神保町系オタオタ日記

自称「人間グーグル」

寸葉会で新京極の興行新聞?『楽々新聞』2号附録(楽々新聞社、明治37年10月)を


 今月は寸葉会ということで、行ってきました。ひげ美術からは2点購入。今回は、『楽々新聞』2号附録(楽々新聞社、明治37年10月)を紹介。明治期の京都にこんな新聞があったのかと購入、1,000円。楽々新聞社は、京都市下京区御幸町六角下ルに所在し、編輯兼発行人は浅見孝太郎である。
 内容は、新京極の歌舞伎座で10月31日*1から開幕する狂言の紹介である。三人吉三廓初買の脚本(古河黙阿弥、安政7年)の概要や筋書も記載されている。
 楽々新聞社については、不詳。『京都府百年の年表9芸能編』(京都府、昭和46年3月)によれば、浅見は明治35年5月新京極の興行雑誌『百舞台』を創刊。5号、明治36年10月までは発行が確認されている。浅見は、その後に『楽々新聞』を創刊したことになる。また、『京都市姓氏歴史人物大辞典』(角川書店、平成9年9月)に明治11年滋賀県生まれ、京都へ出奔し、大阪新報記者、京都新報主筆になった同名の人物が立項されていて、同一人物と思われる。これによると、浅見は、大正3年京都市会議員、大正5年京都府会議員になるも、疑獄事件に遭遇して政界を退き、観光会社や出版社などの経営に当たったという。名士なので、明治期の経歴は調べればもっと判明するかもしれない。

*1:『近代歌舞伎年表京都篇4巻』(八木書店、平成10年3月)によれば、実際の開幕は1日遅れて11月1日

帝国劇場戦後初の開演「銀座復興」(尾上菊五郎一座)のチラシ


 平安蚤の市をのぞいてきた。例によって楽しみは、ナンブ寛永氏(@kan_ei_sen)出品の200円均一箱である。チラシ類の中に帝国劇場のものがあった。表紙に大東亜戦争終結し、当劇場が新発足とあり、演目も「銀座復興」で面白そうなので、買ってみた。
 『帝劇の五十年』(東宝、昭和41年9月)によれば、帝劇は昭和19年3月決戦非常措置により閉鎖。「銀座復興」と「鏡獅子」の二本立てが戦後初の開場(10月3日)で、2カ月のロングランになったという。入手したチラシは、11月興行とあるので、この前月のチラシも存在するのだろう。それでもこれは貴重なチラシと思われる。どこかに所蔵している機関はあるだろうか。
 「銀座復興」は、大正12年関東大震災後焼け野原となった銀座でいち早くバラック建ての小料理店を始めた男の物語である。もちろん大東亜戦争による空襲で焼け野原となった銀座、東京そして日本の復興という願いを込めた演目であろう。このチラシの旧蔵者は上演を観ただろうか、そして復興への決意を抱いただろうか。

 

3年後に100周年を迎える森田慶一設計の楽友会館ーー京大総合博物館に展覧会を期待ーー


 『明治大正大阪市史編纂日誌(下)』(大阪市史料調査会、令和4年2月)が出たので、上下巻を借りてきた。『大阪市史』の続編『明治大正大阪市史』の編纂事業開始(昭和2年)から事業終了(昭和10年)までの日誌の翻刻である。冒頭いきなり楽友会館が出てきた。

(昭和二年)
四月
三十日(土)
午後二時ヨリ京都帝国大学楽友会館ニ大阪市史編纂会議ヲ開催ス。本庄榮治郎・小島昌太郎・汐見三郎・黒正厳・菅野和太郎・藤田敬三・浅野恵二七氏出席。左記事項ヲ協議決定シタリ。
(略)

