神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

最後まで光り輝いた金尾文淵堂の京都時代ー幻の与謝野晶子『源氏五十四帖:歌集』ー


 石塚純一『金尾文淵堂をめぐる人びと』(新宿書房、平成17年5月)は、金尾文淵堂の歴史を次の4期に分けている。
第1期(明治32~37年)
第2期(明治38~43年ころ)
第3期(明治44~大正12年ころ)
第4期(大正13~昭和22年)
 そして、第4期について次のように記述している。

(略)昭和一三年に与謝野晶子『新新訳源氏物語』全六巻を刊行、これを機に出版活動がやや回復するが太平洋戦争が始まり、金尾文淵堂は大阪空襲により京都市中京区西ノ京円町に移転、終戦を迎えた。戦後も九点ほどの出版を行ったが、昭和二二年の一月二八日、狭心症のため金尾種次郎は永眠した。

 この金尾文淵堂終盤の京都時代に発行された書籍については、石塚先生が把握してない三田谷啓「正しき躾」も存在するらしいことを「京都時代の金尾文淵堂と製本所真英社 - 神保町系オタオタ日記」で言及したところである。更に「須田国太郎が表紙絵を描いた京都三中の同人誌『時計台』:橋秀文論文への補足 - 神保町系オタオタ日記」で言及した『時計台』第1輯(時計台同人、昭和21年11月)巻末掲載の金尾文淵堂の広告を見たら、驚いた。画像を挙げておこう。

 『正しき躾』のほかに、与謝野晶子『源氏五十四帖:歌集』が掲載されている。これは、おそらく「源氏物語礼讃」と呼ばれているもの、すなわち晶子が『源氏物語』各巻の内容を短歌に詠んだものだろう。最近でも鶴見大学日本文学科・源氏物語研究所編『与謝野晶子が詠んだ源氏物語鶴見大学図書館蔵『源氏物語礼讃』二種』(花鳥社、令和6年2月)が刊行されたところである。同書には従来確認された刊本、屏風、短冊、巻物、折帖など各種の『源氏物語礼讃』が記載されているが、本書には言及していない。
 前記広告には「二八・〇〇」という値段や「送二・〇〇」という送料も記載されていることや、晶子『新新訳源氏物語』にのみ「近刊」と表示されていることから発行された可能性は高そうだ。どのような本だったかというと、国会デジコレで読める高島米峰『心の糧』(金尾文淵堂、昭和21年7月*1)巻末の「金尾文淵堂図書一覧」に「色紙形自筆」とある。
心の糧 - 国立国会図書館デジタルコレクション
 昭和13年10月から14年9月にかけて金尾文淵堂が刊行した『新新訳源氏物語』全6巻の巻頭には「源氏物語礼讃」の色紙の写真が掲載されたので、それを使ったものと思われる。
 金尾文淵堂が京都時代に発行した本は、所蔵する図書館が少ないものが多く、現存が少なそうだ。創立者種次郎は、昭和22年1月28日没。予告された『新新訳源氏物語』の再刊は、刊行されなかったと思われる。『源氏五十四帖』の方は発見される日は来るだろうか。それとも永久に幻のままで終わるだろうか。

*1:国会図書館サーチでは、国会図書館蔵の複本の一部が昭和24年発行になっている。