神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

2007-09-07から1日間の記事一覧

千里眼の時代

恒藤恭(大正5年11月までは井川恭)の日記(『向陵記』)に面白い記述がある。 明治43年12月30日 千里眼、千里眼。このごろの新聞ハ、千里眼と飛行機で持ち切って居る。誰にも出来相だが、さて僕にハ出来そうに無ひ。片桐の奥さんハ、あんな風な事が得意だか…

木村荘太とメスメリズム

木村荘八の日記『木村荘八日記[明治篇] 校註と研究』によると、 明治45年3月1日 荘太兄はメスメリズムをやりたいと云つて居た。心象の事を二三話し合ひもした。 木村荘八の兄荘太は、谷崎潤一郎らと共に第二次『新思潮』の同人。 この後メスメリズムにはまっ…