 『明治大正大阪市史』の編纂会議をなぜ大阪ではなく、京都の楽友会館で開催したのかというと、編纂主任の本庄が京都帝国大学経済学部教授であったほか、出席者のほとんどが同学部又は農学部農林経済学教室の教員だったからである。そうではない菅野は彦根高等商業学校教授、浅野は経済学部卒業後日本銀行に勤めていたが大正13年から大学院で本庄に師事していた*1。『明治大正大阪市史編纂日誌(上)』の解題によれば、本庄は門下生である黒正・菅野・小島・汐見・近藤文二・武田長太郎・菊田太郎を主要執筆者として起用したという。
 現在も東大路近衞にある楽友会館は、2年前に京都国立近代美術館で開催された「分離派建築会100年:建築は芸術か?」にも出てきた。森田慶一設計で大正14(1925)年開館である。ということは、3年後に100周年を迎えることになる。京都大学総合博物館(又は京都大学大学文書館歴史展示室)で展覧会を開催してほしいものである。
 柳田國男の年譜*2を見ても、楽友会館は数回出てくる。昭和6年5月10日の近畿国語方言学会発会式などである。また、折口信夫の年譜*3にも出てくる。たとえば、昭和5年5月17日の民俗学会京都大会である。この時の折口の講演「門」の要旨(『日本心霊』掲載)は、西田直二郎の講演「年中行事と民俗研究」要旨とともに、10月末に刊行予定の『「日本心霊学会」研究ーー霊術団体から学術出版への道』(人文書院)に翻刻が菊地暁先生の解題とともに初公開されるので、刮目して待て。→「「日本心霊学会」研究 - 株式会社 人文書院

*1:ネットで読める竹中正夫「倉敷の信徒父子ーー菓子商浅野義八と息子恵二」『キリスト教社会問題研究』29号による。

*2:柳田國男全集別巻1』(筑摩書房平成31年3月)

*3:折口信夫全集36巻』(中央公論新社、平成13年2月)

昭和5年名古屋で開催された怪談会ーーモズブックスで買った中西竹山宛佃野由兵衞葉書からーー


 先日の阪神百貨店の古本まつりにモズブックスが参加することになって、驚いた古本者も多かっただろう。中之島公会堂の古本まつりの中止が何年も続き、絵葉書など紙もののマニアがモズの出店を待望していたが、ようやく実現したわけだ。ただ、日本絵葉書会の面々には情報が伝わっていなかったようで、いつもモズの絵葉書台を占拠するお歴々の姿は見かけなかった。
 今回は、モズから入手した昭和5年5月26日付け消印の佃野由兵衞(名古屋市)の中西竹山(大阪市)宛葉書を紹介しておこう。文面に「なごや怪談会開催に当り結構なる記念□の御恵贈を給り」云々とあるので、買ってみた。趣味人の絵葉書にはあまり関心が無くなったが、「なごや怪談会」に惹かれたのである。
 竹山は大阪の趣味人の団体娯美会の一員*1で、本名を康雄という食料品商で主に各地の旅館カードを集めた。その他のメンバーや蒐集品については、森田俊雄『和(なごみ)のおもちゃ絵・川崎巨泉:明治の浮世絵師とナニワ趣味人の世界』(社会評論社、平成21年5月)138・139頁に載っている。巨泉*2のほか、三宅吉之助、三好米吉、田中緑紅*3、梅谷紫翠、青山一歩(人)、岸本水歩*4、粕井豊誠、河本紫香、西田静波、村松百兎庵らがメンバーであった。
 佃野は、「書砦梁山泊から伝記特集の古書目録 - 神保町系オタオタ日記」で紹介した『多納趣味』の発行人である。湯本豪一編『昭和戦前期怪異妖怪記事資料集成』(国書刊行会、平成29年2月)にも記載のない「なごや怪談会」については、同誌に記載があるかもしれない。
 竹山宛絵葉書は数年前からモズが出品していて、私も数枚買ったことがある。ところが、倉庫にどえらい物が残っていたようで、竹山宛に面茶会のメンバーが寄せ書き(肉筆)した絵葉書を今回ヲガクズさん(@wogakuzu)が入手し、趣味人の絵葉書コレクターを羨ましがらせた。
 

*1:菅野新一監修、土橋慶三・西田峯吉編著『こけし事典』(岩崎美術社、昭和43年9月)によると、竹山は紫香を世話人とする郷土玩具愛好団体「やつで会」(昭和4年~12年)のメンバーでもあって、他には一歩人、豊誠、百兎庵、塩山可圭、西田亀楽洞(静波)、紫翠、芳本倉多楼がいた。

