神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

なんだこれは、井上円了?校閲・中村仁三郎編『妖怪変化之本性:理化応用』(中村天神堂、明治32年)

f:id:jyunku:20220308085957j:plain
 昨年11月の大阪古書会館で「井上先生校閲」とある『妖怪変化之本性:理化応用』(中村天神堂、明治32年4月)を発見。妖怪関係で井上先生と言ったら井上円了だし、表紙にある「哲斈会」(哲学会)は円了が明治17年に創立した団体で『哲学会雑誌』の発行所なので、買ってみた。15頁、3千円。東洋大学附属図書館を含めて、どこの図書館にもないようだ。
 「校閲」とはあるものの実際は円了が執筆もしたと推測して、調べてみた。円了の妖怪学関係の論考については、『井上円了選集』21巻(東洋大学、平成13年5月)に「妖怪学総索引」が存在する。これを使って、本書の「こつくりの伝来と方法及原因」など幾つかの記事を円了の文章と比較してみた。しかし、一致するものはなかった。奥付にある編輯兼発行者の中村天神堂事中村仁三郎が執筆して、円了が校閲したということなるか。
f:id:jyunku:20220308194254j:plain
 円了が校閲した本としては、国会図書館サーチで検索すると鷲峯瑚山『老子言言戦:支那哲学』(出雲寺文次郎、明治29年3月)や伊賀駒吉郎編著『文字宝典』(東洋大学出版部、大正5年4月)がヒットする。本書はそれらに加わる知られざる円了校閲本ということになる。ただ、この大阪の中村天神堂、「出版発行目録」に挙げている本に怪しげなものが混じるし、刊行本はどこの図書館にも存在しない。「日本の古本屋」では、『大演習明細地図(大阪大演習)』(中村天神堂・中村仁三郎、明治31年)が唯一ヒットする。本当に「井上先生」に校閲してもらったのかやや疑問を感じるものの、貴重な史料だろう。
f:id:jyunku:20220308194227j:plain
追記:Twitterで@jiroucan先生から昨年9月11日にナカネくんが山田正大『妖怪変化本性』(哲学書院、明治35年)をツイートしている旨、御教示をいただきました。ありがとうございます。当時リツイートしているので見たはずですが、すっかり忘れていました。タイトルや頁数は微妙に違うが、内容は同じものでした。ナカネくんの方のは、表紙に「発行所 東京 哲学書院」とあるが、奥付の発行所は日本館とのこと。既に色々調査されているようで、いつか詳報に出会えるかも。
参考:井上円了『妖怪学』(妖怪学刊行会)の広告を載せた川口海三の『民衆新報』 - 神保町系オタオタ日記