『印度資源論』なんていう本が刊行されたことなど知らずに井上と思い出話や戦局について語っていたことになる。
f:id:jyunku:20190629192444j:plain
ところで、小谷氏も書物蔵氏も解き残した謎がある。『印度資源論』に押された検印である。これが解けたら「真の訳者」が判明するかもしれない。小谷氏は「右側の「姓」の部分はなかなか判読しにくいが、左側の「名」の部分には「清」という文字が読み取れる」としている。1字目が姓とは限らないが、蔵書印さんは読めるだろうか。

*1:昭和17年9月第一次満鉄調査部事件が起きた。

*2:「真相はかうだ!藤岡淳吉の日本焚書は片隅で/『印度資源論』のホンタウの訳者は」『文献継承』23号,平成25年10月