*2:『日本人形史』の山田徳兵衛から中山香橘宛年賀状(昭和12年)ーー百鈴会の川崎巨泉と中山香橘ーー - 神保町系オタオタ日記」参照

*3:今、田中緑紅が熱い⁉ 『信仰と迷信』創刊号(郷土趣味社、大正15年)と『ちどり』4号(ちどりや、同年) - 神保町系オタオタ日記」参照

*4:川柳家岸本水府の青年時代 - 神保町系オタオタ日記」参照

京都帝国大学総長山川健次郎とヤルート島学術調査ーー坂野徹『〈島〉の科学者』(勁草書房)への補足(その2)ーー


 『山川健次郎日記:印刷原稿第一~第三、第十五』(芙蓉書房出版、平成26年12月)を見ていたら、第一次世界大戦で海軍が占領したヤルート島等の南洋新占領地における学術調査に関する記述があった。

(大正三年)
十一月九日
出。ヤルート島行の事にて中村氏に電報を発す、同伴にて水野学長来室。
松浦氏よりヤルート島行きに関し手紙来る。
(略)
十二月十八日
(略)
法科の助教授山本美越乃氏ヤールトツ[ママ]の事にて来宅。
(略)
(大正四年)
二月十二日
(略)毛戸氏(山本助教授ヤルイト島行の件)、来室。
(略)

 山川は、当時東京帝国大学総長兼京都帝国大学総長。「中村氏」は東京帝国大学理科大学教授の中村清二だろうか。「水野学長」は京都帝国大学理科大学学長の水野敏之丞。「松浦氏」は京都帝国大学医科大学教授の松浦有志太郎だろう*1。「毛戸氏」は、京都帝国大学法科大学学長の毛戸勝元、「山本美越乃」は同大学助教授である。山本の調査は、坂野徹『〈島〉の科学者:パラオ熱帯生物研究所と帝国日本の南洋研究』(勁草書房、令和元年6月)20・21頁にまとめられた「図表1-1『南洋新占領地視察報告』(正編1916、追録1917)調査概要」(以下「調査概要」という)では、「行程(船名)不明」に分類されている。
 「調査概要」で第1陣(大正3年12月20日横須賀発、4年2月13日帰還(神奈川丸))に分類された京都帝国大学医科大学助手の楢林兵三郎と京都帝国大学文科大学助手の内田寛一も出てくる。

(大正四年)
三月十一日
出。南洋より帰れる医学士楢林兵三郎、文学士内田寛一来室し旅行中の話を為す。(略)

 「調査概要」に記載はないものの、坂野著39頁の注4で報告書を提出していないが視察に参加した学者として挙げる東京帝国大学理科大学教授の山崎直方も登場。

(大正四年)
二月廿四日
出。山崎直方氏来室(ヤルイト島行きの件)。
(略)

 面白いのは、滞在期間が短いことを理由に南洋行きを断った事例が記されていることである。

(大正三年)
十一月廿七日
出。朝七時十分京都駅着。官邸に入り後出勤す。
荒木学長を呼び松下氏の事を話す。
毛戸氏、水野氏来室、松下氏滞在の短き理由にてヤールト行きを断る。今朝松下氏の事につき東京へ送電せしも遂に又送電して之を取消すに至る。
(略)

 「荒木学長」は京都帝国大学医科大学学長の荒木寅三郎なので、「松下氏」は同大学で衛生学講座を担任していた松下禎三教授と思われる。この調査期間の短さには、坂野著にも言及されていて、各離島間を移動するだけで時間がかかるため、実際に現地調査にあてられる時間は少なかった。第1陣の約2ヶ月に及ぶ乗船日数のうち碇泊日数は僅かに18日に過ぎなかったという。山川総長が一旦段取りをしたにもかかわらず、滞在期間の短さを理由に参加を断った例があったとは、非常に興味深い。
参考:「南洋新占領地へ修学旅行に行く山本宣治から三高同級生山田種三郎宛絵葉書ーー坂野徹『〈島〉の科学者』(勁草書房)への補足ーー - 神保町系オタオタ日記

*1:追記:むしろ文部省専門学務局長の松浦鎮次郎と思われる。

『姫路の史蹟』(昭和15年)を書いた兵庫の郷土史家島田清ーー昭和戦前期における「観光コース」の使用例ーー


 島田清『姫路の史蹟:特ニ増位観光コースの史蹟』は、平安蚤の市で200円で買ったのかな。昭和15年2月3日に姫路商工会議所で行った講演の概要のようだ。目次を挙げておく。

 未知の人物だが郷土史家と思われる島田清や「観光コース」という用語に惹かれて、購入。島田の経歴は、『ふるさとの遺香:兵庫県文化財アルバム』(のじぎく文庫、昭和34年9月)の「著者略歴」から要約すると、

明治44年 神戸市生
昭和6年 姫路師範卒
? 県立兵庫高校教諭
戦後 教育委員会に入り、社会教育課文化係長
長年郷土研究に従い『明石城』他10数著

 これに補足すると、グーグルブックスによると、その後姫路学院女子短期大学教授になったようだ。
 「観光コース」という言葉が戦前からあったのには、驚いた。読売新聞・朝日新聞のデータベースや「ざっさくプラス」では、戦前の使用例は無かったので、戦前期ではあまり定着した用語ではなかったのだろう*1国会図書館サーチでは、猪野里親編『別府案内地獄めぐり:観光記念』(竜古堂出版部、昭和2年頃)の部分タイトルに「観光コース略図」とあるのが、最も古いようだ。「次世代デジタルライブラリー」では、昭和13年衆議院に「名護屋村ヲ起点トシ唐津市嬉野町ヲ経テ雲仙ニ至ル国際観光コース建設ニ関スル建議案」が提出されたことが分かる。

*1:読売新聞埼玉版昭和8年9月23日朝刊に「探勝コース」という例はある。

昭和7年桑原武夫が顧問を務めた大阪高等学校仏蘭西科学会の『La Science』


 先日の「たにまち月いち古書即売会」で、厚生書店の棚から見慣れぬ雑誌を発見。『La Science』4号(大高仏蘭西科学会、昭和7年*1)で、112頁、500円。巻頭に桑原武夫教授「感想」が載っていたので、買ってみた。国会図書館サーチでは、ヒットしない。ただ、雑誌自体は研究者に知られているようで、『桑原武夫全集』7巻(朝日新聞社、昭和44年3月)の「全著作目録」中に『フランス印象記』(弘文堂書房、昭和16年6月)所収の「ファーブル博物館」の初出として、「(大阪高校、ラ・シァンス、37年号)」との記載がある。人文研が所蔵する旧蔵書の中に本誌は含まれているだろうか。

 目次を挙げておく。「仏蘭西文学会」ではなく、「仏蘭西科学会」とあるとおり、自然科学も含めた幅広い分野に及ぶ内容である。植田輝一「京電工より」によれば、「フランス科学の雑誌 La Science の本来の目的は、フランス語を通じてのScience の研究を主とし、此のために先輩や在学生の方々の研究せるところを発表いたすのであります」とあるところである。
 桑原の「感想」は、フランスでは文化のあらゆる方面に「科学」が及んでいるのに対し、日本では文章にまで「科学」が感じられる思想家・芸術家が少ないとし、本誌への期待を述べている。桑原は、昭和7年4月に大阪高等学校教授に就任*2。本誌108頁に「吉報」として、本会の顧問に就任することが報告されている。続いて、桑原の顧問就任を喜ぶ文面が載っている。会が続いていれば、昭和18年東北帝国大学法文学部助教授就任まで顧問を続けたのであろう。

*1:奥付に発行年月の記載はない。幾つかの原稿に昭和7年7月又は10月の日付の記載があるほか、桑原武夫の原稿末尾に「(12.5)」とあるので、昭和7年末か8年当初に発行されたと推測する。

*2:全集の年譜による。ただし、『桑原武夫の世界:福井県ふるさと文学館「没後30年桑原武夫展」の記録』(京都大学人文科学研究所、令和2年3月)の略年譜にある昭和7年3月大阪高等学校フランス語科講師、同年9月教授の方が正しいと思われる。